MENU
TCK教育通信TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに

この記事を書いた人
Kosuke
ペンネーム:Kosuke University of Durham在籍

父の海外転勤のため、イギリスで幼少期・小学校、日本で小・中学校、アメリカで中学校・高校に通い、19年のうち合計12年を海外で過ごす。帰国によりG11で高校を中退後、現在イギリス・Durham University で経済・国際関係を専攻。

英検1級, SAT 1510, SAT Subject Test Math 2 (800), US History (720), Chemistry (800)

SATを初めて受験したものの、得意のはずのmathが意外とできなくて焦ってしまう

これは、SAT Mathが学校の数学の内容と違うため、多くの人が経験することです。

アメリカの高校では一年ごとに習得テーマが決まっており、Algebra, Geometry, Algebra 2などに分かれています。

一つのテーマに集中できるので学習時は習得率が高いものの、SATの範囲の広さには対応しづらくなります。そのため学校の勉強を頑張っても、なかなかSATの点数は上がりません。

SAT Mathのスコアアップするためには何をすべきかを紹介していきたいと思います!

SAT Math スコアアップのコツ

SAT Mathのスコアアップするためには、まず何をすべきか。それは、SATの出題範囲を全てマスターするより前に、SAT mathの基礎を理解することです。しましょう。具体的には基礎数学単語の習得、文章問題の要点まとめ、グラフ・テーブルの理解ができるようになると全ての問題が解きやすくなります。

基礎数学単語の習得

SATを受ける前に最も重要なことは、英語で基礎数学単語を理解することです。SATに出題される単語数は非常に多く、さらに一つの単語がわからないと問題に全く手が出せなくなります。まずは基礎の数学単語をマスターしましょう。

いきなり「基礎数学単語をマスター」と言われても、「自分で何がわからないかもわからない」ことは多々あります。そこで重要なのが日々の学習からの積み重ねです。普段の現地校数学の授業やSATの過去問を解いている時にわからない数学単語があれば、ノートに記録しましょう。そして、その意味を数式、和訳などなんでもいいので覚えやすく記録しておき、定期的な復習を心がけます。

日本語では分かるけど…というのは多くの日本人が抱える悩みですが、それで点数を落としてしまうのは非常にもったいないことです。基礎数学単語を習得することはSAT対策における基礎であるので、しっかりマスターしましょう。

文章題の解き方・コツ

初めてSATを受けた時、Mathのセクションですら英語力を問うテストのように感じました。日本の複雑な計算問題などはなく、いかに文章を読み解き問いを理解することが重要だと感じました。しかし、日本人受験生の多くは文章を全て理解しようとし、問題の本質を読み取れないことが多々あります。

数学の中でも長い文章題を解くのに苦労する生徒にオススメの解き方は、『文章の要点に印をつけながら読む』ことです。特に数字の周辺は問題を解くために必須の情報が多く、文章の最後に『問い』が明確に書かれていることが多いです。そこで印をつけながら読むことで、『問い』を聞かれた時に重要な情報が一目でわかります。この解き方を用いることにより問題を確実に理解できるだけでなく、手早く正解を導き出せるようになります。

またここでは、情報量が多く問題の本質を読み解くことが難しい問題を解く際、参考までに僕が受験時に使用した攻略法を紹介したいと思います。

文章題の攻略法
  • 文字が何を表すかを探す(文字をまるで囲み、その周辺から何を表すか見つける)
  • 文字の表す内容を大まかなジャンルでいいので書き込む。(例:値段、時間、距離、個数etc.)
  • 『What』の後に続く問題の『問い』を見つける。
  • 『When』と続く場合は、与えられた条件を探す。
文章題の解き方の図

僕がこの方法を使用したのは、長い文章題の中から不必要な内容を除去し『問題の本質を明確にする』ことをしたかったからです。慣れてくると無意識に問題の要点を理解し、考えることなく手早く問題を解けるようになりました。

この解き方が全ての方に合うとは限りませんが、重要なのはいかにして問題の重要点・問いを読み取ることができるかです。文章を理解することよりも、いかに問題を実際に解くことに多く時間が使えるかがSAT Mathのキーポイントになります。

グラフ・テーブルの解き方・コツ

普段の数学ではなかなか使わないにも関わらず、SAT対策に必須なのがグラフ、テーブルの理解です。どちらも長い説明文とともに出てくることが多く、全てを理解しようとすると複雑でとても時間もかかってしまいます。しかし、少し視点を変え、必要な情報のみを読み取れるように意識すると簡単な問題の部類になります。

グラフ問題の攻略

まずは数多く出題される線グラフの基礎を抑えることが大切です。どのような線グラフであっても共通しているのは、『y軸の数値のx軸の数値に伴う変化』を表していることです。SATのグラフは全て軸に、表しているものとその単位が書かれています。そのためその情報さえあれば問題が解けることは多々あります。

次のステップはグラフを把握した上での答えの導き出し方です。長い文章題の中で初めの方はグラフの説明であることが多く、グラフから情報を読み取ることができれば不必要な情報です。そのため、グラフの文章題は最初から『最後から問題を読み、問いを素早く読み取る』ことをオススメします。問いを理解できれば、あとは単純作業で、問いで説明されている箇所を見つけるだけで答えを導き出せます

グラフ攻略の図

テーブル問題の攻略

SATに出題されるテーブルが示すものは、『全体がどのようにそれぞれの分類に分布されているか』です。まず基礎としては、最上部、最左部に分類のテーマが表示され、その次に詳しい分類が書かれています。右列、下列にはそれぞれの分類の合計が示され、右下には全体の合計が示されています。

そこで、どのような問題が問われるかというと『全体の割合から、その分類特定する』場合と『ある分類の全体における割合を特定する』場合がほとんどです。たくさんの数字が並ぶテーブルから答えを導き出すのは一見難しく見えますが、複雑な計算が必要ない問題が多いです。

こで、テーブルの問題を解くために必須なのが割合を求めることです。どのような問題でも割合の分子になる数字は下図で青に囲まれた範囲、分母になる数字は赤線の引かれたところです。それを理解した上で『問い』に取りかかると簡単に解けるはずです。

テーブル攻略の図

あとは模擬試験(Practice Test)で実践演習

上記の1-3までを全て習得したら、次に重要なのが実戦練習です。いくら問題の解き方が頭に入っていても、それを試験に活用できるとは限りません。

しかし、過去問をひたすら解くなど、がむしゃらに練習問題を解くことはお勧めしません。重要なのは「しっかりと学習したスキルを活用できているか確認しながら解くこと」です。

1回問題を解いた後、間違えてしまった問題、難しかった問題は時間をかけて復習しましょう。考えながら復習することにより自分にあった解き方、時間配分の仕方や問題の傾向などが見えてくるはずです。

現地校の数学が得意という生徒が多い中、SAT mathになるとスコアをなかなか伸ばせないことは多々あることです。ですが、思うような点数が取れない時ほど伸びしろは大きいものです。

まずは上記の1−3をしっかりとマスターし、自分にあった問題の解き方を見つけて点数アップを目指しましょう。

お問い合わせ