広尾学園のEnglish対策。TOEFLだけで良いなんて思ってませんか??

帰国子女受験を考えるうえで確実に名前が挙がる広尾学園。
受験科目は国語・算数・英語の3つですが、200点満点中英語が100点を占めています。
つまり、広尾学園の合否の半分は英語で決まってしまいます。

このように、最も重点が置かれる英語ですが、このほかにも大きな特徴が見受けられます。

TOEFL iBT Score 90オーバーでの英語試験免除

これです。

達成するだけで国・算の対策にフォーカスできるので、試験の負担が一気に軽くなります。そのため、受験を考えられる方の多くは、まずはTOEFLの点数を確保することを目標に学習を始めます。これは決して間違いではなく、広尾攻略においては最も確実な正攻法です。

しかし、ここで皆様に一点伺いたい。今、TOEFLのスコアは何点ですか??

すでに90を達成されている方、80レンジに到達し90が見え始めている方、70前後にとどまっている方、そもそも受験経験がない方、学習状況も千差万別なのではないでしょうか。

そもそも、TOEFLはどれほど難しい試験なのか??

レベル感としては、英検準1級と1級の間あたりと言われています。この時点ですでに、かなり難易度の高い試験であることがうかがえると思います。

さらに、英検準1級相当のレベルにある方々を基準とすると、個人差こそあれ、ほとんどの方はTOEFL Score 60~75あたりに落ち着きます。ここから90までの差を詰めていかなければならないわけです。この差は実に15~30に及びます。

肝心なのはここからです。

広尾学園中学の国際生入試は12月。
出願は11月中旬から。
TOEFLのスコアシートが自宅に送付されるまで早くて2週間、遅くて1か月。
10月中旬までにTOEFL 90以上のスコアをとらなければならないことを考えると、TOEFL対策の期間は4~5か月。
4~5か月で、10~20スコアをあげて90にする必要がある。
それができるかどうか。

はっきり申し上げるとなかなかに難しいです。
半年に満たない期間でTOEFLスコアを20近くあげることはレアケースだとおもっていただいたほうがよい。

過去にTCKが担当した生徒で、半年間で70前半から90にスコアアップできた生徒は、少数ですがいます。その一方で、惜しくもTOEFL90に届かなかった生徒も存在します。

その生徒さまのバックグラウンドは、海外から帰国後、日本でインターナショナルスクールに通っていて英検準1級は取得済み、TOEFL受験経験なし、おおよそ70前後のスコアの英語レベルという生徒さまでした。

受験までの5か月の間、毎週2時間ほどの個別指導を受け、夏休みには多いときは週4時間の個別指導を受講していました。とても頑張っていたのですが、惜しくも90に届かず、TOEFL利用での受験はできませんでした。

週2時間、時には週4時間の授業を半年弱続けても、10~20スコアをあげるのは至難の業なんです。

ただ、この生徒は最終的には広尾学園中学に合格しました。

なぜか?

それは「TOEFL受験ができなかった場合のリスクヘッジとして特殊な広尾英語試験の対策を早期から行っていたから」です。

TOEFL対策を必死に頑張ったことが英語力の底上げをしたことは合格に大きく貢献していいるのは事実です。ただ、合格できた一番大きな要因はそれではない。

英語試験の対策をきちんと行っていたからなんです。

広尾の英語試験は特殊がゆえに特別な勉強が必要!

広尾学園の英語試験は、どの学校の帰国子女受験の問題に比べてもトップクラスの難易度を誇ります。

では広尾学園の英語試験はどのようなものなのでしょうか??非常に難解な語彙・文法問題や英語力が試される読解問題が出題されるのでしょうか?

答えは「いいえ」です。

広尾の英語試験は他の学校の対策と一線を画します。問われるのはただの英語力ではなく、文学的英語能力です。

大問は3つ。それぞれ①小説 ②ポエム ③ライティングと意外にもシンプルですが、特筆すべきはその問題形式です。

問題例
  • 小説の一部から登場人物の特徴・性格を推測して記述する。
  • ポエムにおける修辞表現が全体にどのような効果を与えるか述べる。
  • 作者がなぜそのような表現を行ったのか、その理由を考察して述べる。
  • 小説とポエムに見られる共通のテーマについて、自分の経験とつなげてエッセイを書く。

以上、すべて記述での回答です。いわゆる純粋な英語の力を問うような一般的な英語試験とどれほど違うのか、これでお分かりいただけたかと思います。

そしてこのような試験だからこそ、一朝一夕での対策は絶対に不可能です。必ず今から始めてください!!

最も効果的なのはもちろん過去問演習。実際の問題を解き、間違えた箇所を確認&復習→解きなおしというサイクルの繰り返しによって、確実に実力を付けていけるからです。

ただ、ここで大きな問題が生じます。広尾学園は過去問の公開がないのです。

でも、サンプル問題が毎年配布されていますよね?

その通りです。ただはっきりと言います。これだけでは全く対策になりません。

毎年配布されるサンプル問題も、解答が非常に不明瞭だからです。

実際に模範解答や採点基準があるわけではなく、「こんな感じに上手くまとめてください」とざっくりしたものが英語で書かれているだけ。これでは自分の回答が正解なのかどうかわかるはずがありません!

このようにサンプル問題を解きっぱなしにするだけでは、ただ難しい試験であるという事実がわかるだけで、何の意味もないのです。

そこで…
何人もの広尾英語試験対策を見て、合格させてきたTCKのプロ講師が、広尾学園AGコースの模試を作りました。
しかも、実際の試験の前月の11月まで毎月受験できるよう、合計5回分ご用意しております!

入念な採点&フィードバックと、添削授業が違いを生む!

こちらの模試の大きな特徴は、なんといっても自分の回答に対してのフィードバックがあることです。解いた模試に点数がつくだけでなく、各回答をプロがチェック。自分の出来ている部分・そうでない部分がわかり、弱みにフォーカスした的確な対策に繋がります。

さらに、オプションでプロ講師による詳細な添削も付けられます!
「どう書けばよかったのか?」
「どうすれば点数になるのか?」

これらの疑問にフォーカスして、広尾対策を熟知したプロ講師が解説します。

TOEFLの対策だけしてきたけど、点数が伸びる気がしなくて正直心配…

英語試験を受験予定だけど、サンプル問題以外の手立てがない…

このような皆さんは必見です!

これを機に、TCKと一緒に広尾対策を始めませんか?今までのやりっぱなしの対策には別れを告げましょう!

どんな模擬試験なのか気になる方へ

個人授業で受講される方のみに絞ってずっと対策をしてきました。あまりにもリクエストが多かったため、本講座に興味のある方へ、特別にテスト1回分を無料トライアル*を受講いただけるようにいたしました!
*無料トライアルでは採点のみ

無料トライアルのお申込みは以下のボタンからどうぞ!是非対策の一つとして有効活用されてください。

\ まずはお気軽に /
無料トライアルはこちら
役に立つこと間違いなし!

模試配信スケジュールについて

模試データ配信:下記日時の日本時間 18:00

2024~2025年

7月27日(土)8月31日(土)9月28日(土)
10月26日(土)11月23日(土)
※すべて日本時間

模試の受験方法

オンラインでご自宅から受験します。
※実施する環境や制限時間の厳守については自己責任で行ってください。

  1. 事前に配布する問題を印刷する

    ご自宅にプリンターなどの印刷できる機器がある場合は、事前に配布する問題を印刷し、試験開始時間まで問題が目に入らぬように伏せて用意してください。
    プリンターなどがなく、問題用紙を手元にご用意できない場合は、紙・メモ・ノートなど手書きできるものを解答用紙として使用できるようご用意ください。そして問題はPC・タブレット等で表示させ、試験開始のタイミングまでは問題部分が見えないようにしてください。

  2. 試験に取り組む

    時間を測って試験問題に取り組んでください。

  3. 回答フォームの提出

    解いた問題の回答を入力するフォームを送信します。
    ※11月配信分は回答提出期限を試験日の1週間前までとします。

  4. 答案を採点し返却

    5営業日以内(土日休み※)にメールで結果が返却されます。
    ※年末年始のお休みの期間は営業日に含まれません。

料金について

ご入会 20,000円(+消費税)はいただきません!

対象:当年4月時点で小学6年生~中学3年生の方 編入試験の方も対象!

単月プラン※★おすすめ★
5回分まとめてプラン
講座料金1回あたり
12,000円 (税込 13,200円)

お申込み時に日程を選択いただきます。
※単月プランから他のプランへ変更は不可
早期申し込み特典!
7月21日(日)までの申込で

7月〜11月配信分までの全5回分まとめて
45,000円 (税込 49,500円)

1回あたり

9,000円(税込 9,900円)
単月プランより1回あたり3,000円もお得!
オプションPassage/ポエム/Writingセクションの添削オプション
8,000円(税込 8,800円)/回

※採点した講師が担当
Passage/ポエム/Writingセクションの添削
8,000円(税込 8,800円)/回

※採点した講師が担当
答案受付期間お支払いいただいてから1年間お支払いいただいてから1年間
\ 直前対策に最適 /
購入はこちら

Math問題を練習したい方!

すべて英語で出題されるMathもTCK Workshopで対策可能!

ポエム分析を練習したい方!

ポエムとはなんぞや?を解決し分析を練習できるビデオ講座!

お支払い方法について

申込みフォームからお申し込みいただきましたら、追ってお支払いに関するご案内メールをお送りいたします。

ご請求通貨日本円
支払い方法クレジットカードのみ
※Paypalの決済システムを利用しております。
※申込みフォーム送信後、翌営業日までにお支払いリンクをお送りいたします。

よくある質問

Q
問題は、どのように送られてくるのですか?
A

Google Classroom(もしくはGoogle スプレッドシート)のオンラインツールを利用して、問題のPDFデータ等を配信いたします。

Q
Googleアカウントを持っていない場合はつくったほうがいいですか?
A

Google社が提供している「Google Classroom」(もしくはGoogle スプレッドシート)を使用しますので、アカウント未作成の場合は、必ず作成していただく必要がございます。無料で作成できますので、ご安心ください。

Q
ご利用期間はありますか?
A

答案受付期間はご利用開始日(クレジットカードでのお支払い完了)から1年間となります。

Q
海外からの申込みも可能ですか?
A

もちろん可能です。パソコンとインターネット環境さえあれば、全世界どこでもご利用可能です。

Q
月半ばでも、月末でも申し込むことは可能ですか?
A

いつでも可能です。クレジットカードでの決済が完了した時点からご利用開始となります。

Q
申込み後の途中解約・キャンセルは可能ですか?
A

クレジットカードでの決済完了後に問題データ等にアクセスができる状態になった後の解約は不可能となります。それ以前でのキャンセルは可能です。

\ 直前対策に最適 /
購入はこちら