はじめに

広尾学園の算数対策、どのようにすれば良いかお悩みではないですか?広尾学園中学 国際生入試(インターAG) 2020年 算数の問題構成はこのようになっています。

大問1大問2大問3大問4
計算問題 8問小問集合 8問規則性 小問2問速さ 小問2問

広尾学園の算数の出題は毎年傾向も似ているので、小学校の教科書レベルの算数力+中学受験の基礎力があれば、十分に合格点を取れるようになります。

それでは、今回は2020年の過去問の中から、年令算の問題をみていきましょう。

国際生入試(インターAG) 2020年 算数問題一部解説

年令算で注目すべきポイントは?

広尾学園では毎年、小問集合が8題出題され、2020年の場合は

  1. 線分図を利用する問題
  2. 消去算
  3. 年令算
  4. 比率を利用する問題
  5. 仕事算
  6. 通過算
  7. 円の面積

などが出題されています。

どれも決して難易度は高くないので、スムーズに問題をとく第一歩を踏み出せるかどうかが大切です。

今回、解説した問題は特殊算の中でも、年令算と呼ばれる問題です。

年令算を解けるようになるために必要なのは

  • 時間軸の把握(過去→今→未来)
  • 年令の差に注目(和の場合もあり)
  • 比の利用

大きくこの3つです。ある程度まで問題が難しくなっても、この3つのポイントを意識しさせすれば、年

令算の問題はクリアすることができます。

考え方の方針通りに解く

算数が苦手なお子様にとっては、全ての問題が初見の問題に見えてしまっています。

毎回初見問題のように見えてしまっていると、難しく感じるのも(結果、嫌になってしまうのも)当然です。

算数は背景や考え方さえしっかりとおさえれば、毎回同じ解き方で解くことができるため、暗記量も非常に少ない科目です。

年令算に関しても前述した通り、必要なポイントは上記の3つだけです。

  1. 時間軸の把握→まずは4年前、今、8年後で表を整理。
  2. 年令の差に注目→それぞれ年令が比で表せている4年前、8年後の差を比で表す。
  3. 比の利用→「年齢差が同じ」ことを利用して、比合わせ。

年令算の問題を考えるときは、毎回この3つをこの手順で考えます。

こういった問題を解くためのパターンや型はある程度納得した上で、「暗記」していく必要がありますが、決してそのパターンも型も多くはないので、短期集中で理解してしまいましょう

パターン学習は「速く」「何度も」

中学受験の算数では、上記のような問題パターンが数多く存在します。

これらのパターン学習は1周通しただけで完璧になるものではなく、むしろ全体像を把握した上で、何度も繰り返し練習をする中で、徐々に完璧に近づいてくるものです。

1回目のパターン学習は多少理解度が落ちても構わないので、速く終わらせてしまって、その後何度も何度も復習する時間を設けましょう。

10個のパターンを覚えなければいけないとして、1日1個を毎日続けた生徒さんより、毎日10個を(たとえ完璧とは言わずとも)毎日練習した生徒さんの方が、確実に定着率も理解度も上がっているはずです。

とにかく覚えきりたい、定着させたい、ときはとにかく何度も何度も繰り返し触れるようにしてください。九九の表がわかりやすいと思います。何度も何度も口ざすむうちに自然に身についてましたよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

広尾学園AGコースの算数の問題は決して難しくはありません。

私たちTCKWorkshopでは、お子様の現在の算数のお力と試験までの残り時間から、最短ルートで合格するのに必要な得点力をつけるのに必要な学習をご提案します。

特別な才能は必要ありません。必要なのは実際の過去問を利用して、適切な教材で必要な回数反復練習することだけです。教材も学習の仕方も私たちがお伝えします。

過去問をといて、半分以下しか点数が取れない場合は(あるいは過去問をお持ちでない方も)ぜひすぐにお問い合わせください。