海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに

GMARCHのAを代表する青山学院大学は帰国生にも人気な大学です。青山学院高等部は1997年から帰国生を受け入れているのです!

帰国生枠で大学受験をする場合、TOEFLの点数が必要なことが多くなってきます。

今回は青山学院大学に入学するために、

  • 帰国生が受験可能な学部・学科
  • 出願資格
  • 必要なTOEFL iBTスコア
  • 試験

について紹介していきます!

帰国生が受験可能な学部・学科

まず初めに、青山学院大学に帰国生として受験したい方は受験可能な学部と学科をよく確認しましょう。

(2022年度) 帰国生として受験することができるのは、

  • [文学部] 日本文学科
  • [法学部] ヒューマンライツ学科
  • [国際政治経済学部] 国際政治学科、国際経済学科、国際コミュニケーション学科
  • [理工学部] 物理科学科、数理サイエンス学科、化学・生命科学科、電気電子工学科、機械創造工学科、経営システム工学科、情報テクノロジー学科

です。法学部のヒューマンライツ学科は「2022年4月設置届出中。法学部ヒューマンライツ学科に関する内容はすべて予定です。」と書いてあるので、詳細はよく確認してみてください。

また、今回紹介している学部以外でも、海外在住したことがあることを条件としている学部もあるので、上記の4学部以外にも可能性はあります!

帰国生の出願資格

受験したくても出願資格がなければ意味がないですよね。詳細は募集要項をご確認していただきたいですが、今回は簡単にまとめます。

各学部・学科によって違うのですが、以下が出願資格としてあげられているものです。青山学院大学では帰国生を「海外就学経験者」としているので、そのワードに注目して募集要項などをみるとわかりやすいです。

出願資格
  • 海外の高等学校 (10-12年生)に継続2年以上在籍した者
  • 海外の教育を受けた期間が中学校課程以上 (7~12年生)で通算3年以上の者
  • 海外の教育を受けた期間が小学校課程以上 (1~6年生)で通算4年以上の者
  • 国際バカロレアの資格を有する者
  • [ドイツ] アビトゥア資格を有する者
  • [フランス] バカロレア資格を有する者
  • などなど

結構広い範囲で帰国生を定義していますね!出願資格では、海外の高校に通った方のみでなく、日本の高校でも中学校や小学校で海外に住んだことがあるなら出願することができます。学部によって違うので、志望する学部の出願資格をしっかりと確認しましょう。

問い合わせをしたい方は青山学院大学の入学広報部入試課あてにFAXする必要があります。期限があるので、心配な方は早めに相談しましょう。

学部別に必要なTOEFL iBT点数

受験可能な学部・学科、そして出願資格を知った上で、必要なTOEFL iBTの点数を見てみましょう。TOEFLの有効期限は2年なので、もし2年以上過ぎている方がいたら、もう一度受験しましょう。

  • [文学部] 日本文学科:
    提出不要
  • [法学部] ヒューマンライツ学科:
    79点以上 (英語以外の言語の資格を持っている場合はTOEFL iBT 61点以上)
  • [国際政治経済学部] 国際政治学科、国際経済学科、国際コミュニケーション学科:
    79点以上 (英語以外の言語の資格を持っている場合はTOEFL iBT 61点以上)
  • [理工学部] 物理科学科、数理サイエンス学科、化学・生命科学科、電気電子工学科、機械創造工学科、経営システム工学科、情報テクノロジー学科:
    OEFL iBTまたはIELTS提出必要だが、必要な点数は設定していない

いかがですか?自分の点数を持っている方は確認し、まだ受けたことがない方は目標設定の参考にしてみてください。

法学部か国際政治経済学部に出願する場合、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語、中国語の資格を持っていると、英語のTOEFL点数が少し低くても出願することができます。各言語での受け入れられている資格や点数はよく確認してください。

また、こちらはあくまでも出願するために必要な「下限」であるので、もちろんそれを上回る点数が必要です。高い点数を目指して頑張りましょう!

入試試験について

TOEFLの高い点数を活用して受験するとき、入試の試験も気になるかと思います。参考までに紹介します!

  • [文学部] 日本文学科:
    日本語・日本文学 (古典含む)、面接
  • [法学部] ヒューマンライツ学科:
    小論文、面接
  • [国際政治経済学部] 国際政治学科、国際経済学科、国際コミュニケーション学科:
    小論文 (日本語)、面接 (英語での質疑含む)
  • [理工学部] 物理科学科、数理サイエンス学科、化学・生命科学科、電気電子工学科、機械創造工学科、経営システム工学科、情報テクノロジー学科:
    数学、理科 (物理または化学選択ただし物理科学科は物理のみ、化学・生命科学科は化学のみ) 、面接

文系学部ではTOEFLで点数をとりながら、日本語の勉強もしっかりしましょう!小論文の書き方や対策するのは一人ではなく、必ず第三者の目を通して対策することが一番効果的です。

理系の場合はTOEFLに加え、専攻する分野をしっかりと対策しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

青山学院大学に必要なTOEFLのスコア、どのような試験があり、何の対策が必要か参考になったかと思います!

全体的に見ると、60から70を下限に設定しているので、目指すのは80以上ほどにすると良いかと思います。

TOEFLの対策や小論文の対策は、一人で努力するだけではなく、プロフェッショナルと一緒に効率的に大学受験の対策をするのがベストです!

TCK Workshopでは、インターネットとコンピューターさえあれば、帰国生にぴったりな個別指導が可能になります。

今回取り上げているSAT受験も含む、帰国生に教える経験が豊富な講師が、補習校では学べない受験対策を日本語で教えてくれます。経験豊富なプロ講師や帰国生入試を経験した学生講師があなたのお悩み解決をお手伝いいたします。

  • どのような受験対策がいいのか。
  • どの時期から入試の対策をしたほうがいいのか。

弊社のプロ講師陣と一緒に、お子様の受験合格のためのプランを考えましょう!


お気軽に下記の無料相談フォームから、お問い合わせください。

夏休み
準備
夏期講習特別割引中!こちらをクリック!