TCK Workshop通信 Vol.6

2016年9月19日 山下 光
中学受験

初めまして、こんにちは。9月1日付にてTCK Workshopに入社いたしました、山下光(やましたひかる)と申します。

以前投稿されていた小山田さんと同様、この場をお借りして自己紹介をしたいと思います。

……………………………………………………………………………………………………

これまでの経歴
出身:兵庫県宝塚市(東京の有楽町にある「宝塚歌劇団」の本拠地があります。)
出身高校:私立開明高等学校
大学:慶應義塾大学商学部 2015年卒業

中学受験について
僕自身は全く受験するつもりはなく、小学校の友達と一緒の中学校に行きたいと思っておりましたが、母の意向で私立の中高一貫校を受験させられる羽目になりました。小学校4年生から某大手予備校N能研に通いました。授業は面白くないしテストは多いし宿題も多いしで、楽しかった思い出はほぼ皆無です。国語の授業の時に「『足袋』の読み方わかる人!」と先生がおっしゃったので、自信満々に手を挙げ「くつした」と答えたら、教室の全員に爆笑され恥をかいた記憶ぐらいしかありません。

大学受験について
本格的に勉強を始めたのは、バスケットボール部を辞めた高校2年生の夏ごろからだったと思います。兄が2浪の末に慶應義塾大学に合格し、大学生活を謳歌しているのを母から聞き、慶應義塾大学でのキャンパスライフに憧れ、受験しましたが、現役合格はできませんでした。しかも慶應だけではなく、受けた大学すべて不合格でした。浪人期間は、当時、関西ではあまり有名でなかった「増田塾」という予備校が新しく大阪にできたので、増田塾大阪校の一期生として受験勉強に励みました。まだ開校してすぐということもあり、人数が少なく集中しやすい環境で、かつ先生が質問に丁寧に答えてくれたことと、定期的に塾内テストのおかげで成績を客観視できる機会が多かったことが功を奏し、成績がぐんぐんと伸び、無事に第一志望の慶應義塾大学に合格することができました。その他にも神戸大学経営学部、慶應義塾大学SFC環境情報学部、早稲田大学商学部、同支社大学法学部に合格できました。 兄が大学に入学したときから「大学の費用は全部自己負担で」というルールができたので、学費が安く実家通いができる神戸大学に入学するか、あこがれ続けた慶應義塾大学に入学するかとても迷いましたが、祖父から「東京に行かなあかん!」という後押しをされ、慶應義塾大学に入学しました。(兄がほとんど実家に帰ってこないので、母や祖母、叔母は「神戸大学に進学して関西に残ってほしい」という願望が見え見えでした。)

大学生活~現在について
慶應義塾大学では、海外の学生を約15名招待し、2週間程度の期間の中で企業訪問・観光・料理・旅行・伝統などを通して、様々な「日本」を紹介しつつ、相互理解を深める事を目的とした「慶應義塾大学福利厚生機関 国際関係会(I.I.R.)」という団体に所属しておりました。私は主にWEB関連の業務を行っており、新しいプロジェクトのウェブサイトを制作したり、各局長が使用する名刺のデザイン等を担当しておりました。

サークルでウェブサイト等を制作する中で、「もっと自分の思い通りにサイトを作れるようになりたい」と思い、ウェブ制作会社にインターンアルバイトとして約1年半勤務しました。ネームサーバーの切り替え、ドメインの更新等の事務作業の他にも、お客様とやり取りをしながらサイトを制作するディレクターの下でのコーディングのサポート、SEO関連のシステム改修と新しい機能の実装にも取り組みました。

インターンアルバイトと並行して、「人前で話すことが苦手」というコンプレックスを解消したいという思いから、大学の同期が立ち上げた個別指導塾でもアルバイトを始めました。その塾では小学生を4名、中学生を3名、臨時のテスト対策講師として中学生を2名を担当しておりました。大学卒業後、マーケティング会社で働いているときに、ウェブサイトの制作をマナビハウスの岡留塾長から依頼されたのがきっかけで、現在はTCK Workshopのウェブ周りの作業を担当することになりました。また、日吉にある個別指導塾マナビハウスでは授業も担当しております。

……………………………………………………………………………………………………

入社してからわからないことだらけで、生徒とともに日々勉強に励んでおります。みなさんにTCK Workshopのことをもっと知っていただくためにも、ウェブ関連とマーケティングの知識を増やしていきたいと思っております。

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。