海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに

茗溪学園中学校の算数対策、どのようにすれば良いかお悩みではないですか?

茗溪学園中学校海外生特別選抜(B方式)の2018年の算数の問題は構成はこのようになっています。

大問1大問2大問3大問4大問5
計算問題
10問
小問集合 8問円(面積、周りの長さ)
小問2題
速さ(ダイヤグラム)
小問2題
規則性
小問2題

茗溪学園の算数の出題は出題構成も、問題傾向も似ているので、小学校の教科書レベルの算数力+中学受験の基礎力があれば、十分に合格点を取れるようになります。

それでは、今回は2018年の過去問の中から、場合の数の問題を見ていきましょう。

海外生特別選抜(B方式)2018年 算数問題一部解説

暗記(理解)しておくべき単位換算

中学受験算数では単位換算の問題は計算問題や今回のように小問集合の一部として扱われることもある頻出問題ですが、どうも苦手にしている生徒さんが多い印象です。

まずは出題される単位を整理してみましょう。

  • 長さ:km, m, cm, mm
  • 重さ:t, kg, g
  • 面積:㎢, ㎡, ㎠, a, ha
  • 体積:㎥, ㎤
  • 容積:ℓ, ㎗, ㎖, cc

これら5つの単位の換算がスラスラできていれば問題なしです。例えば「10㎡は何㎠?」「0.5ℓは何㎖?」というような質問ですね。

これらの単位換算がスラスラできるかお子様とぜひ確認してみてください。

単位換算の丸暗記は危険!

かくいう私も実は小学生の時は、全て丸暗記でなんとかしようとしていました。

結果、何が起きるかというと、テストや試験の時に、自身がなくなってしまって、時間をロスしてしまったり、間違えてしまうこともありました。

1㎢ = 1,000,000㎡、1㎡ = 10,000㎠なのですが、当時の私は、㎢から㎡は0を6個追加、㎡から㎠は0を5個追加、というように0の数で丸暗記をしていたので、他の単位換算とごちゃごちゃになってしまって間違えることが多々ありました。

これらの変換を感覚的に理解し、正確に暗記できている生徒さんもいますが、これらはきちんとなぜその単位換算になるのか、ということを理解した上で、覚えておくのが得策です。

テスト当日にで頭の中でごちゃごちゃになってしまうことを数回繰り返したのちに、私は本番忘れてしまっても、公式からもう一度自分で作れるようになっておこうということで、動画の中で解説したような考え方をマスターしました。

単位換算を攻略するには!

単位換算を攻略するには、

  • 上記のような単位換算の裏にあるなぜ?を理解する
  • 「単位の定規」を作成し、単位ごとに整理しておくこと

この2点で十分です。どんな問題が出ても怖くありません。

  • 中学受験算数で出題される単位について把握する
  • それぞれの単位換算の理由を理解する(中には暗記するしかないものも...)
  • 単位の定規を作成する

この手順で学習を進めてみてください。確実に単位問題は得点できるようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

茗溪学園海外生特別選抜B方式の算数の攻略が難しくないことが感じていただけたのではないでしょうか?

私たちTCKWorkshopでは、お子様の現在の算数のお力と試験までの残り時間から、最短ルートで合格するのに必要な得点力をつけるのに必要な学習をご提案します。

特別な才能は必要ありません。必要なのは適切な教材で必要な回数反復練習することだけです。教材も学習の仕方も私たちがお伝えします。

過去問をといて、半分以下しか点数が取れない場合は(あるいは過去問をお持ちでない方も)ぜひすぐにお問い合わせください。

弊社のプロ講師陣と一緒に、お子様の受験合格のためのプランを考えましょう!


下記の無料相談フォームから、お気軽にまずはお問い合わせください。

夏休み
準備
夏期講習特別割引中!こちらをクリック!