はじめに

帰国子女受験を考えている皆様の中に、

  • 「一応帰国子女だけど、帰国子女枠にカウントされるかわからない」
  • 「何年住むと帰国子女枠で受験できるの?」

などとモヤモヤしている方は多いかと思います。

今回は帰国生を受け入れている高校の出願資格についてまとめましたので、ぜひお読みください!

出願資格

帰国生受験の出願資格は学校によって違います。しかし、ほとんどの帰国生受験では以下のことを出願資格に記載しています。

  1. 何年海外に住んだことがあるのか
  2. 帰国後何年経っているか
  3. どのような学校に通っていたか
  4. 英検などの資格を持っているか

です。これらの情報を手元に持っていると、高校の募集要項を見たときに、受験する資格があるかないかすぐわかるので、便利ですよ!

何年海外に住んだことがあるのか

海外在住何年かはほとんどの帰国生入試の募集要項に規定されています。

また、多くの高校は海外在住継続1年以上を条件にしていますが、それ以上求める学校もあります。

もう一つ大事な点は、継続して1年以上か通算して何年以上かなどです。通常、継続して1年以上海外在住していないと資格がないことが多いです。以下を参考にしてください。

海外在住年数学校
海外在住1年以上和洋九段高校、文大杉並高校、聖徳学園高校、東京女子学園、江戸川女子高校、三田国際、昭和学院高校、中村高校、郁文館グローバル高等学校、大妻嵐山高等学校、淑徳高等学校、淑徳巣鴨高校、順天高校、玉川学園高校、桐朋女子高等学校、品川エトワール女子高等学校、実践学園中学・高等学校など
海外在住2年以上聖心女子学院、昌平高等学校、成蹊高等学校など

帰国後何年経っているか

海外在住年数だけではなく、帰国してから何年経っているのかも多くの帰国生入試で出願資格に記載されています。幼少期など海外に住んでいた方は対象外になってしまうかもしれないので、気をつけましょう。基本的には、帰国後、あまり年数が経っていないほうが受験しやすいです!

多くの高校では、帰国後3年以内を条件にしていますが、それより長いものも、短い高校もあります。

帰国後年数学校
帰国後3年以内和洋九段高校、文大杉並高校、東京女子学園、江戸川女子高校、三田国際、郁文館グローバル高等学校、淑徳高等学校、淑徳巣鴨高校、順天高校、玉川学園高校、品川エトワール女子高等学校、実践学園中学高等学校など
帰国後4年以内西大和学園、昌平高等学校など
帰国後1年以内慶応義塾女子高校など

受験したい学校の帰国後何年以内が帰国生入試を受けることができるか確認しましょう!

どのような学校に通っていたか

海外に住んでいても、現地校インターナショナルスクール、日本人学校、など様々な種類の学校がありますよね。多くの場合、海外のどのような学校でも出願資格があるとされます。しかし、日本人学校に通っていた生徒を対象としない帰国生枠もあるのでしっかりと確認しましょう。

また、出願資格には直接関係していませんが、気をつけなければいけないのは、帰国生として英語力を求められる入試だったり、入学後、英語を重視するコースに入ることもあることです。また、学校によって、英語の代わりに国語を選べたり、フランス語、ドイツ語などを選択することができる高校もあります。

外国語で受験できる学校:

  • 大妻嵐山高等学校 (面接のみ)
  • 桐朋女子中学校・高等学校 (作文はフランス語・ドイツ語・英語から選択可)

など

英検などの資格を持っているか

英検何級を取得していることを条件にする学校もあります。

また、出願資格とまではいきませんが、取得していると英語のテストが免除されたり、100点になることもあるので、やはり英検を持っていると、とても役立ちます!英検だけではなく、TOEFLなども対象になることが多いので、受験すると便利です。

英検などの資格が使える高校:

  • 聖徳学園高校 (英検2級以上)
  • 文大杉並高校 (英検準1級以上は満点)
  • 広尾学園高等学校 (英検2級以上国際生入学試験の条件)

その他

上記の4つの点を確認したら大体の高校では十分です。しかし、他には、帰国後、保護者と一緒に住むことを条件とする学校や、通学時間90分以内とする学校などもあります。そのため、出願資格は学校それぞれに違うので、しっかりと確認して受験しましょう。

また、出願資格を満たしてなくても、受験できる場合もあります。その時は、諦めずに、各学校にご相談してみてください!

まとめ

いかがでしたか?

今回の高校受験、帰国生枠の出願資格について、少しモヤモヤが消えたらいいなと思います!

  1. 海外在住年数
  2. 帰国後何年
  3. 学校の種類
  4. 英検等の資格

の4点をおさえておくといいでしょう!