はじめに

英語ができる帰国生として、帰国後、英語を維持・向上するのはとても大事です。そのためには、多くの時間を過ごす学校を、積極的、日常的に英語を使うような環境にするのが一番効果的です!英語を学ぶ授業ではなく、英語で学ぶ授業、日本に帰国しても受けたくないですか?

全ての授業が英語で行われるのではなく、帰国後、日本語力も身につけたい方は多いかと思います。国内のインターナショナルスクールではなく、英語も日本語もどちらも身につく高校をお探しの方は参考にしてください。

今回は帰国生受け入れをしている高校のうち、英語で授業が受けることができる高校をいくつか紹介したいと思います!

  • 三田国際学園高校
  • 玉川学園高校
  • 広尾学園高等学校
  • 東京都立国際高等学校
  • 茗溪学園高校

三田国際学園高校

三田国際は多くの帰国生が聞いたことのある学校だと思います。三田国際学園には、「インターナショナルアドバンストコース」があり、日本の卒業資格に加え、オーストラリアの卒業資格も取得することができます。

高校はこのインターナショナルアドバンストコースのみを募集としているので、高校受験生はこちらのコースに入ることになります。

オーストラリアの卒業資格をもらうには、オーストラリアのカリキュラムを受けることが必要となります。そのため、英語、数学、理科、社会は全て英語で行われます。各科目の専門知識を持っている教員が担当し、生徒は英語力だけではなく、しっかりとした主要科目の教育を受けることができるのです。

三田国際学園高校のポイント
  • 日本の卒業資格に加え、オーストラリアの卒業資格も取得することができる
  • 英語、数学、理科、社会は全て英語で行われる

玉川学園高校

創立当初から帰国生を受け入れている玉川学園には、IBプログラムがあります。IBプログラムでは、バイリンガル教育に力を入れているため、日本語の授業と英語の授業があります。なんと、玉川学園では、英語での授業の方が多いのです!

パンフレットに載っているサンプル時間割を見てみると、週に40コマある授業のうち、31コマは全て英語で行われます!そのため、9コマのみが日本語で授業が行われます。英語で経済、化学、歴史、美術などを学ぶことができます。月曜日をみると、日本語を一回も使わない日もありますね!

日常的に英語を使い、アカデミックな英語も身に付く、とても素敵な学校だと思います!

玉川学園高校のポイント
  • IB認定校で、バイリンガル教育に力を入れている
  • 週に40コマある授業のうち、31コマは全て英語で行われる

広尾学園高等学校

広尾学園は

  • 「海外帰国子女受け入れ指定校第一号」
  • 「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール指定校」

として、英語教育に力を入れている学校です。広尾学園の帰国生入試では、英検2級以上またはそれほどの英語力を必要条件としており、インターナショナルコース希望者のみを募集しています。

なぜ英検2級以上の英語力が必要かというと、インターナショナルコースの授業は基本的に英語で行われるからです。国語の授業や社会、体育、家庭科、保健の一部は日本語で行われるみたいです。そのため、他の数学や化学、歴史、ITなどの授業は英語で行われます。英語力をしっかり維持そして向上しながら、日本語もちゃんと学べるのはありがたいですよね!

カリキュラムを見てみると、どの授業が英語でどの授業が日本語で行われるか見れるので、ぜひチェックしてみてください!

広尾学園高等学校のポイント
  • 「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール指定校」である
  • インターナショナルコースの授業は基本的に英語で行われる

東京都立国際高等学校

東京都立国際高等学校は国際学科国際バカロレアコース (IBコース) があります。今回はIBコースを紹介したと思います。

IBコースのカリキュラムをみてみると、

  • 数学、物理、化学、生物基礎、世界史、総合英語、学術英語、探究型学習

の授業が英語による授業とされています。このように、英語で他の科目を学ぶことができますし、国語の授業や日本史なども学ぶことができます。

帰国後、英語はもちろん維持したいけど、日本人としての日本語力や知識を身につけたいと感じる人がいると思います。そのため、都立国際では、どちらもできるので魅力的だと思います。

東京都立国際高等学校のポイント
  • 国際バカロレアコース (IBコース) がある
  • いろいろな進路に進むためのカリキュラムがある

茗溪学園高校

茗溪学園高校は帰国生受け入れ校として歴史が長く、

  • 国語特別クラス
  • 英語特別クラス
  • IBコース

があります。IBコースでは、英語で授業を受けることができるので、そちらを紹介します。IBコースの高校2年生と3年生では、必須科目以外に生徒が6つ授業を選択します。

日本語で開講されているのは、Japanese Literature A、History、Chemistry、Biology、Physics、Mathematicsです。

英語で開講されているのは、English B、Environmental Systems、Societies and Filmなどです。デュアルランゲージディプロマを取得するのには、英語での授業を2つ以上選択する必要があるそうです。

茗溪学園高校の大学合格実績を見てみると、2020年卒業生数263名のうち、42名も海外大学に合格しています!その42名のうち、36名はIB生です。このような数字を見ると、海外大学の授業に問題なくついていけるほどの英語力が身に付く学校だとわかると思います!

茗溪学園高校のポイント
  • 帰国生受け入れ校として歴史が長く、IB教育を受けられる
  • 海外大学の進学実績が高い

まとめ

国内で、英語で授業を受けれる高校5選、いかがでしたか?

どの学校も素敵な点が多く、英語力を維持したい、向上したいと強く思っている帰国生にとって、おすすめできる高校のリストです。

いづれの学校も入学後、英語を使って授業を受けるため、入学時点で英語力が問われることが多いです。そのためには、今の英語力に満足せず、しっかりと対策して受験しましょう。英検やTOEIC、TOEFLもとっておくと役立つので、そのような受験対策も必要に応じてしてみてください!