海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに

この記事を書いた人
鈴木 先生
鈴木 先生 TCK Workshop 学生講師

両親の仕事の都合により、香港、オーストラリアと海外で育ち、日本の学校に通ったことは一度もない。大学の間は日本の古都に住みたいと考え、京都大学に進学。現在はTCK Workshopでオンライン家庭教師として、小論文、TOEFL、SATの指導に携わる。

SAT 1510点、TOEFL iBT 114点

TOEFLの最初のセクションであるリーディングは、他のセクションのリスニング、スピーキング、ライティングに比べて、日本人がスコアを取りやすいセクションだと言われています。

これは、英語の文章題を読んで問題に答えるという形式が、日本人に身近であるからかもしれません。

とはいえ、TOEFLリーディングは英検やTOEICのものとも大きく異なり、高得点をとるためには、まず、きちんとポイントを抑えることが重要になってきます。

そこで、今回は初めてTOEFLを受ける方に向けて、TOEFL114をとった私が、実際にTOEFLを受けて役に立ったと感じるリーディングの勉強法についてご紹介していきたいと思います。

TOEFLリーディングの形式

TOEFLリーディングでは、54分で3題の文章を読んで、それぞれ10問(計30問)の問題に答えなければなりません。

つまり、文章を読む時間も含めて1問、1分30秒ほどで解く必要があります。

慣れないうちは、文章を読むのに時間がかかってしまい、問題を解き終えることができないこともあるので、時間を意識しながら問題に取り組みましょう。

項目内容
制限時間54分(72分*)
文章3題(4題*)
問題数30問(40問*)

*( )内はリーディングにダミー問題が含まれる場合

ダミー問題ってなに?

TOEFLのリーディングとリスニングでは、ダミー問題という採点されない(スコアに影響しない)問題が存在します。

しかし、どれがダミー問題かはわからず、判別することも難しいので、全て真剣に解くことをおすすめします。

TOEFLリーディングでよく出題されるテーマ

TOEFLのリーディングは英検やTOEICのものとも大きく異なる点は、アカデミックな内容の文章が出題されることです。

これはTOEFLが、留学する際に大学の授業で必要とされる英語力を試すテストだからです。

そのため、当然、高いレベルでの単語の知識や読解力が要求されます。

しかし、アカデミックな内容だからと言い、特別な専門知識は必要なく、文章をきちんと読めば全ての問題に答えられる作りとなっています。

リーディングで主に出題されるアカデミックなテーマとして以下が挙げられます。

カテゴリ内容
人文学・社会科学哲学、言語学、人類学、歴史学、地学、文学、社会学、芸術、心理学など
自然科学物理学、化学、生物学、地学など
その他コミュニケーション、マーケティング、建築など

TOEFLリーディングで出題される問題のタイプ

TOEFLリーディングでは出題される問題のタイプはパターン化されています。なので、各タイプの解き方を知った上で、練習問題を解きながら、自分が苦手な問題のタイプを把握することが重要になってきます。

問題のタイプは以下の8つに分けることができます。

  • 語彙
  • 詳細
  • 詳細(否定)
  • 目的・理由
  • 解釈・推論
  • 文章挿入
  • 要約
  • 表の穴埋め

TOEFLリーディングの勉強法とは?

次に、私が実際に行っていたTOEFLリーディングの勉強法について、ご紹介していきたいと思います。

まずは頻出単語をマスターしよう!

TOEFLで高得点を目指すのにまず必要となってくるのは語彙力です。

リーディングでは語彙の問題が多く出題されるため、それらの問題に答えられるようにすることはもちろん、難解なアカデミックの文章を読み理解するには豊富な語彙が求められるので、初めに、頻出単語をマスターすることをおすすめします。

しかし、単語をただ眺めたり、写したりするだけではなかなか覚えることができません。

そこで、私は例文を用いて単語を覚えていきました。

例文といっても、単語帳に載っているものではなく、身近な例などを用いて、より自分にあった例文を作りました。この一手間を加えることで、確実に語彙力を高めることができました。

私が実際にTOEFL対策に用いた単語帳はこちらです。

公式問題集を解き、自分の得意・苦手を把握しよう!

先ほどもお伝えしたように、リーディングの問題はタイプ別に分けられるので、一度、公式問題集を解き、自分の得意・苦手を把握することをおすすめします。

自分の苦手な文章のテーマや問題のタイプがわかれば、対策が立てやすくなります。

また、公式問題集を一度解けば、リーディングの流れや、時間、自分の現時点の実力など、さまざまなことがわかるので、TOEFL対策を行う上で欠かせません。

このプロセスで最も重要なのは答え合わせ後です。

問題を解き、採点をして、満足してしまう人が多いですが、答え合わせをした後に、「なぜ間違えたのか?」を明確にしない限り、練習の効果はあまりありません。

そもそも、TOEFLは世界中の人が受けるテストなので、答えが必ず一つに絞れるように作られています。

つまり、答えを必ず一つに導けるよう、文章題あるいは設問にヒントが散りばめられており、これらのヒントを論理的に組み立てることで正解できるよう作られています。

リーディングは直感で解く人が多いですが、「こうだからこう」という論理的プロセスが大切であるため、数学のように、問題を間違えた際に、間違えた原因をピンポイントで明らかにすることが点数向上への鍵です。

また、TOEFLのリーディングは要約の問題を除いては全て4択の問題なので、消去法が有効なテクニックとなります。

4つ選択肢が与えられている場合、3つは必ず間違っています。

TOEFLの選択肢には、一つでも誤った要素(たとえ、単語一つでも)含まれていたら、他が全て正しかったとしても、その選択肢は間違いとなります。

正解がすぐにわからない場合は、間違った選択肢を消していくことで正解を導くのも一つの重要なテクニックです。

公式問題集や練習問題をたくさん解こう!

試験の形式にも慣れ、自分の得意・苦手を把握できたら、あとは公式問題集や練習問題をたくさん解くのみです。

特にリーディングのセクションは、多くの文章を読み、問題数をこなすことで、アカデミックな文章に慣れてきたり、問題の傾向がつかめたりと、スコアアップにつながることが多いです。

TOEFLの受験までまだ時間が多くある方は、計画的に練習問題を解いていきましょう。

まとめ

今回はTOEFLリーディングについてお話ししてきました。

リーディングのセクションは特にきちんと対策すれば、スコアアップが期待できるセクションなので、基本を押さえた上で、問題数をこなすことが大切になってきます。

しかし、TOEFLリーディングは他のテストと比べ、特にテーマや問題形式が難題なので、1人で以上のことをこなすのは大変かもしれません。

TCK WorkshopにはTOEFL110以上を取得している講師が多く在籍していますので、それぞれの経験をもとに対応いたします!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!
プロ講師が無料で学習相談に対応致します。

お問い合わせ