国際生入試A方式 実力判定テスト

一般的に帰国生の受験の準備には非常に厄介なハードルが2つあります。

一つは、多くの学校では過去問題が数少ないまたは無いということ。
そして、もう一つは、仮に過去問題があったとしても、WritingやEssayの模範解答が無いということ。

帰国生が多く集まる帰国生入試にはEssayがつきものです。特にEssayが試験の評価の大部分を占めている場合は、対策が難航してしまうことも珍しくはありません。学校によってEssayの制限時間、評価軸、形式なども異なるので、志望校に沿った対策をしなければいけないのですが、通塾するも、塾で用意されている模試や特別講習は大体受験1,2か月前など直前にしか始まらないというのが普通です。

学芸国際対策はまさに
「採点ができないので対策が自宅でしづらい」
「塾に通うが作文の添削対応に満足していない」
「学芸国際に特化した講座が無い/直前にしか受講できない」

といった不安を抱え、対策にヤキモキしている生徒が沢山います。

直前まで志望校が定まらなかったり、直前から受験を検討したりとなることも帰国生入試では普通に起こる話なので、集団塾としても講座として開く以上一定の参加人数が見込めるまでは特定の学校に特化した対策は早期の段階で始めることは集団指導という性質上難しいのが実情。また、決められたカリキュラムを消化していかなければならないため、集団形式では個人の成長や進捗の遅れに対応することが難しい。

ただ、作文対策において、「ちゃんと基礎ができてから。」「ある程度取り組めるようになってから。」「色々な問題を解きながら慣れていこう」「過去問題の問題に取り組むには時期尚早です」としながら過去問題対策をギリギリまで先送りにすることも勿論合理的ではあります。そして、英検準1級は最低必要だといった学芸国際を目標校として持つうえでは最低限必要なのは間違いありません。

その点はさすがに無視はできませんが、我々TCK Workshopでは本番に模したレベル、形式でできるだけ早く対策を開始することをポリシーとしています。本番と同じ形式、同じレベルで練習を沢山したいですし、合格に早く近づくためには必要だと考えます。

Essay対策は個別対策がベスト。これは皆がそう思っている。

TCK WORKSHOPの高い合格率の背景には、我々はかなり早い段階で志望校の過去問題に模した問題を練習させます。なんなら最初から最後までそれしかやらない、ってこともあります。特に英語作文が大きな点数を占めたり、英語が特異な学校は、例えば渋渋、渋幕、学芸国試、三田国際、などは、過去問題同等の形式のものしかやりません。

なぜか?

Essay Writingの上達には時間がかかるからです。
恐らく皆さんが想像している以上にかかります。
直前期で書いたEssayがイマイチと言われても、
多くの場合はtoo lateになってしまう可能性が高いのです。

早い段階でやらせるので最初は点数が取れません。それでいいんです。それが無いと何を対策しないといけないかがわからないんです。

模試は、何がどれだけできないかを再確認するためのものですから。早くから始め、何度もチャレンジする。

ただ。やる模試が存在しないんです。

待てど暮らせど、大手塾は出してくれない。

週テストとか実力判定テストとか、合格を真っ直ぐ狙う上では正直不必要ですしその結果がいいから受かる可能性が高くなるわけではありません。関係のないものは関係ない。英作文に対策を特化しない限り英作文は上達しない。

ジェネラルな勉強を重ねて成績が伸びていく子は勉強が得意でセンスのある子やもともと出来る子。必ず1割くらい存在します。それ以外は、普通は的を絞れば絞るほど成績が伸びていきます。そう、多くの子にとって受験対策に無駄無茶無理が多すぎるんです。

志望校が明確ならはなおさら。

やるべきことは志望校に特化した対策のみ。

そして、書いたEssayはしっかりと添削をしてもらいフィードバックを貰い対策すべきポイントの解像度を高めていきましょう。

料金をチェックする
直前対策に最適

現状の実力を測って合格到達度を確認しよう!

学芸国際中学校・高校のA方式の作文対策をオンラインでご自宅で実力チェック・合格到達度が確認できるテストを用意しました!

まずどれくらいできるのかを知りましょう。

これまでの学習が正しかったのか、それとも、何か変えなきゃまずいのか、

大切な判断材料としてお役立てください。

採点官は全員志望校の学校を毎年超高確率で合格させているTCK WORKSHOPのプロ講師たちです。編入も冬の受験も何十人も個別で対策をし続けてきた講師たちによる作問で採点もいたします。

プレミアム講師 瀧澤真結
東京学芸大学附属国際中等教育学校 卒業
上智大学 国際教養学部 卒業
滞在国:フィリピン、ケニア


学芸国際受験を挑戦される皆様へ

こんにちは!TCKWorkshopの瀧澤です。
学芸国際の入試は「45分で英語エッセイ1つ」「30分で日本語作文1つ」と他校と比較しても、形式はとてもシンプルな入試です。だけど、毎年倍率が4-5倍はある難関校なので、学校に沿った対策はとても重要だと考えています。今回のテストは、学芸国際のアドミッションポリシーや、自分の生徒を指導する中での合否を参考に、採点基準を作成しました。この機会を通して、少しでも当日の試験に向けて自信に繋がったり、取り組むべきことが明確になれば嬉しいです。学芸国際での6年間は私にとっても大事な時間で、心から通えて良かったと思っている学校ですので、自分の後輩がこの試験から一人でも多く生まれることを願っています。頑張ってください!

瀧澤以外にも、東京学芸国際対策の経験が豊富な講師陣が採点を実施いたします!

トッププロ講師
坂井 治樹

トッププロ講師
産屋敷 ニコラ

トッププロ講師
手代木 絵里香

トッププロ講師
野澤 豪真

料金をチェックする
直前対策に最適

学芸国際 実力判定テストの概要

出題される科目と時間・配点は以下の通りです。

出題科目時間配点
外国語作文
※本テストでは使用可能言語は英語のみ可能
45分85点満点
基礎日本語作文30分15点満点

※学年によって設問内容が異なります。
※書類審査、面接の確認は本テストには含まれません。作文検査のみで書類審査・面接で6割以上を取れていることを想定し合格可能性を評価します。

模試配信スケジュールについて

以下の日程の日本時間 18:00頃に模試を配信いたします。
模試データについてはすべてGoogle Classroomにて配信いたします。

2025年度

4月29日(月)5月27日(月)6月17日(月)7月29日(月)
8月26日(月)9月30日(月)10月28日(月)11月25日(月)
12月23日(月)1月20日(月)
※すべて日本時間

学芸国際 実力判定テストの受験方法

オンラインでご自宅から受験します。
※実施する環境や制限時間の厳守については自己責任で行ってください。

  1. テスト(解答用紙付き)をダウンロードして印刷して準備をします。
    *印刷ができない場合は、ノートや白紙の紙に答案を作成してください

    模試データについてはすべてGoogle Classroomにて配信いたします。

  2. 外国語作文45分、基礎日本語作文30分を時間を計り取り組みます。

    回答は全て手書きで行ってください。

  3. 答案をスキャン(スマートフォンやスキャナーによる)してメールで送信してください。

    1回に提出できる答案数には制限がございます。

  4. 5営業日以内(土日休み※)にメールで結果が返却されます。
    ※年末年始のお休みの期間は営業日に含まれません。

料金について

ご入会 20,000円(+消費税)はいただきません!

対象:4月入学選抜・編入学選抜を検討する小6~高3まで
テストは、「第1学年・第2学年」「第3学年・第4学年」「第5学年・第6学年」の3つから選択できます。申し込みフォームにて受験される学年に合わせてテスト種別を選択ください。

単月プラン※★9月編入試験の方におすすめ★
編入試験向け3回プラン
★おすすめ★
このプランを申し込めるのは
7月実施分が終わるまで!
10回分まとめてプラン
講座料金1回あたり
12,000円 (税込 13,200円)

お申込み時に日程を選択いただきます。
※単月プランから他のプランへ変更は不可
4月〜6月までの3回分まとめて
27,000円 (税込 29,700円)

1回あたり

9,000円 (税込 9,900円)
単月プランより1回あたり3,000円もお得!
4月〜翌年1月までの全10回分まとめて
90,000円 (税込 99,000円)

1回あたり

9,000円(税込 9,900円)
単月プランより1回あたり3,000円もお得!
オプション採点を担当した講師による個別の添削&解説授業30分+教育相談30分
8,000円(税込 8,800円)/回

※採点した講師が担当
個別の添削&解説授業30分+教育相談30分
8,000円(税込 8,800円)/回

※採点した講師が担当
採点を担当した講師による個別の添削&解説授業30分+教育相談30分
8,000円(税込 8,800円)/回

※採点した講師が担当
答案受付期間お支払いいただいてから1年間お支払いいただいてから1年間お支払いいただいてから1年間
\ 直前対策に最適 /
購入はこちら

グループディスカッションを練習したい方!

なかなか対策が難しいグループディスカッションもTCK Workshopで対策可能!

お支払い方法について

申込みフォームからお申し込みいただきましたら、追ってお支払いに関するご案内メールをお送りいたします。

ご請求通貨日本円
支払い方法クレジットカードのみ
※Paypalの決済システムを利用しております。
※申込みフォーム送信後、翌営業日までにお支払いリンクをお送りいたします。
\ 直前対策に最適 /
購入はこちら

キャンセルについて

以下のキャンセル料が発生する場合があります。(すべて日本時間)
模試配信日の3日前:受講料の25%
模試配信日の2日前:受講料の50%
模試配信日の前日・および当日:受講料の100%

よくある質問

Q
Googleアカウントを持っていない場合はつくったほうがいいですか?
A

ご利用には、Google社が提供している「Google Classroom」を使用しますので、アカウント未作成の場合は、必ず作成していただく必要がございます。無料で作成できますので、ご安心ください。

Q
ご利用期間はありますか?
A

ご利用開始日(クレジットカードでの決済完了後)から1年間となります。

Q
海外からの申込みも可能ですか?
A

もちろん可能です。パソコンとインターネット環境さえあれば、全世界どこでもご利用可能です。

Q
月半ばでも、月末でも申し込むことは可能ですか?
A

いつでも可能です。クレジットカードでの決済が完了した時点からご利用開始となります。

Q
申込み後の途中解約・キャンセルは可能ですか?
A

クレジットカードでの決済完了後にGoogle Classroomでのファイル共有された後での解約は不可能となります。それ以前でのキャンセルは可能です。

\ 直前対策に最適 /
購入はこちら