イギリスに留学をしたり、イギリスの大学へ進学する際、願書などを準備する時に避けて通れないのが【パーソナルステートメント】(Personal Statement) です。学校の成績や特別な試験以外でしっかりと評価される大事な書類となっています。

似たような成績の受験生が二人いたとしたら、パーソナルステートメントを読んで、より魅力的だと感じた生徒を取ることもあるくらい、受験、入試課程にとって大切なものなので、しっかりと書くべきポイントを抑えていきたいですね

今回この記事では、以下の3点についてご紹介します!

パーソナルステートメントについての紹介
  • パーソナルステートメントとは?
  • パーソナルステートメントに書くべきポイント
  • 実際にパーソナルステートメントを書く時のアドバイス

パーソナルステートメントとは?

パーソナルステートメントはイギリスなどの大学に出願する際に提出する書類のひとつです。

主にUCASという大学受験システムを通じて用意するものですが、イギリスの大学に留学する際に、パーソナルステートメントを用意するケースもあります。

パーソナルステートメントでは、以下の3つを軸に4,000 wordsほどの文章を作成します。

パーソナルステートメントの3つの軸
  1. イギリスの大学で何を学びたいかなぜそれを学びたいのか
  2. 学んでからその知識と経験をどのように活用していきたいのか
  3. (単願で書いているなら)なぜその大学でないといけないか

自分がどのような候補生で、どのような経験をしてきて、どのような学びを求めているのか、をしっかりとアピールする場なので、無駄な話やできるだけ削って、「自分を知ってもらう」ことに特化した文章にしていきたいですね!

パーソナルステートメントに書くべきポイント

次に、パーソナルステートメントを書く際に、絶対に抑えておきたいポイントを紹介します!

学びたい学問に興味をもったきっかけについて

まず書くべきことは、自分が志望する学部・学科に興味を持ったきっかけや、その勉強に対して感じているモチベーションなどについてです。

自分がどのような理由で、なんでこういう勉強がしたいのかをしっかりと書いて、学びに対して意欲的であることをアピールします。

志望している学校で、どのようにその学びが叶うのか、具体的な授業・コースの名前などを挙げながら説明するのもいいでしょう

すでにある知識や、独学で学んだことなどを話に盛り込んで「この知識をさらに深めたいんだ」というアプローチも、自分から勉強を進めていることをアピールできるので、オススメです。

学校で今楽しいと感じている学びについて

大学、もしくは留学先でこれから学びたいことと合わせて、今学校で楽しいと感じている勉強について書くこともオススメします。

この先やりたい学びにつながる勉強を、今どのようにして取り組んで進めているかということを説明し、どのような気付きを得たか、話題に挙げます。

ここで自分の分析力、クリティカル・シンキングをアピールすることで、ただ学ぶだけではなく、そこから自分の経験値に繋げることができている証明ができますね。

学校での学びも楽しいけれど、もっと学問や経験を深めたい、という意欲的な態度をアピールできると、なお良いでしょう!

この先どんな仕事がしたいかについて

大学進学、もしくは留学の期間を終えてから、どのような学びを続けたいか、どのような仕事に繋げたいか、という将来への展望について述べることも、とても重要です。

明確な目標があったり、将来のために○○の勉強を今進めていて、それをもっと深めるためにこの留学プランに参加したいです!といった、読み手の心を掴む内容をしっかりと抑えておくことがカギとなってきます。

しかし、嘘は絶対にいけないので、もしこのような目標などがなくても、無理に作り上げないように!

それっぽい話を作ったとしても、面接などがある場合、その話について聞かれた時にしどろもどろになってしまうのは印象が悪いですよね?

明確な目標がなくても、例えば「もっと視野を広げて、さまざまなことを感じたい」や、憧れや理想に惹かれて大きなことに挑戦したいなど、自分の性格や「らしさ」が滲み出るような理由でも大丈夫です!とにかく誠実に、真っ直ぐに理由や希望などを書くことを意識してください。

学生生活の中で一貫して取り組んできたことについて

最後に、今いる環境で取り組んでいること――部活動、同好会、趣味、習い事などがあれば、それをぜひ書いてみてください。

注意点としては、ひとつ以上の習い事がある場合は、書く時の話に一貫性を持たせること!

例えば、楽器とスポーツの習い事に取り組んでいた場合の悪い書き方と良い書き方を、下にまとめてみました。

悪い書き方

「ピアノをやっていました。サッカーも最近始めてみました。」

良い書き方

「習い事で5年続けていたピアノのレッスンを通して、集中力と、課題曲を繰り返し練習する忍耐力を身につけることができました。これは高校に入ってから新しく始めたサッカーの活動にも通じていて、関係のないような二つの活動も、取り組む時の姿勢や、本質は変わらないということに気付くことができました。」

話の流れを上手く作ることで、自分がさまざまな知識を幅広いジャンルで活用し、応用することができる姿をアピールできます。

国際バカロレアの生徒だったら、ここでLearner Profileにもある”Reflective”の特徴を発揮できますね!自分のやってきたことを振り返ってみて、「そういえばあの経験はここにも生かされているな」「この経験とあの経験って案外似てるのかも…?」と気付くようなことがあれば、それをぜひパーソナルステートメントにも盛り込んでみてください!

実際にパーソナルステートメントを書く時のアドバイス

パーソナルステートメントの文章で書くべきことをさらったあとは、実際に書く時のコツやアドバイスを紹介します!

時間をかけて書く!

まず大事なことは、書く時に焦らないことです。

短い時間で慌てて書いた文章は、ミスも多くなりますし自分でも書きながら思い出せないことも多くなると思います

時間をかけてゆっくりと執筆したり、家族や友達とも話し合いをして、「あの時のことを書いてみたら?」「あなたはこういうところが長所だと思うよ!」など、アピールできそうなポイントを人に聞きながら書くことを、まずオススメします!

イギリスへの留学用のパーソナルステートメントだったら、学校の先生にも見てもらいながら、なるべく早めの段階から準備をしましょう!

ポジティブなことを書く!

これも大事なポイントです!

せっかく受験・留学用のパーソナルステートメントを書くのなら、わざわざマイナスなイメージを与えるような言葉、表現は避けましょう。

特に狭い合格枠を争っているのなら、パーソナルステートメントを読んで「この人の方が魅力的だな」と思わせたいですよね?

英語のフレーズだったら、”achieved”, “developed”, “learned”, “discovered”, “fascinated”, “enthusiasm”など、ポジティブな印象を与える言葉を、意識して織り込むことをオススメします!

素直に書く!

先ほども少しだけ話題に挙げましたが、素直に書くことがやはり一番です。

「少し話を盛りたいな…」「本当はもっと地味なことだったんだけどな…」となることもあると思いますが、そこはグッと堪えて素直に、ありのまま書くことを意識しましょう。

実際に起こったこと、体験したことの話を派手にするよりも、そこからreflect、振り返って考えてみて、どういう感想や考察ができるかを考える方が、パーソナルステートメントにとっては良い選択となってきます。

例えば、「生徒会に入ってはいたけど、会長や副会長のような偉い立場じゃなくてずっと下っ端だったな…」という経験でも、「リーダーの人柄を間近で見ることができて、役職がないからこそさまざまなイベントにバランスよく参加・手伝うことができて、総合的に見て良い経験になった」という話に繋げることができます。

自分が「下っ端」と感じていても、見方次第ではいろいろな仕事に幅広く携わることができる立場、とも言えます。【ポジティブなことを書く】のアドバイスにも通じることですが、パーソナルステートメントに書くエピソードはできるだけ素直に、ありのままを書いてみましょう!

何度か音読をしてみる!

「書く」ことに集中していると、それを初めて読む人がどう受け止めるか、読み進めにくくないだろうか、ということが見えづらくなってきます。

そんな時にオススメなのが、一度書き上げたものを音読してみることです!

声に出して読んでみることで、誤字脱字はもちろん、文章と文章、段落と段落のつなぎや流れ (flow) の悪さなどに気付くことができます。

ずっと書いていると自分の頭で勝手に間違えたところを補完していたりするので、一晩置いて、まず音読をしてみてください!

書くときに意識すべきこと・おすすめ
  • アピールできそうなポイントを人に聞きながら書いてみよう!
  • ポジティブな印象を与える言葉を、意識して織り込むようにしよう!
  • できるだけありのままのこと書くように意識しよう!
  • 一度書き上げたものを音読してみよう!

まとめ

いかがでしたか?

パーソナルステートメントの文字・ページ・行数制限は、大学入学用・留学用とで変わってくることがあるので、そこはまず学校側にしっかりと確認を取って、時間に余裕を持って取り組んでいきたいですね。

しかし英語に自信がなかったりすると、どこから書き出せばいいのか分からなかったり、不安は尽きないかと思います。

TCK  Workshopでは、IB対策も含めたオンライン個別指導を行なっており、日本語・英語でのサポートが可能な講師が多く在籍しています。

弊社のプロ講師陣と一緒に、IB対策をしっかり取っていきましょう!