海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに

芝浦工業大学附属中学校は、2021年4月より共学化され、新しいカリキュラムで進化しました。

100年近い歴史を持ち、偏差値が53である芝浦工業大学附属中学では、STEAM教育とグローバル教育に力を入れています。

「理系」ではなく「理工系」にこだわっている芝浦工業大学附属中学校は、実験、企業とのコラボ、大学の先生による学び、ロボット製作、などを豊富に経験でき、学べる学校です。

「理工系教育」に興味がある方は多いのではないでしょうか。

そこで、芝浦工業大学附属中学校の、英語の授業、グローバル教育に加え、高校での留学機会や、大学進学実績、入試方法についてみてみましょう。

芝浦大学付属中学校について

まずはじめに、芝浦工業大学附属中学校での

  • 英語の授業
  • グローバル教育

についてお伝えします。

英語教育について

芝浦工業大学附属中学校では、3つの言語が強くなる教育をしています。

それは、日本語、英語、コンピューター言語です。

  • 日本語で論理的にコミュニケーションをとる。
  • 英語でグローバルを体験し、世界で活躍する。
  • コンピューター言語で、仕組みを理解し、開発する。

そのため、英語を身につけることに重視しています。

英語の授業では、帰国生と一般生は同じクラスで勉強します。具体的には、

英語コア4時間/週
英語コミュニケーション少人数制の分割授業で4技能を伸ばす
2時間/週

となっています。

グローバル教育について

芝浦工業大学附属中学校の生徒は、中学3年で全員が2週間ホームステイをします。

2020年に予定されている場所は、

  • ワシントン州・シアトル
  • ユタ州・ソルトレイクシティ
  • ユタ州・セントジョージ
  • コロラド州・デンバー

の4つのコースです。

この中の1つを選択し、現地の人との交流、博物館見学、トレッキング、などといった楽しいアクティビティを通して生徒たちはグローバルな価値観や精神力を身につけます。

各コースの詳細を知りたい方は学校のパンフレットなどの情報で詳しく見てみてください!

芝浦大学附属高等学校について

芝浦工業大学付属中学校に入学した後、海外の多様な経験や学びを続けたいですよね。

この学校は高校でもそのような機会がとても多くあります。具体的には、

  • 海外体験プログラム
  • 英語SUPERコース

がありますので、そちらを紹介します。

海外体験プログラム

芝浦工業大学付属では、中学の海外体験に加え、高校でも多くの海外体験プログラムがあります。希望者は、

  • ニュージーランドSEE プログラム(高1:2週間ホームステイ)
  • セブ島IT&英会話研修(高3:2週間合宿)

そして早期推薦合格者は、

  • 早期推薦社短期留学(高3:3ヶ月アメリカ・カナダなど)

などといった海外体験の機会がたくさんあるのです。

英語SUPERコース

芝浦工業大学付属の高等学校でのこの「英語SUPERコース」,は、英語に対する意欲と能力が高い生徒が選抜された少人数のクラスです。

ネイティブの方と日本人の教師による、コミュニケーション重視の授業です。

このコースに選抜された生徒は、

  • 芝浦工業大学大学院の英語授業に参加
  • 芝浦工業大学の留学生との交流
  • 2泊3日のイングリッシュキャンプ

に参加します。

このようなコースや海外体験を中学や高校でしたい方には、とても魅力的な学校です!

芝浦大学附属高等学校の大学進学実績について

続いては、大学進学実績についてです。

芝浦工業大学へ推薦進学する生徒はもちろん、他大学ではどのような大学へ進学しているのか、みてみましょう。

芝浦工業大学への進学

推薦で芝浦工業大学へ進学する生徒は、2020年では、

工学部46名
システム理工学部21名
デザイン工学部8名
建築学部22名

でした。卒業生総数の220名に対して、44.1% 約4割が芝浦工業大学に進学していることがわかります。

芝浦工業大学は理工系単科のトップ大学であるため、進学を目指す生徒は日々努力する必要があります。

推薦されるために必要なのは以下の3つです。

  • 高校3年間の成績(特に数学や理科重視)
  • 英検準2級とTOEFL Jr.のスコア
  • 校内推薦試験

この3つの良い成績に加え、人物評価校長面接を通過することによって、推薦が決定されます。

国内大学への進学

あとの6割の生徒はどのような大学に進学しているのでしょうか?引き続き2020年の結果では、

国公立大学17名
早慶上智ICU37名(現役29名)
GMARCH56名(現役43名)

という結果でした。

芝浦工業大学以外の大学でも、多くの合格者が出ています。

芝浦工業大学にない学部に興味がある方や、より上を目指す方でも、この学校で身につく「理工系教育」は活用できるということがわかります。

芝浦工業大学付属中学校の受験情報について

中学受験の帰国生入試は、以下の通り、芝浦工業大学会場シンガポール会場の2つがあります。

海外在住
帰国生入試
内容
定員男女5名
受験資格2年以上海外の学校、出願時点で海外在住or帰国後2年以内
試験科目国語、算数、日本語面接(保護者1名同伴)
シンガポール
会場入試
内容
定員男女5名
受験資格連続して1.5年以上海外の学校、出願時点で海外在住
試験科目算数、日本語面接(*保護者一人同伴)

テストがどのようなレベルかを知りたい方は、公開されている過去問や、解説動画をご参照ください。

過去問を見ると分かる通り、どの試験でも「算数」が必要になります。

「受験算数」は、日本語補習校や日本語学校に通っていても、基本的には学ぶことができないため、受験算数の知識や対策が絶対に必要です。

  • 「近くに受験に対応できる塾がない…」
  • 「どんなテキストを使って勉強すればいいかわからない…」

など、海外にいながら受験勉強をするのは大変です。

海外での受験勉強にお悩みの場合は、ぜひお気軽にわたしたちにご相談下さい!

一緒に学校選びや、合格するためのプランを考えましょう。

まとめ

中学では珍しいホームステイ機会や、徹底したグローバル教育など、芝浦工業大学附属中学校は帰国生にとって、海外での貴重な学びを続けられる学校だと思います。

また、理工系教育に力をいれているため、芝浦工業大学附属中学は、入学後の数学や理科の授業の進むスピードがはやいのも特徴です。

そのため、中学受験の時点からの対策が入学後のためにも、非常に大切です。

TCK Workshopでは、インターネットとコンピューターさえあれば、帰国生にぴったりな個別指導が可能になります。

帰国生に教える経験が豊富な講師が、補習校では学べない受験対策を日本語で教えてくれます。

経験豊富なプロ講師や帰国生入試を経験した学生講師があなたのお悩み解決をお手伝いいたします。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!
プロ講師が無料で学習相談に対応致します。

お問い合わせ