都立国際高校とは?

東京都立国際高等学校は平成元年に国際学科だけを設置している学校として開校し、スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクールにされたり英語教育優良学校として文部科学大臣表彰を受賞したりと積極的な国際化が評価されている学校です。平成27年にはIB校として認定されました。優秀な進学実績があり、多くの卒業生は国内の国公立大学、難関私立大学に進学しており、さらに毎年、10-20名ほどが海外大学に進学しています。海外生活が長かった生徒が授業にしっかりついていけるように、数学・英語などの科目で習熟度別の

少人数のグループ別学習を実施しています。試験内容は出身校によりかわりますが、作文が含まれ、これには一見明確な採点基準がないように思えますが、評価されやすい作文とそうでないものは大きな差があるものなので、どのように作文を書いていくかからしっかり学習する必要があります。

なぜTCK Workshopで都立国際高校の対策をするの?

TCK Workshopでは、大手集団塾と併用で自分の志望校や特定の技能だけに絞ったレッスンを希望する生徒や、集団授業が合わずに1対1でのレッスンを希望する生徒達をサポートし合格まで導いております。

英検準1級や1級、TOEFLなど英語に特化できるプロ講師が数多く在籍しています。英語と日本語を両方話せるバイリンガル講師もいるため、お子様の言語能力に合わせ合格までもっとも効果的なレッスンスタイルで授業を組み立てることが可能です。

また、国内の受験対策にも精通した講師もいるため、難易度の高い国語と算数の対策もピンポイントで抑えていくことも可能です。大手集団塾との併用をされる生徒が多くおります。1対1のオンラインの個別指導では、特定の科目に特化したり、苦手ポイントを補強していく事が可能です。

\ お気軽にどうぞ /
無料学習相談はこちら
/ お待ちしております \

指導担当に対策のポイントを聞いてみた!

指導ケース紹介

プレミアム講師

田中 隆介

都立国際高校IBコース合格

相談内容開校まもない都立国際高校IBコースを受験したい
海外生活が長く、日本の中学数学はカバーできていない状況
英語と数学の受験対策を希望
開始時期中学3年生の夏から
提案都立国際IBコース用の英語対策と、数学対策
授業頻度英語:週2回60分ずつ(学生講師)
数学:週1回から開始、受験期直前は週2回60分ずつ(プレミアム講師)
成果都立国際高校IBコース合格!
志望校が明確で、中3夏からの受験対策開始となった。
受験期前に英検1級を取得済みであり、十分な英語力を持って挑めた。
数学は過去問演習を進めながら苦手を克服していく方法で、一般試験レベルの数学の力をつけて行くことができた。

都立国際高校IBコース対策の特徴はなんですか?

田中

英語運用能力検査、数学活用能力検査はどちらも、授業に必要な力の有無(適・不適)の判定にのみ使用し、得点は総合成績に含まれないとされています。

しかし、試験内容は学校独自の問題になっており、一般的な都立高校受験より難しいです。確実に点数をとり最低ラインを越える準備が必要です。

数学対策はどんな指導をするのですか?

田中

出題は英語でも表記されていますが、試験内容は日本の数学です。中3夏までに基礎固めを終わらせておくのが理想的ですが、こちらの生徒様は中3夏からの受験対策開始だったため、過去問対策からスタートしました。

過去問演習を通して、できてない単元を重点的に練習し、確実に得点ができるように力を伸ばしていきました。帰国生受験の過去問は公開されていないため、一般入試の過去問を利用します。一般入試レベルの内容を解くことができれば、帰国生入試対策として取りこぼしはありません。

英語試験ではどの程度の英語力が求められますか?

田中

英検準1級レベルは必須です。英検1級を持っている学生さんとも肩を並べることになり、高いレベルでの受験になります。

英語試験は4技能(リスニング、ライティング、リーディング、スピーキング)をそれぞれ得点できるように準備しましょう。

英語対策はどんな指導をするのですか?

田中

英語運用能力検査は、都立国際の独自試験となっています。筆記試験と資料を読んでディスカッションをするグループ面接(スピーキング)がありました。(令和4年実施の試験ではグループ面接は実施されていません。)毎回担当講師が教材を用意し練習を重ねて、しっかり得点ができるように演習を重ねました。

こちらの生徒様が合格を掴んだポイントは?

田中

中3の夏からの対策でしたが、数学の苦手なところをピンポイント潰していくよう取り組んだことで効率的に対策学習を進められました。宿題で過去問を解き、間違えた問題はやり直し理解する努力を続けられたことで力をつけることができました。

また英検準1級取得済みで1級に向けた学習を進めていたことで、十分な英語力で受験期を迎えることができました。

都立国際高校 帰国生入試の内容の一部紹介

日本人学校出身者:国語(作文を含む。)、数学及び外国語(英語)の3教科並びに面接とし、各教科の満点は100点とする。
現地校出身者:作文及び面接とする。 なお、言語については、それぞれの検査において日本語又は英語のどちらかを選択することができる。面接は、志願者のみで行う。

詳しい受験情報や日程などを知りたい方は、下記ボタンをクリックして学校のホームページにアクセスください。