海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに-玉川学園中学について

玉川学園中学校 (以後、玉川学園中学)は、年間204名を海外に派遣し、135名の海外の生徒を受け入れています。それに加え、約75%が海外研修に参加するといった、国際性豊かな学校です。

また、2005年に国際規模の私立学校連携正式メンバー校として日本で初めて認定されました。

このように、玉川学園はとても国際教育に力を入れており、多くの海外大学合格者や、高い英語力を持つ生徒を育成しています。

今回は、玉川学園中学

  • 英語教育
  • IBプログラム
  • 大学合格実績
  • 帰国受験情報

についてまとめましたので、ぜひ読んでみてください。

玉川学園中学の英語教育

はじめに、玉川学園中学の一般の英語教育の特徴である、EFLプログラム習熟度別授業についてです。

IBのカリキュラムとは別なので、IBについて知りたい方は、次のセクションにまとめてあります。

ELF プログラム

English as Lingua Franca(ELF)とは、英語が母国語ではない人にする英語教育であり、玉川学園中学の英語教員はネイティブスピーカーにこだわらず、国籍が多様であり、マルチリンガルな教員もいます。

そのような先生に英語を学ぶことにより、異文化に触れられるに加え、英語の様々な発音や、第二言語として学ぶ経験を持っている先生の単語の覚え方や思考法が身につきます。

習熟度別授業(英語以外も!)

玉川学園中学の7・8年生(中学1年・2年)になると、英語の授業は習熟度別の3クラスに分けられます。

  • SA: Special Advanced
  • A: Advanced
  • B: Basic

上記の3種類であり、クラスによって外国人教員による授業の割合が変わってきます。

このような点はもしIBプログラムではなく、こちらの一般クラスに入る帰国生にとってはとても大事な点だと思います。

習熟度別になっている事により、英語力が落ちずに、維持できるのは安心ですよね。

また、もう一点嬉しいことは、玉川学園中学の英語の授業以外にも、数学と国語も習熟度別授業であることです!

カリキュラムとして、中学1、2年生は習熟度別授業で英語、国語、数学があり、中学3年になると、国語はなくなり、英語と数学が習熟度別授業になります。

帰国生にとって、日本の国語と数学に対して苦手意識を持っている方は多いかと思います。

このように習熟度に対応されていればと、焦らずにしっかりと勉強できると思います。

玉川学園中学のバイリンガルな生徒を育てるIBプログラム

玉川学園中学は一般のカリキュラムとは別に、IBプログラムもあります。

IBとは、国際バカロレアのことであり、国際的な場面で活躍できる人材を育てる教育プログラムです。

IBは50年以上の歴史があり、世界中ではもちろん、日本でも最近多くの学校で導入しはじめられているプログラムです。

玉川学園中学IBプログラムでは、主要教科は全て英語、実技教科(国語、音楽、体育、北京語)は日本語で行われます。

英語を伸ばしたいためにIBプログラムを目指す生徒も多く、帰国生にとってバイリンガルな教育はとても魅力的だと思います。

5段階の英語クラス分けがされていますので、自分にあったレベルで学べます。

高い英語力についていけるか不安な方は、English Morning Supportというものもあります。

英語力だけではなく、日本語にもサポートが必要な生徒は、朝に教員と一緒に予習・復習ができます。また、放課後のStudy Hallでも、テストの成績が低かった生徒に対してアカデミックサポートがあります。

保護者は英語ができなくても連絡や問い合わせは日本語で行われるため、その点も心配はいりません。逆に英語の方が良いと思う方も、英語で対応してくれるそうです。

IBクラスは一般のクラスより授業時間が多く、家庭学習なども多いので、生徒のキャパシティーが必要です。

英語力をあげたい、海外大学を目指したい、そして学習面でチャレンジしたいという方は、IBプログラムがオススメです。

玉川学園中学の大学合格実績

玉川学園中学 大学合格実績です。

玉川大学76名
国公立大学8名
早慶上理ICU29名
GMARCH43名
医歯薬系
看護系大学
13名
海外大学23名

玉川大学もあるので、4年生大学に進学する生徒のうち、4割が玉川大学に進学します。

10年生から12年生までのGPAが3.0以上の生徒が内部内部進学できます。

また、やはり海外大学に合格している生徒がとても多く、IB教育の力が明らかですね。

IBクラス2018-2020年大学合格実績を見ると、合計40名が海外の大学に合格しており、国内の大学も63名合格しています。

玉川学園中学の受験情報

最後に、玉川学園中学の入試についてです。帰国生入試で受ける事によって、IBプログラムに入ることができます。

IBを希望しない方は、一般入試の英語型入試がありますので、チェックしてみてください。

帰国生入試(IB)

資格海外在住1年以上、帰国後3年以内
試験科目【国語または英語】(50分)・算数(50分)・理科+社会(30分)・面接(保護者同伴)
補足・国語以外、全て英語で実施

国語以外の、算数、理科+社会のテストがすべて「英語」で行われるというのが、特徴的ですね。

普通の受験勉強だけでは、対策としては甘いかもしれません。

英語型入試(一般入試2科)

試験科目英語・国語、または英語・算数(各50分)

英語型入試では国語か算数の受験対策が必要でしょう。

理科+社会のサンプル問題は掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

玉川学園中学のまとめ

玉川学園中学はいかがでしたか?

玉川学園中学英語教育、IBプログラム、そして海外大学合格実績が高いなど、帰国生にとって魅力的な点が多かったと思います!

この学校で勉強がしたいと思った方は、受験対策が必要です。帰国生入試では英語による出題なので、その対策と、英語型入試では、国語、算数の対策が大事です。

TCK Workshopでは、インターネットとコンピューターさえあれば、帰国生にぴったりな個別指導が可能になります。

帰国生に教える経験が豊富な講師が、補習校では学べない受験対策を日本語で教えてくれます。

経験豊富なプロ講師や帰国生入試を経験した学生講師があなたのお悩み解決をお手伝いいたします。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!
プロ講師が無料で学習相談に対応致します。

お問い合わせ