はじめにー桐蔭学園中学について

桐蔭学園中等教育学校(以後、桐蔭学園中学)は2019年に共学化された、帰国生に嬉しい特徴が多い学校です。

アクティブラーニング型授業にも力を入れており、生徒が楽しく、効果的に学べる教育をして、「自ら考え判断し行動できる子どもたち」を育成しています。

今回は、桐蔭学園中学

  1. 英語教育
  2. 多彩なグローバルイベントや海外研修
  3. 大学進学実績
  4. 帰国受験情報

についてまとめて紹介していきます!

桐蔭学園中学の英語教育

まずは、桐蔭学園中学英語教育からみていきましょう。

桐蔭学園中学は、帰国生が英語を充分と学べるように、一般生とは別の2年次までの帰国生クラスを設けています。

英語の帰国生クラス

対象とする生徒は、帰国生入試で入った方に限らず希望制でとることができます。

帰国生でも日本人学校出身者であるため、英語がそれほどできない生徒は、一般クラスに入ることができます。

具体的にどのような授業をするのでしょうか。

  • ネイティブの教員がオールイングリッシュで指導
  • 週6回の授業のうち、3回はリーディングとライティング、 あとの3回は文法の授業
  • プレゼンテーション、プロジェクト、グループワークなど生徒の参加率が高い授業

オールイングリッシュの英語の授業は帰国生にとってとても大事だと思います。他の帰国生とも授業中は英語を使い、日本語が一切使われない教室で学ぶことにより、英語が上達し、維持もできます。

このクラスに入っている生徒のインタビューでは、「海外にいるような英語の授業」と表現していました。

帰国しても英語は文法もコミュニケーションもしっかり学べるのは重要ですよね。

ちなみに、数学も習熟度別なので、その点でも安心できると思います。

多彩なグローバルイベントや海外研修

桐蔭学園中学のとても楽しそうなアフタースクール活動として、

グローバルラウンジがあります。

グローバルラウンジネイティブの先生と、 ラウンジスタッフといった生徒たちが主体で運営しているものです。

  • 英語のボードゲームで遊ぶ
  • ネイティブの先生と話す
  • クリスマス、ハロウィン、バレンタインの時期にイベントをする

など、楽しいものだけではなく、英検や他の資格の対策もしてくれる場所です。

他の国の文化を学びながら、たくさんのイベントで生徒たちは一般生、帰国生問わず、 楽しく英語を使えるグローバルラウンジに訪れます。

ムービーナイトやランチタイム英語の映画をみながら弁当など昼食を食べるなど、 多くの生徒が利用しています。

ラウンジスタッフである生徒たちは英語でミーティングをし、企画、宣伝、そして当日の運営をしています。

クリスマスやバレンタインでは、飲み物やスナック、そしてアクティビティなどをするので、忙しいですが、英語をたくさん使って運営します。

このグローバルラウンジに訪れるだけではなく、ラウンジスタッフになることにより、 英語を継続的に使い、他の帰国生とも仲良くなれる素晴らしい機会だと思います!

このようなプログラムがあると、受験生も入学するのが楽しみになりますね!

グローバル教育

桐蔭学園中学グローバル教育の一環として、生徒が国際交流をできるようなプログラムも多くあります。

中学3年は全員、

  • 海外語学研修として2週間フィリピン

に行きます。

寮生活をし、英語を身に付けながら、異文化理解が深まるようなプログラムです。 希望制ではなく、全員で2週間も海外に行くのは珍しいですね!

他には、50年もの歴史のある「桐蔭英語村」では、校内で英語を使い、様々な楽しいアクティビティがあります。

語学研修として、ブリティッシュ・ヒルズといった日本にある、まるでイギリスに実際にいったかのようなの学習施設があります。

ここでは、

  1. ネイティブの人とお話をし、英語を使う練習

をします。

もちろん桐蔭学園中学には留学制度もあります。

  • J.Fケネディ大統領の母校であるチョート・ローズマリー・ホールへの1年間長期留学
  • 10週間のディアーディールド・アカデミーへの中期留学
  • 約5週間のクッシング・アカデミーへの短期留学

などがあります。

このようなプログラムがあると、英語を使う経験を忘れずに、モチベーションも上がると思います。

長期留学、中期留学、短期留学先として、今回紹介していない学校もあるので、
ぜひ公式ホームページよりご確認ください!

桐蔭学園中学の大学進学実績

次に、桐蔭学園中学大学進学実績を確認しましょう。

偏差値が55-57である桐蔭学園中学2020年大学合格実績は以下の通りです。

2020年の卒業生数は157名でした。

東京大学5名
京都大学1名
一橋・東工大・旧5帝大12名
早慶上理ICU100名
GMARCH104名
私立大学医学部49名

東京大学に5名合格していますが、全員とも現役の合格です!

また、早慶上理ICUも100人いるというところもとても高い合格実績ですね。

海外大学の合格実績はホームページに記載されていませんが、日本の難関大学に合格している生徒が多いため、しっかりとした教育をしていることが分かりますね。

桐蔭学園中学の受験情報

最後に、桐蔭学園中学受験情報です。入試について見てみましょう。

帰国生入試と、一般入試の英語が問われるものがあったので、その2つを紹介します。

一般入試2科目入試

試験科目:【国語・算数】または【英語・算数】(各科目50分、100点)

*英語の出題レベル:英検3級ほど

*英語の出題形式:論述形式あり

一般入試の2科目入試は英語を選択することができるため、この入試で受験する帰国生も多いです。

帰国生入試

資格:小学1〜6年生の間に1年間海外在住した者

試験科目:【国語・算数】または【英語・算数】(各科目60分、100点)+志望理由書など

*英語の出題レベル:英検3級〜準2級ほど

*英語の出題形式:論述形式あり

帰国生入試一般試験と同じ試験科目ですが、英語の出題レベルと各科目の時間が違います。

帰国生入試の方が英語のレベルが高いため、少し自信がない方は一般入試も検討すると良いと思います。

なお、どちらの入試でも「算数」は必須科目です。日本の受験算数は海外で学んでいるものと違うことが多いので、しっかりとどのような問題なのかを確認し、受験対策をしていく必要があります。

桐蔭学園中学のまとめ

桐蔭学園中学はいかがでしたか?

桐蔭学園中学のハイレベルなオールイングリッシュ授業や、楽しそうなアクティビティ満載のグローバルラウンジ、そしてグローバル教育が体験できる豊富な機会はどれも帰国生には魅力的な環境ですね。

帰国生にとって、特に、英語を維持して向上することが大事なので、この学校では、多くの他の帰国生を交流しながら学べるよい環境だと思います。