海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめにー暁星国際学園中学について

暁星国際学園中学1989年に日本初イマージョン教育を開始した学校です。そのため、英語教育に力を入れており、実際には、中・高等学校全校生徒の454名のうち、249名が準2級以上をすでに取得しています。準1級以上は102名と、とても多くの生徒が高い英語力を持っています

1997年から海外帰国生の受け入れ校として、個人にあった4つのコースで生徒を育成しています。

今回は海外帰国生受け入れ校、暁星国際学園中学

  • 4つのコース
  • 大学合格実績
  • 入試情報

についてまとめましたので、最後までお読みください!

暁星国際学園中学の4つのコース

まずはじめに、暁星国際学園中学4つのコースについてみていきます。暁星国際学園中学は以下の4つのコースがあります。

  • 特進・進学コース (Higher Grade Course)
  • ヨハネ研究の森コース (St. John Laboratory School)
  • アストラインターナショナルコース (Astra International Course)
  • インターナショナルコース (International Course)

一つ一つ簡単に紹介しますが、帰国生が特に気になるであろう、アストラインターナショナルコースインターナショナルコースについては詳しくまとめました!

特進・進学コース (Higher Grade Course)

「新時代に対応できる、高度な思考力を育成する」ために、生徒の進路に合わせた指導をしています。難関公立大学からGMARCHや医大など幅広い進路に対応しています。

英語教育にも力を入れており、しっかりと4技能が身につくようになんと週12時間英語の授業があります!その半分はネイティブスピーカーの教員が週6時間英語を教えます。

ヨハネ研究の森コース (St. John Laboratory School)

このコースは

  • コミュニケーション力
  • 論理的思考力
  • 創造力
  • 問題解決能力

を身につけ、グローバル社会で活躍できるような生徒を育成するコースです。

教員と生徒が同じ立場で学び、講義の形ではなく、「ゼミ」を中心に学習をします。

もう一つの特徴として、ヨハネ研究の森全寮制であるため、様々な人と交流することができ、自律する力も身につきます。

アストラインターナショナルコース (Astra International Course)

アストラインターナショナルコーススポーツと語学教育に力を入れているコースです。スポーツを通して精神的・肉体的な成長を促し、語学力やコミュニケーション力も身につけます。

語学力に力を入れているこのコースも特進コースと同様、週に12時間も英語の授業があります!ネイティブの教員がカリキュラムを用意し、生きた英語を身につけるために多くの授業料を設けています。英語をさらに磨きたい方、スポーツに力を入れたい方にはぴったりですね!

このコースの生徒は、

  • 国立大学
  • 私立上位大学のスポーツ推薦
  • AO入試

など、多様な進学実績があります。

インターナショナルコース (International Course)

最後に、インターナショナルコースはバイリンガルな生徒を育成するために、様々なことをしています。帰国生にはとてもおすすめできるコースです!

このコースでは、英語と日本語どちらも利用して勉強します。そのため、教科によって言語が変わります英語、社会、数学、理科、道徳の授業は全て英語で行われます!

他の国語、体育、芸術、家庭科は日本語で指導されます。国語以外の主要科目が全て英語で行われるのは帰国生にとってとても嬉しいことだと思います!!海外に住んでいた時と同じように、言語の壁を感じずに学習できますし、多くの授業が英語なので、帰国後英語力が落ちるのを心配する必要はないですね!

また、インターナショナルコース帰国生が多いため、帰国生の悩みや不安などを理解しています。英語の維持・向上以外にも、国語の授業や学校行事を通して日本人としてのアイデンティティを養うように配慮しているそうです。古文、漢文、現代文は全て少人数制で学びます。

インターナショナルコースの生徒は国際系学部を目指す生徒が多いです。そのため、出願に役立つ

  • 英検
  • TOEFL
  • SAT

のスコアを取得するための環境も整っています。

主要科目が英語で行われ、国語もしっかりと身につく、SATや英検などの取得なども対応してくれる、とても魅力的な点が多いコースだと思います!また、帰国生や英語ができる生徒と一緒に学校生活を送ることで、とても良いコミュニティが作れますね。

暁星国際学園中学の大学進学実績

次に、暁星国際中学大学合格実績をみてみましょう。2020年は卒業生が124名いました。

2020年卒業生数124名

旧帝大3名
国公立大学12名
医歯薬系6名
早慶上理ICU26名
GMARCH9名
海外大学2名

旧帝大に3名合格していますね!東京大学に1名、北海道大学に2名合格しています。また、早慶上理ICUも実績がありますね。

海外大学に2名、具体的にはCanadaのUniversity of Western Ontario と York University に合格しています。海外大学への合格実績があると、海外大学進学という将来の選択肢が広がりますよね!

暁星国際学園中学の入試情報

最後に、暁星国際学園中学入試情報について確認しておきましょう。中学入試では特進進学コースインターナショナルコースを募集していますので、いずれかを選択して出願してください。帰国生入試という形はとっておらず、主に2科目か1科目で受験します。

2科筆記試験

試験科目2科目【国語または英語・算数】各50分
面接

こちらの試験は国語か英語を選ぶことができます。また、算数の試験では、日本語表記、英語表記どちらかを選択することもできるので、英語で算数を学んだ方は英語で受験することができます!

1科筆記試験

試験科目1科目【国語・算数・理科・社会・英語】60分
面接

*インターナショナルコースは英語の面接

5つの科目から1科目を選択して受験する入試です。自分が一番得意な科目を選択することができるのは魅力的ですね!例えば、帰国生で英語が得意な方でインターナショナルコース希望者は、英語の1教科と英語の面接を受けるという形になると思います。

どの入試が自分に一番あっているのかを確認し、受験対策を練ることが大事になってきます。

暁星国際学園中学のまとめ

暁星国際学園中学はいかがでしたか?

暁星国際学園中学の4つのコース、特にインターナショナルコースをみてきました。

国内でインターナショナルスクールみたいに英語で授業を受けながら、日本語の学習もしっかりできるのは帰国生にとってとても魅力的なコースだと思います!

暁星国際学園中学に入学したいと思った方は、受験対策をする必要があります。どの入試が一番自分の力を発揮できるのか、どのように勉強すれば良いのかを考えるのはプロの指導が大事になります。

TCK Workshop では、英検1級までのオンライン個別指導を行っており、日本語・英語での受験対策が可能な講師が多く在籍しています。

  • どのような受験対策がいいのか。
  • どの時期から入試の対策をしたほうがいいのか。

弊社のプロ講師陣と一緒に、お子様の受験合格のためのプランを考えましょう!


お気軽に下記の無料相談フォームから、お問い合わせください。

夏休み
準備
夏期講習特別割引中!こちらをクリック!