高等学校の教育プログラムとして、International Baccalaureate、国際バカロレアというカリキュラムを提供している学校も最近日本にも増えてきています。

大学の入試でも、IBの成績表を持っているなら提出してください、と指示してくる学校も増える中、やはりまだ「IBって聞いたことはあるけど、具体的に何をするカリキュラムなのか分からない…」と思う方は多いと思います。

  • IBって何を勉強するの?
  • どういった科目を学べるの?
  • IBを受けるメリットやデメリットは?

今回は「これからIBに挑戦したい人」「少しだけIBに興味ある人」に向けて、以下の3点についてご紹介します!

IBってなに?
  • そもそもIBとは?
  • IBの科目について
  • EE, TOK, CASについて

そもそもIBとは?

IB、国際バカロレアは「全人教育」をモットーに掲げた「世界のどこにいても通用するような大学入試資格」を提供するカリキュラムです。

小学校に相当する初等教育(PYP)から、中等教育に値するMYP、そして高校2年次から学ぶDP、ディプロマ資格プログラムがあります。

このDPの最後の年に受ける共通試験が、最終的なIBの資格となり、大学によっては受験・入試で使えるようになっています。

IBでは、どんな環境にいても、生徒が充実した学びを受けることができる、ということを大切にしてカリキュラムを組んでいます。その中で特に大事にしているのは、IBが目指している人材のプロファイル【IB Learner Profile】です。

IB Learner Profileは、IBが求めている人材の特徴のようなものです。

  • Inquirers
  • Knowledgeable
  • Thinkers
  • Communicators
  • Principled
  • Open-minded
  • Caring
  • Risk-takers
  • Balanced
  • Reflective

以上の10個の特徴、性格、考え方などを育てていきます。

探究心がある、広い視野・心を持って物事を捉えることができる学んだことをきちんと振り返って考えることができるしっかりとコミュニケーションができる……などなど、大人になってもずっと役に立つスキルが多いですね!

IBの科目について

IBの通常科目は、6つのグループから選べるようになっています。

基本的には各グループから1教科ずつ選び、そのうちから最低3教科をHigher Levelという、少し難易度の高い授業として受講します。

IBの6つの科目グループは以下の通りです。

Studies in language and literatureLanguage A科目(基本的には英語)
Language acquisitionLanguage B科目(第二言語)
Individuals and societies経済、地理、歴史、心理学、文化人類学など
Sciences生物、物理、化学、スポーツ健康科学など
Mathematics難易度別に数学の授業が3つほどあります
The artsダンス、音楽、演劇、美術など

IBの特徴として、教師や教える環境が整っていないと選択科目を提供できない、という点もあるので、実際に受けることのできるIB科目は学校に直接問い合わせてみることをオススメします

しかし、本当に幅広い分野から科目を選ぶことができるので、生徒一人ひとりが本当に興味を持っている勉強科目をしっかりと伸ばすことができます

たとえ苦労をする科目があっても、代わりにやりたい勉強や、自分がモチベーション高く挑める科目があると、それだけでも頑張ろう!という気持ちになれますよね!

私も、生物や数学がとても苦手だったのですが、芸術科目で選んでいた演劇や、英文学・日本文学の授業がとにかく楽しかったので、苦手科目も頑張って全体の成績の足を引っ張らないように……!と取り組むことができました!

EE, TOK, CASについて

IBの教育の大きな特徴の一つは、通常の選択科目以外にやらなくてはならない課題・科目があるということです。

ただ科目の勉強をこなすだけではなく、頭をやわらかくしながら、さまざまなテーマについて考え、論じていく力をつけていきます

Extended Essay一人で書き上げる、英字で4,000 words程度のリサーチレポートです。選択している科目の中から一つを選び、自分でテーマなどを決めて研究を進め、論文を書きます。
Theory of Knowledge「知るということはどういうことなのか」をテーマに考える授業です。学内で行うプレゼンテーションと、1,600 wordsのレポートで評価されます。
Creativity, Action, Service創造力などを育てるCreativity自分の身体を使って新しいことに挑戦するActivity、そしてボランティア活動を含め、自分から人と交流しコミュニティーのために何かをするService。一定時間以上、これらの活動をバランスよく行い、各活動に合わせてレポートを書きます。

どれも普段自分がやらないことに挑戦できるチャンスなので、有効に使って、自分と自分の大事にしたいコミュニティーにとってのプラスにしていきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

IBは6つの選択科目とEE、TOK、CASの活動を通して、幅広い学びと経験を積むことができます。

IBのLearner Profileを見ても、ただ勉強するだけでなく、それをどうやって解釈したり、人に伝えたりすることができるか?というスキルを育てることができることが分かります

しかし、やはり分からないことや、IBDPのカリキュラムに関する不安は拭えないかと思います。

TCK  Workshopでは、IB対策も含めたオンライン個別指導を行なっており、日本語・英語でのサポートが可能な講師が多く在籍しています。

弊社のプロ講師陣と一緒に、IB対策をしっかり取っていきましょう!