海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに

約30ヶ国より、327名の帰国生 (2019年度) が在籍している立命館宇治高等学校は、「国際教育を推進する新しい国際型中高一貫校」です。

立命館宇治高等学校には、インテグレイテッド・グローバル・コース (IG)、イマージョン・コース (IM)、そして国際バカロレア・コース (IB)があります。

今回は、帰国生が多い立命館宇治高等学校の

  • IMコース
  • IBコース
  • 大学合格実績
  • 入試

について紹介していきたいと思います!

IMコース

立命館宇治高等学校のIMコース (イマージョン・コース)とは、留学とイマージョン、で英語力を高め、海外大学なども視野に入れたコースです。

イマージョンとは、英語を学ぶのではなく、英語で何か科目を学ぶということです。そのため、IMコースでは、入学時から徐々に英語で授業を受けるようにしています。実技科目の一部を英語にしたり、週7時間ある英語の授業以外にも英語に毎日触れられるようなコースです。

IMコースの生徒は全員1年間の留学をします!スケジュールとしては、1年次から2年次に、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアの高校に留学します。現地の高校に通うことで、英語力はとても早いスピードで身につき、様々な貴重な体験をすることができます。留学後は、IMコースかIGコースが選択することができるそうです。帰国後も英語で授業を受けたい方はIMコース、そうでない方はIGコースに入ります。

帰国後、国語以外の教科は英語で行われるIMコースはとても魅力的ですよね!

英語力にこだわっているIMコースでは、全体的の英語力やTOEFLスコアなども上がりますし、留学にも行けるので、とても素敵なコースですよね!帰国後、英語を維持・向上したい方には向いています!

IBコース

IBコース英語力、知力、探究心を育てるコースです。帰国生や国内のインターナショナルスクールに通っていた生徒がIBコースに多く集まり、英語力が高い環境にいることができます。

IBコースは英語を基本言語とするコースです。そのため、入学時から、国語以外の授業は全て英語で行われます。ディスカッション重視の学習環境で、毎日英語を使って帰国後も英語の向上ができるようなコースですね。

IBのディプロマを持っていると、海外大学にもとても役立つので魅力的ですよね!

英語力だけではなく、日本語力や第二言語も身に付くコースとなっています。日本語の授業は標準レベルと上級レベルがあるので、自分のレベルにあった授業で学べるのは良いですよね!また、第二言語もIBプログラムに入っているので、言語力は上がりそうです!

大学合格実績

次に、立命館宇治高等学校の大学合格実績をみてみましょう。

2021年3月卒業

立命館大学 (学内進学)311名
立命館アジア太平洋大学 (学内進学)5名
国内他大学47名
海外大学3名

やはりほとんどの生徒が立命館大学へ学内進学していますね。立命館大学の中では、経営学部が一番多くの生徒が進学しており、次には法学部、そして産業社会学部です。また、もう一つの学内進学として立命館アジア太平洋大学に5名合格していますね。そのうち4名はアジア太平洋学部、1名は国際経営学部に進学しています。

学内進学以外にも、国内大学や海外大学に進学しています。国内大学は、

  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 国際基督教大学

など、難関私立大学に合格しています。海外大学はアメリカのカリフォルニア大学デービス校やカナダのトロント大学に合格しているので、とても良い実績ですね!

2020年の卒業生は21名海外大学に進学しているので、これからさらに伸びる可能性があります!

入試

最後に、立命館宇治高等学校の帰国生入試についてです。今回はIMコースとIBコースをメインに紹介したので、どのような入試かみてみましょう!また、推薦入試と専願があるのですが、専願の帰国生入試をまとめます。

帰国生入試 IM コース (専願)

資格海外在住1年6ヶ月以上、英検準2級以上の資格を持っている者 (中2以降)
A方式入試科目小論文 (日本語または英語115分)、面接 (保護者1名同伴)
B方式入試科目国語、数学、英語、面接 (保護者1名同伴)

資格に、英検準2級以上と書いてあるので、受験していない方は必ず必要です。

試験では、A方式とB方式がありますね。小論文は、日本語の場合1000-1200字、英語の場合は550-800語の小論文となります。英語が得意な方は、英語を選択して出すのも良いと思います!

IMコースは、

  • 香港
  • 上海
  • シンガポール
  • ロンドン
  • ニューヨーク
  • 立命館宇治高等学校

を試験会場としているので、自分に近い場所で受験することができますね!

また、11月入試と2月入試がありますが、入試科目は同じです。11月と2月に同じ方式で受験することはできませんが、違う方式だとどちらも出願できるそうです。

帰国生入試 IB コース (専願)

資格海外在住1年6ヶ月以上
入試科目小論文 (英語70分)、数学 (英語45分)、個人面接 (英語、保護者1名同伴)

IB入試は全て英語で行われますね。小論文は出題も回答も英語で行われ、550-800語を書く試験となっています。数学も英語、面接も英語なので、英語が得意な帰国生を募集しているのがわかります。海外在住年数が短かったり、日本語で数学を学んだ方などは特に受験対策が必要そうです。

IB入試も同じく11月と2月に入試があります。また、シンガポール、ロンドン、ニューヨーク、そして立命館宇治高等学校が試験会場としてあげられています。

入試以外に、出願書類として、IBコースは英語資格証明書を提出するのが条件となっています。英検やTOEFL、TOEICなど英語資格を持っていない方は必ず出願時までに受験してください。高いスコアを目指して頑張りましょう!

まとめ

立命館宇治高等学校のIMコースとIBコースいかがでしたか?

多くの帰国生は帰国後、英語力を維持・向上できるような学校を選びますよね。立命館宇治高等学校は英語教育に力を入れている学校であり、帰国生におすすめできる学校です。

IMコースの入試では、小論文または国語と数学の対策が必要そうです。特に小論文は第三者の目を通して、添削してもらうことで確実に上手くなります!また、海外が長かった場合、日本の国語や数学の対策もしっかりする必要があります。

IBコースの入試は全て英語で行われるので、英語の小論文の書き方、英語の数学はどのようなものかを確認して受験しましょう。

TCK Workshopでは、インターネットとコンピューターさえあれば、帰国生にぴったりな個別指導が可能になります。

今回取り上げているSAT受験も含む、帰国生に教える経験が豊富な講師が、補習校では学べない受験対策を日本語で教えてくれます。経験豊富なプロ講師や帰国生入試を経験した学生講師があなたのお悩み解決をお手伝いいたします。

  • どのような受験対策がいいのか。
  • どの時期から入試の対策をしたほうがいいのか。

弊社のプロ講師陣と一緒に、お子様の受験合格のためのプランを考えましょう!


お気軽に下記の無料相談フォームから、お問い合わせください。

夏休み
準備
夏期講習特別割引中!こちらをクリック!