はじめに

広島叡智学園中学校・高等学校は2019年4月に開校した全寮制の中高一貫校です。

「社会の持続的な平和と発展に向け、世界中のどこにおいても地域や世界の『よりよい未来』を創造できるリーダーを育成する」ことをビジョンにしています。

今回は大崎上島にある広島叡智学園中学校・高等学校の

  • 中学校の英語教育
  • 高校の英語教育
  • 入試について

について紹介していきます!

中学の英語教育

広島叡智学園中学校の英語教育は「授業」「放課後活動」で英語力に力を入れています。

英語の授業は、聞く、書く、読む、話す、やりとりの5つの技能をバランスよく身につけるために学習します。

日常会話で英語コミュニケーションを行えるように練習するに加え、それ以上の能力が求められる論文や議論でもアカデミックな英語力を身につけます。

中学校の生徒は毎年自分のレベルの英語検定を受験します。毎年英語検定を行うことにより、合格してもしなくても、自分のレベルがどの程度なのかが確認できるのでとても素敵ですよね!

放課後活動としては、英語を使ったフィールドワークや実験などを実施しているみたいです。このような科学系だけではなく、スポーツでも英語のコミュニケーション力をアップしていきます。世界のスポーツを楽しくしながら、英語で作戦会議するのはとても面白そうですよね!

理科、体育、数学などに英語が取り入れられているので、英語に触れることが多い学校です!

他には、

  • マンツーマンのオンライン英会話
  • 英語の本を読んでクイズを答える

など、アカデミックな英語力と日常会話の英語がバランスよく身につきます。

高校の英語教育

広島叡智学園高等学校では英語と日本語の両方を使うような教育を行なっています。コミュニケーション力に加え、「主体性を発揮できる能力」も身につけるために、なんと全ての授業を英語で受講することができるのです!

広島叡智学園は国際バカロレア (IB)の11-16歳を対象としているミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)を導入しており、2021年5月に16-19歳を対象としているディプロマ・プログラム (DP)の認定校にもなりました。

そのため、11-19歳を含む中学から高校の6年間、IB教育を受けることができます。中学1年生から高校3年生までにMYPとDPを履修できるのは公立で全国初らしいです!

全ての授業を英語で受けることができるので、日本語が苦手な方でも、入学することができますし、英語力をさらに向上させたい方にはとてもおすすめできます。

また、日本語を全く使わないという学校ではないので、日本語力も身につけることができ、バイリンガルな人材が育つ環境になっています。

学校の雰囲気がよくわかる動画があるので、下記の動画をぜひご覧ください!

入試について

最後に、広島叡智学園中学校・高等学校の入試についてです。中学と高校の受験をそれぞれ紹介します。詳しくは募集要項を確認してください。

中学校

第一次選抜

試験適性検査A (45分)、適性検査B (45分)、集団面接
実施教科国語、数学、英語

第二次選抜

内容2泊3日の共同生活 (グループによる活動、コミュニケーション力、他者との協力)
流れオリエンテーション、グループワーク、面接、振り返り (文章)

第二次選抜の2泊3日はとても珍しいですよね!全寮制の学校なので、

  • そのような環境や生活で問題がないか
  • 他者とのチームワークはできるか

が見れらそうですね。

受験対策として学ぶことは難しいですが、第一選抜をまずは乗り越えて考えてみてください。第一選抜では国語、数学、英語が出題されます。

募集要項では以下が書かれています。

  • 「適性検査A:資料から情報を読み取り,条件等に従って筋道を立てて考え,推論する。 適性検査B 資料を多面的に解釈し,経験や知識と結び付けて発想・考察する。」

資料をうまく読み取る必要がありますね。

高等学校

資格海外の学校での修学期間が5年以上ある者。
第一次選抜書類審査:志望理由書、成績証明書、数学及び理科に関するレポート、英語に関する語学力の証明書
第二次選抜面接、口頭試問 (数学及び理科に関するレポートに基づいた口頭試問)

高校の受験では、「外国人等生徒を対象にした入学者選抜」といった形式で帰国生は扱われます。日本国籍でも海外の学校での修学期間が5年以上ある者は「外国人等生徒」に含まれるので見逃さないようにご注意してください。

入学者選抜の書類や試験は全て英語で実施されるみたいです。入学後、英語で授業を受けることになるので、英語に苦手意識を持っておらず、英語に自信がある方に向いているでしょう。もしまだ英検などの資格を持っていない場合は、すぐに受験して出願するようにしましょう!

まとめ

いかがでしたか?

広島叡智学園中学校・高等学校では英語を毎日使うので、帰国しても英語力を向上することができますね!

2019年に開校したため、まだ大学合格実績はまだ出ていませんが、IB認定校であるため、海外大学合格者も期待できそうです!