帰国子女入試【高校入試】

海外転勤などの関係で偶然にもお子様が小学校の頃に海外に滞在することになった場合、日本国内の中学校受験も視野に入れながら帰国をされる親御様も多いことかと存じます。様々な価値観に触れ、人格が形成されていく非常に重要な成長期であるからこそ、中学校受験の検討を通して、中学校生活やそのあとの人生についてもお子様と一緒に相談する良い機会になるでしょう。帰国子女枠受験は中学受験では大きなチャンスとしてとらえ、生活面のみならず学習面でもしっかりとした準備を心がけましょう。

帰国子女としての高校受験とは

受験制度が根強い日本では、中高一貫校といった学校も多く途中からの入学が難しい場合があります。中学入試の機会を逃すと学校の選択肢の幅も限られてしまうこともあり、学校の選択は慎重にならざるを得ないでしょう。一方で、しっかりとした準備さえ積むことができれば実は難関校ほど合格しやすいという非常に大きなメリットもあります。また、一般生にも共通して言えますが、高校生活は子供から大人に成長する上で人格形成そして人間力を磨くうえでは非常に大切なフェーズです。友人、恋愛、部活動、趣味、習い事、語学習得、など様々なことを本気で打ち込みながらも教養を磨き上げるとても大切な時期です。海外滞在経験のある学生においては、海外で培った人生観や価値観を日本のそれらとすり合わせ改めてアイデンティティを確認しグローバルな人材になる素質を磨き上げる時期でもあります。

難易度について

恐らく、帰国子女受験の中で、高校受験は帰国生への配慮がもっとも少ない受験だと言えます。つまり、一般受験生とおおよそ同等な内容の試験を受けなくてはならず、筆記試験も多くの学校では一般生徒同じものを受験する必要があります。大きな傾向として、難関校は国公立・私立問わず実力勝負であり、中堅校は内申を考慮に入れた受験が多いと言われています。海外在住といった条件ですと、学校との事前相談が難しいため、中堅校ほど不利に働くことが多いです。

長期的な学習計画が必要

一般生と競争しなければならないため、日本で学習する日本人たちと同等またはそれ以上の「勉強」をしなければならないという点だけ念頭におかなくてはなりません。現地校に通う帰国子女のお子様においては、7年生~9年生の現地校の課題や日々の学習もかなりの負担として降りかかってきます。現地校は日本の受験などの事情も知る余地もありませんから、受験生だからと言って特に学習上の配慮はあり得ないと考えるほうが普通です。しかし、この現地校での学習、日本の学習を両立してこそ難関校への突破の可能性が高いというのも事実です。高い目標意識を持ち自分を律し、効率よく勉強をこなし、努力をし、海外生活も十分に満喫したうえで、日本の学習も抜け目なくこなす。こういった経験が必ず今後の人生においてお子様の財産となります。

①受験資格

受験資格については、必ず事前に各校に問い合わせ確認をされることをお勧めします。

海外で中学卒業資格を得られない場合は、帰国してから日本の中学に編入する必要が生じます。新しい中学校に編入した場合、卒業間近といった残り少ない時間の中で新しい学校に馴染めないなどといった精神ストレスも当たり前のように起こり得ます。そのような場合は、勉強面(受験勉強)に影響の出ないよう心のケアも必要となりますので、帰国のタイミングには特に気を遣いたいところです。帰国編入の時期も「12月までに編入する」といった条件がつく学校もありますので、帰国のタイミングもしっかりと受験計画に取り込まなければなりません。また、学校によっては「資格認定期間」を設けており、この間に帰国生として受験するといった意思表示と資格確認を受ける必要があります。また、公立高校の多くの学校では、出願以前に、適当な教育委員会などによる出願資格認定を求めているため、該当する教育委員会への問い合わせ確認が必須となります。

必要書類として、成績証明書が必要となる場合があり、帰国前に必ず取得できるよう手配しましょう。

②受入体制

帰国生を受け入れる学校は増加傾向にあります。ただ、一言で受け入れ体制があるといっても、学校によって帰国生への配慮やフォローは全く異なります。せっかく入学したのに、「学校生活がおもしろくない」、「教育が肌に合わなかった」、では取り返しがつきません。お子様の性格や、入学時点での学力、日本語力などに合わせてお子様と話し合いながら検討することが大切です。

高校の受入体制は大きく2つに分類できます。1つ目は、帰国生としての語学力などを活かして帰国生を対象とした特別クラスを設けている高校です。このような学校では、帰国生のみの英語のクラスを設けているケースが多いです。帰国生の教育経験も長いため、帰国生としては順応しやすい学習環境が期待できます。例として、国際基督教大学(東京都)、南山国際(愛知県)、同志社国際(京都府)、関西学院千里国際(大阪府)が挙げられます。

2つ目は、帰国生をあえて特別扱いしない高校です。入学後は一般生と同様のカリキュラムで指導をします。日本語力がある程度一定レベルにないと日頃の学習で苦労することもありますが、大学受験に向け一般生と同じ学習を積むことができ、生活面も学習面も日本の生活に馴染みやすくはなるでしょう。

進学する学校を選択する際に、一つ大きな分かれ目になるのは、大学受験を視野にいれるかどうかです。高校受験では帰国子女枠での受験制度が使用出来たとしても、大学受験の時は一般受験となります。高校受験の時には英語力は他よりずば抜けていても、大学受験の時になれば、卓越した英語力を誇る一般生はたくさん出てきます。厳しい国内の受験戦争を後に控えることを覚悟するのであれば、英語といった武器を入学後も磨き続け、日本の学習のやり方にも適応できる柔軟な人間に成長しなければなりません。

③選考方法

⑴学科試験

学校によって入試時に課す試験内容は大きく異なります。一般的な学科試験がなく面接と作文のみ課す学校、帰国子女のために設けた特別な学科試験を設けた学校などがあります。

3科目試験・5科目試験について

多くの学校は英数国の3科目試験が採用されています。英語が得意な帰国子女であれば、国語と数学に学習の時間を集中できるため、しっかりとした準備を積むことで難関校も視野に入れるほどの実力がつくこともよくあります。しかし、一部の学校では、3科目試験ではない特別な試験を実施している学校もあり、独自の評価基準を持っており対策次第では合格が遠のいてしまうこともあります。過去問題分析や事前の下調べが必須となります。

【国立大学附属高校】

総じて、高い学力が期待でき、学費が安いということで例年高い人気を誇っているのが国立大学付属の高等学校です。例えば、筑波大学附属(東京都)、筑波大学附属駒場(東京都)、東京学芸大学附属(東京都)、愛知教育大学附属(愛知県)、名古屋大学教育学部附属(愛知県)、大阪教育大学附属池田(大阪府)、広島大学附属(広島県)があります。このうち、筑波大学附属・筑波大学附属駒場・広島大学附属以外では、科目数が軽減されて、国語・数学・英語の3教科入試となっており、超難関校への入学のチャンスが得られます。募集人員は比較的に少ないため高倍率となるため、それも受験対策は入念に行う必要があります。

【公立高校】

帰国生の多い都道府県は、例えば埼玉県のように県内全ての公立高校で受け入れていることもあります。地域により受け入れ体制は異なりますので、募集人数、出願資格や条件、必要書類や手続き、選抜方法については直接お問い合わせすることをお薦めいたします。

【私立高校】

人気有名私立、早慶、青山学院、中央大学杉並などの大学附属高から、巣鴨・渋谷教育幕張などの有名進学強豪高が「帰国枠」を採用し積極的に帰国生を受け入れています。一般生徒同じ3科目での試験となります。学校の特色により、独自の試験を採用する学校、英語のみの試験や帰国生用の独自入試を行う学校などがありますので、過去問題分析とそれに対応した戦略が欠かせません。

⑵作文

対策をしなくても対応できそうだと思われがちな作文ですが、作文ほど上手、下手がはっきりと相手に伝わるものはありません。「なんとなく」で書いているお子様が非常に多いですが、作文には構成から流れまである一定のルールがあります。作文の対策も非常に時間のかかるものですので、早め早めに対策をとるべきでしょう。

⑶面接

面接は、本人のみの場合、保護者同伴の場合、複数名のグループで受ける場合があります。滞在先の語学で行う学校もあります。面接はコミュニケーション能力、自己表現力が主に評価されます。海外滞在経験をしたからこそ得られた経験や体験を面接官は期待しています。マニュアル通りの面接の練習も大切ですが、大切なのは「どう話すか」ではなく、「何を話すか」です。入学に対する強い想いと海外生活で乗り越えた苦労や培った価値観と柔軟さをしっかりと表現できるよう心がけましょう。

④受験日程

東京都や神奈川県の中学一般入試は2月1日からとなっていますが、帰国枠入試は11月下旬から開始されます。1月31日以前に入試を行っている中学校は、帰国生を対象とした独自の入試を一般枠とは別に用意しています。2月1日以降の一般入試と同じ日程に実施する学校は、多少の優遇措置はありますが、その難易度は一般枠と同程度のものになりがちです。2月1日より前の枠を設けている学校は、帰国子女を積極的に受けいれている学校が多いので、2月1日より前と後の入試日程を上手に調整することで可能性は広がり、リスクは抑えられます。

いずれにせよ、出願などは各自で行うことになりますので、募集要項・願書など早めに取り寄せて内容を理解しておくことが大切です。資格審査・出願期間・試験日などの日程を十分に考慮して、帰国の日程を考えてください。なお、公立高校の場合は、帰国後居住する予定の都道府県にしか出願できません。

実際に受講されたお客様の声

アメリカ在住
木村様

詳しく見る

アメリカ在住
A・G様

詳しく見る

上海滞在・日本在住
K・T様

詳しく見る