海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめにー公文国際について

公文国際学園中学・高等学校(以後、公文国際)は、制服も校則もない!自由と権利を尊重する学校です。

6年間、教わるだけでなく主体的に学び向上していく力を養う、子どもたちの可能性を最大限に伸ばすような、国際的視点を持った学校です。

今回は、公文国際

  • 学校生活
  • 進学実績
  • 受験情報

についてまとめて紹介していきます!

公文国際の学校生活

まずは、公文国際学校生活についてみていきましょう。

公文国際では、スモールステップで自学自習を進める公文式学習を取り入れ、高度な自学自習力を育てることに力を入れています。日本国内だけではなく、海外からも個性豊かな生徒が集まっているそうです。

3ゾーン制

公文国際の特徴一つとして、下の3ゾーン制で6年間の一貫教育を分けて捉えることを導入しています。

  • イエローゾーン(中学1年〜2年)
  • グリーンゾーン(中学3年〜高校1年)
  • ブルーゾーン(高校2年〜3年)

イエロー「基礎期」グリーン「充実期ブルー「発展期」を表し、それぞれの校舎や責任者を中心により効果的な教育が実現されています。

自由と自律

公文国際には、自分で考えて行動する力を身につけてもらうため、校則はありません。

>え、心配ですか?

大丈夫です。その基本方針を理解した上で校風を守るための生徒憲章があり、そこでは権利に伴う責任が求められていることが示されています。「何をしてもいい」のではなく、「何をしたらいいのか」が6年間の教育を通して身につけられるでしょう。

寮生活

学校の敷地内にある男子寮・女子寮では日本全国・海外から集まった生徒が共に生活をしており、自立・自律だけでなく、国際社会で必要な他者を認め理解する精神が養われます。

中学1年では希望制で通学する生徒にも4ヶ月の「寮体験プログラム」が用意されており、担当のスタッフのサポートの下、

  • 生活
  • 学習
  • 自治
  • 行事

を通して生活習慣・学習習慣が確立され、幅広い視野・責任感が生まれていきます。

英語授業

帰国受験生がやはり気になるのは、英語授業でしょう。 公文国際には、さまざまな英語のキャリアを持つ生徒が集まるため、中学1年から少人数多展開授業を行い、そのキャリアに合わせた授業を行なっています。

また、英語に自信のある生徒は中学3年からフランス語・ドイツ語を学習することができるなど、やる気があれば部活や習い事と両立させながらも学年を超えて学習することができるのが公文式の利点だそうです。

国際教育

国際教育の一環で、公文国際は世界各国で行われる模擬国連に年2〜3回参加しています。実際に参加するのは選抜された10名ほどですが、学年関係なく誰でも参加できる校内の模擬国連や準備プログラムを通し、帰国生かどうかは関係なく活躍しています。

そのほかにも、国際理解に繋がる

  • 国際理解DAYS
  • カナダへの語学研修
  • 留学生を通した国際交流

を通してプレゼン発表や講演会TOEFL等の英語能力検定試験の受検が行われています。

様々な方法で国際教育がなされていることがわかりますね。

学力も個性も伸ばしたいだけ伸ばせる、それが公文国際。

公文国際の掲げる自学自習・自立・自律の精神を学んだ生徒の学びはこの6年間だけには収まらず、グローバルな視点を合わせて世界で活躍することができるでしょう。

公文国際の大学進学実績

次に、公文国際大学進学実績をチェックしてみます。

公文国際の生徒たちの卒業後の進路も気になりますよね。以下の大学合格実績をご覧ください。

2019年度卒 149名

国公立40名
上智早慶100名
GMARCH87名
関関同立6名
その他私立207名
海外大学11名

以上のデータを見ると、海外大学を志望する生徒が比較的多くいるように感じます。もし高校卒業後に海外へ戻りたい方がいれば、公文国際には大きなチャンスがありそうですね!

他にも卒業生の30%近くが国公立へ合格していたり、難関私立大学へ進む生徒がいたりと、幅広い進路が用意されていることが伺えます。

公文国際の帰国生の受験情報

最後に、公文国際帰国生受験情報を確認しておきましょう。

公文国際A入試・B入試の他、帰国生入試も行なっています。 募集は男女計10名。受験資格は国内インターナショナルスクールへ1年以上在籍の者も含まれています。

試験科目

  • 適性検査
  • 英語
  • 面接

面接は10分程度ととても長いわけではありませんが、この短い時間で何を伝えられるかが鍵になってきそうですね。

帰国生として英語はなんとしても良い点と取りたいところですが、帰国生やインター出身者が大勢集まる中、日常会話だけでない、受験英語をいかに習得できるかに対策が集約されそうです。

全日程インターネット出願のため、受験勉強は海外にいながらすることは可能です。

>TCK Workshopの完全オンライン個別指導では、多くの帰国入試経験者が自ら講師となり行なっています。体験談や失敗談が、これから公文国際を受験する生徒の拠り所となるよう手助けします!

公文国際のまとめ

公文国際はいかがでしたか?

さて、ここまで公文国際の学校生活や大学進学実績、受験情報を見てきました。

中高一貫した6年間、この学校での充実した生活はとても魅力的ですし、お子様にもここで大きな成長と遂げてもらいたいですよね。

しかし、この教育法を徹底させた公文国際は、中等部での転編入試験を行なっていることはあるものの高等部からの入学はできません。

決めるなら今、小学校卒業のタイミングです。

もちろん受験という壁はお子様にとってもご家族にとってもストレスになりかねません。

TCK Workshopでは、インターネットとパソコンがあれば、帰国生一人一人に合った個別指導が可能で、英検1級までのオンライン個別指導も行っております。

  • どのような受験対策がいいのか。
  • どの時期から入試の対策をしたほうがいいのか。

弊社のプロ講師陣と一緒に、お子様の受験合格のためのプランを考えましょう!


お気軽に下記の無料相談フォームから、お問い合わせください。

夏休み
準備
夏期講習特別割引中!こちらをクリック!