MENU
海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに

この記事を書いた人
Akari
ペンネーム:Akari 慶應義塾大学在籍

父の海外転勤をきっかけに、高校2年春から渡英。初めての海外滞在で、英語もままならぬ中、無謀と思われたが、周りの方々の支えを受けながら、IB Diploma 43点を取得。TCK Workshopでオンライン学生家庭教師として主に中高生の指導に携わる。

IB Diploma 43点、英検1級、TOEFLiBT 101点

年が明け、最終学年の皆さんはそろそろ2年間のIBカリキュラムの大詰めに入っている頃でしょうか。学校によっては、MOCKと呼ばれる、最終試験の模擬試験を実施するところもあるかもしれません。

今回は、Mockを控えた受験生の皆さんに、効率的かつ効果的に乗り切るために重要となるマインドセットをご紹介します。

参考までに、私のIB DPの最終学年時になにをしていたのか、タイムラインで掲載しておきます!

AkariさんのIB DP 最終学年のタイムライン

Mock Examで意識すべきポイントは?

Mockは、通常5月(一部は11月)に行われるIBの最終試験に備えた、各学校で実施される模擬試験のことです。本番と同じ時間配分でそっくりの問題用紙が使われ、IB DPを履修している生徒にとってはまさに最終試験の予行練習となる絶好の機会です。

Mock Examを最終試験の対策としてもっとも有効に活用するために意識したいポイントはズバリ!以下の3つです!

  • 得意・不得意な分野や単元を明確にする!
  • Predicted Scoreは伸びしろインディケーター!
  • 「試験の魔物」に慣れる!

得意・不得意な分野や単元を明確にする!

Mockの対策方法は、最終試験の対策と大きく変わるところはありません。ただ、初めての経験であることから「範囲が広すぎてどこからやればいいかわからない」「具体的に何をすれば得点アップにつながるかわからない」という悩みを抱えている人は多いのではないのでしょうか。

まずは、シラバスを参考にしながら自分が得意だと言える分野と、不得意な分野をはっきりさせることが鍵です。

しかし、ここで一つ、気をつけるべきことがあります。

それは「得意だと感じている ≠ ハイスコアが取れる」という現象をなるべく避けるということです。

具体的には、自分なりに理解しているつもりでも点数に結びついていないものは、好きかもしれませんが得意とは言えません。得意の基準は、好き嫌いという主観的な情報だけでなく、授業の理解度合いや実際の単元ごとのテストの点数など客観的な事実も考慮しながら、総合的に判断しましょう。

Predicted Scoreは伸びしろインディケーター!

Mockを受験すると、「最終試験でだいたい何点ぐらい獲得できるか」という目安の点数が発表されます。

これがいわゆる「Predicted Score」と呼ばれるもので、これで良いスコアが出るかどうかというところに、とても大きなプレッシャーを感じている皆さんも多いのではないでしょうか?(※海外大学を受験する場合は、Predicted Gradeで入学の合否が判断される場合もあるので注意が必要です。以下は、日本国内大学受験生向けのメッセージです。)

たしかに、Mockでの評価は、Predicted Gradeを左右すると言われています。

ただ、Predicted Gradeは、Mockだけではなく各科目のIAやTOK/EEの出来栄えを見て判断されますし、「あくまでも最終スコアの目安」であって、確定された点数ではありません。

Mock時点での自分の立ち位置を知り、最終試験までの伸びしろを表すインディケーターと考えましょう。

「最終試験にむけて、やるべきことがはっきりわかってよかった!」と思って、最終試験に向けて準備をしていくだけです。

「試験の魔物」に慣れる!

たとえ模擬試験といえど、会場には本番さながらの緊張感が漂うものです。

どんな試験にも「魔物」がひそむと言われますが、本番でも自分の実力が発揮できるよう、その魔物になれることもいい経験です。

緊張しやすい人は、呼吸を整えて。なんでも焦ってしまう人は、ゆっくりと落ち着いて。

Mockは、自分が試験という特有の場において犯しやすいミスや陥りやすい失敗に気づかせてくれるチャンスでもあります。

これもさきほどのPredicted Scoreと同じです。「わたしって案外緊張しちゃうんだ」「え、普段ならこんなミスしないのに」というポイントで「最終試験前に意識できるチャンスがあってよかった!」と思って最終試験にのぞめば良いのです。

さいごに

今回は、Mockを乗り切り、最終試験まで有効的に活用するために意識すべきことをお伝えしました。あまり意気込みすぎず、しかしできる限りの準備は尽くして、体調を整えてのぞんでください。

皆さんのIBライフがより素敵なものになりますように。

お問い合わせ