MENU
海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに

この記事を書いた人
Akari
ペンネーム:Akari 慶應義塾大学在籍

父の海外転勤をきっかけに、高校2年春から渡英。初めての海外滞在で、英語もままならぬ中、無謀と思われたが、周りの方々の支えを受けながら、IB Diploma 43点を取得。TCK Workshopでオンライン学生家庭教師として主に中高生の指導に携わる。

IB Diploma 43点、英検1級、TOEFLiBT 101点

Curriculum Guideは、通称シラバスという名で親しまれているものです。

シラバスには、IB生であれば必ず知らなければならない情報が詰め込まれており、これをきっちりと読み込むことで十分高得点を狙うことができるようになります!今回は、シラバスについて徹底的に解説をします。

IB生にとってのバイブルが「Curriculum Guide(シラバス)」

Curriculum Guideは、科目ごとにIBOが公式に出版しているもので、その科目に関して2年間で履修すべきことや最終試験の概要などが全て掲載されています。下記の画像のような青い表紙のものですね。

これを読めば、その科目におけるIBOが目指しているもの全てが分かる、まさにIB生にとってはバイブル的な存在のものです。

表紙には「First Examinations 〇〇(年号)」の文字があり、このシラバスがいつから適用されているものかが一目で分かるようになっています。シラバスは、それぞれの科目ごとに数年に一度改訂されることがあるので、常に最新版を確認することが大切です。

つまり、過去問を参照する際は、この年以降のものが全く同じシラバスから出題されているということになります。

Curriculum Guide(シラバス)でチェックすべき4つのこと

時に100ページにも及ぶCurriculum Guideですが、一体どこを注目して読むべきなのでしょうか?

もちろん一通り目を通すことは大切なのですが、中でも必見の4箇所をピックアップし、実際に私はどう使っていたのかをお伝えします。(例としてGroup 3 EconomicsのCurriculum Guideを参照したので、他の科目では若干内容が異なる可能性があります。)

Syllabus Content

このセクションは、その科目を履修する生徒が2年間のIB課程で学ぶべき内容が全て記載されています。表は大きくSLとHLに分かれていて、レベルによる履修範囲の違いも一目でわかるようになっています。

Syllabus Contentの使い方
  • Syllabus Contentをすべて印刷する
  • 一つの単元を履修する度に「・」で記載されている内容が理解/実践できるかを確認する
  • 最終試験前は、このSyllabusに沿って一つ一つ、自分の理解に抜け漏れがないかを確認しながら勉強を進めていく

Assessment Outline

このセクションは、その科目において、生徒が2年間で受けなければならない試験がまとめて記載されています。

試験は、External Assessment(最終試験)とInternal Assessment(学校で授業期間中に仕上げる提出課題、通称IA)に分かれています。SLとHLで受ける試験やその内容も異なるので、自分が選択しているレベルの欄を参照するように注意しましょう。

また、ここでは、最終スコアにおける試験の重み付け(Weighting)が明記されています。もちろん重み付けが低いから手を抜いていい、というわけではありませんが、重み付けの高いものを優先的に対策することも戦略としては取り得ますね。

Assessment Outlineの使い方
  • 自分が受ける試験の内容、時間、点数配分を確認する
  • MOCK(模擬試験)前には必ず確認する
  • MOCKでの点数を実際に計算してPredicted Grade(予想される最終スコア)を概算し、どの部分をもっと伸ばすべきなのかを客観視する

Assessment Markbands / Criteria

このセクションは、それぞれのAssessmentごとに「どの内容で何点もらえるか」が記載されています。

IBの場合は、該当するLevelに応じて、点数が割り振られる仕組みになっているので、課題や答案を作成する際からCriteriaを意識することで、常に満点の回答の要素を頭に入れておくことができます。

External Assessmentの場合はIBOが、Internal Assessmentの場合は学校の担当の先生が、この評価基準に沿って点数をつけることになります。

Assessment Markbands / Criteriaの使い方
  • IAやPast Paperに取り組んだら自分の答案がどの位置にいるかを採点する。自己判断できない場合は、友人や先生に判断してもらう
  • 答案にどの内容を足せば上のLevel に乗ることができるか・同じLevelでも高い点数を狙えるかを把握し、次回の答案作成に生かす

Glossary of Command Terms

まるで最後まで読んだ人にだけ与えられるような特典のようにしてあらわれるCommand Termsの一覧。しかし、これが点数を左右する、と言っても過言ではない、実はとても大事なものです。

そもそも、Command Termsとは、試験問題において「問題を解く生徒に何をして欲しいか」を示す、動詞群をさします。これは、英語が母国語でない日本人にとっては、特に各単語の違いがわかりにくいところでもあるので、きちんと解釈できていることが重要です。

Glossary of Command Termsの使い方
  • わからない動詞があれば、必ず辞書で意味を調べ、さらに問題を解くにあたって「どんなことをしなければならないか」を明確にしておく
  • Past Paperなどに取り組んだあとは、自分がこのCommand Termの指示に沿って回答が書けているかを確認する

まとめ:試験対策のためにはCurriculum Guide(シラバス)を徹底チェック!

今回はIB生にとってのバイブルとも言える、試験概要がすべてわかるCurriculum Guideについて徹底的に解説しました。

  • Exam対策はとにかくCurriculum Guide(シラバス)を徹底チェック!
  • 「Syllabus Content」「Assessment Outline」「Assessment Markbands / Criteria」「Glossary of Command Terms」の4つを読み込む!
  • 特に「Assessment Markbands / Criteria」と「Glossary of Command Terms」は重要!
  • 第二言語が英語の場合は「Glossary of Command Terms」をきちんと理解しよう!

最終試験直前だけでなく、日々の学習からこのシラバスを参照することによって、より効率的に高得点を狙うための戦略を立てることができるはずです!これは必要だな、と思ってくれた皆さん、今すぐ自分の履修科目ガイドを見てみましょう!

皆さんのIBライフがより素敵なものになりますように。

お問い合わせ