かえつ有明中学とは?

かえつ有明中学校は一般入試も合わせると非常に多くの受験形式があります。英語を武器に受験がしたいと思う帰国生であれば国際生AdvancedまたはHonorsコースを検討し、国語と算数で勝負したいという事であればRegularコースという選択肢があります。

2006年に前身の嘉悦女子中学校・高等学校が男女共学化となり生まれたかえつ有明中学校は、国際生の募集を積極的に行ってきました。現在は海外生活経験者やインターナショナルスクール出身者などの「国際生」が4人に1人を占めています。英語に軸足を置いた教育の実践なども行い海外大学進学実績も2021年度は10名を送り出すなど、学内の教育が実を結び始めているようです。

なぜTCK Workshopでかえつ有明中学の対策をするの?

TCK Workshopでは、大手集団塾と併用で自分の志望校や特定の技能だけに絞ったレッスンを希望する生徒や、集団授業が合わずに1対1でのレッスンを希望する生徒達をサポートし合格まで導いております。

英検準1級や1級、TOEFL、SAT、帰国生大学入試や海外大学進学出願などEssay対策に特化したプロ講師が数多く在籍しています。英語と日本語を両方話せるバイリンガル講師もいるため、お子様の言語能力に合わせ合格までもっとも効果的なレッスンスタイルで授業を組み立てることが可能です。

\ お気軽にどうぞ /
無料学習相談はこちら
/ お待ちしております \

合格実績のある担当講師に対策のポイントを聞いてみた!

指導ケース紹介

プロ講師

奥野 大輝

かえつ有明Honorコース合格

相談内容① 英検準1級対策
② 帰国子女中学受験の英語対策
開始時期入試の約3ヶ月前
提案週3回のペースで英検準1級対策にて基礎リーディング・ライティング力を付けたのちに、帰国子女受験に移行
授業頻度週4回60分ずつ
リーディング・ライティング対策(プロ講師)
成果かえつ有明Honorコース合格!
基本的な文法ミスを自分で修正できるようになった。論理の飛躍なくエッセイライティングができるようになった。

かえつ有明中学校の対策の特徴はなんですか?

奥野先生

英語と日本語の両方で作文が課され、バランスよく言語力を身につけておく必要があることです。さらに、英語では文法問題・語彙問題・語順並べ替え問題が出題され、しっかりした英語の基礎知識を身につけていなければなりません。自然な環境で英語を身につけたお子様は文法が苦手なこともあると思いますので、早い段階から対策しておく必要があります。

英語試験ではどの程度の英語力が求められますか?

奥野先生

英検2級程度の英語力を身につけ、余裕があれば準1級レベルまで引き上げておくとよいです。試験時間が短いので事前に時間配分についても考えておく必要があります。

英語対策はどんな指導をするのですか?

奥野先生

まずは基本文法を理解できているかを確認し、抜けている知識は習得していただきます。普段、感覚で英語を使っていると解きにくい問題も中にはありますので、そのようなものはどのような英語のルールが関係しているか学んでいきます。リーディングパッセージは長いものはあまり出題されませんが、試験時間が短いので、それに対応できるよう文脈を捉えながら読むトレーニングをしたり、本文や設問のどのあたりに注目しながら読むべきかを学んでいきます。

英語エッセイはどんな指導をするのですか?

奥野先生

かえつ有明中学校Advancedコースの英作文は問題で最初の1文が提示され、そのあとに自分でストーリーを書き加えていくという形式が例年出題されています。エッセイの授業ではまず文法など基本的な英語のルールにしたがっているかを確認し、そのあとに文章全体に論理の破綻がないかどうかを見ていきます。エッセイで使われる英語は日常会話とは少し区別しておくべき点が何点かあり、単語の選び方や構文などをよりエッセイにふさわしいものにしていきます。

こちらの生徒様が合格を掴んだポイントは?

奥野先生

文法の勉強を厭わずしっかり取り組まれたことが合格につながったと思います。自然な環境で英語を身につけると細かい文法について指摘されたり勉強したりするのに気後れしてしまうかもしれませんが、かえつ有明中学校の英語の問題では直接文法の問題があるのでしっかり対策しておく必要があります。それに加え、その知識はそのままエッセイにも活かせるのでとても効果的な勉強だと言えます。

かえつ有明中学 帰国生入試の内容について

国際生入試では200名を超える帰国生が受験をします。これまで滑り止め校として多くの帰国生が受験してきましたが、かえつ有明中学校を第一志望にする生徒も増えています。競争も激しくなりつつあるため対策は決して侮れません。

試験方式

Honorsコース英語作文(40分)
英語筆記(50分)
日本語作文(30分)
英語面接
Advancedコース英語作文(20分)
英語筆記(20分)
日本語作文(30分)
英語面接
Regularコース国語(50分)
算数(50分)

応募資格

東京私立中学高等学校協会が示す基準に準ずる(原則として1年以上海外に滞在し、帰国後3年以内の者)

詳しい受験情報や日程などを知りたい方は、下記ボタンをクリックして学校のホームページにアクセスください。