はじめに

桐光学園中学校・高等学校は、神奈川県川崎市にある中高一貫校です。

他者との関わりの中で自己を高め、失敗を恐れず、失敗から学べるような生徒の育成に力を入れています。

特に、海外への修学旅行・語学研修プログラム、キャリア教育、大学訪問授業、ICT教育などには意欲的で、学習する生徒がどのように主体的・計画的に取り組み、自己を高めていくのか、という教育目標にもとづいたプログラムが組まれています。

50近くものクラブ活動があったり、それぞれの生徒の希望に合わせた進路指導や学習支援なども用意されていて、お子さんの成長も期待できます!

新型コロナウイルスの影響で学校説明会の頻度や、キャンパス見学の機会も減る中、情報集めやお子さんの学習支援に関して不安を抱える方も多いかと思います。

今回は、桐光学園高校の

  1. 学校生活
  2. 英語教育
  3. 入試情報

についてご紹介していきます!

学校生活

桐光学園高校では常に自己を見つめ、社会への貢献や自分のやりたいこと、自己実現について、時間をかけて考え、学びます。

なによりも、勉強に対するモチベーションをどう育てていくか、どうやって「学び」を「好きなこと」に繋げていくか、を重要視している学校です。

この学校では、中高一貫教育をはじめとした学習で、さまざまな勉強の経験ときっかけを通し、一生続けられる「好きなこと」を見つけられるようにサポートしています。

ここでは、桐光学園高校の学習支援や、高等部の特徴について紹介していきます!

学習支援

桐光学園高校では、生徒一人ひとりの学習能力を最大限伸ばすための、丁寧な学習サポートをおこなっています。

ホームルームクラス

各クラスに2名、教員が担任・副担任という形で割り当てられ、日々、生徒とコミュニケーションをしっかりとっていきます。女子クラスには、必ず担任・副担任のどちらかを女性教員が担当しますので、そこも安心できるポイントですね!

選択クラス

高校2年次から選択可能な授業です。各クラス10名程度に抑えられていて、強化したい科目や、興味があってもっと知りたい科目を選択し、受講することができます。自分の進路や興味のある分野に合わせて、好きな勉強ができる環境が整っているのも、この学校の魅力のひとつですね。

個別指導

難関大学や、首都圏の国公立大学の受験に対しては、生徒一人ひとりに合わせた個別指導や特別講習を実施しています。小論文講習や、数学の問題様式に合わせた添削講習、外国人講師による自由英作文の添削講習もおこなっています。きめ細やかなサポートを通して、難関の志望大学合格を目指します。

スクールカウンセラー

学習や進路、人間関係など、生徒が抱える不安や悩みの相談を受け、「先生」とは違う立ち位置、視点から、生徒の心のケアをしていきます。

生徒だけではなく、保護者からの相談も受け付けていて、全教員に対してのレクチャーなどもおこなっています。男女一人ずつ、カウンセラーとして臨床心理士が学校に常駐しており、同性だからできる相談、異性だからできる相談、をしっかりできる環境を用意しています。

高等部

高等学校の教育カリキュラムでは、大学受験を視野に入れ、苦手科目を作らないように、教科・科目に偏りのない授業内容を実施しています。

高校1年次は、特進クラスの【SAコース】と【Aコース】に分かれ、さらにその中で、学習進度が異なる桐光学園中学校からの内部進学生徒と、高校入試によって入学した生徒のクラスに分かれて学びます。

SAコース・Aコースと分かれたコースが用意されていますが、両方とも国公立大学の受験を意識した共通のカリキュラムを用いているため、どちらのコースでも高いレベルの授業を受けることができます。

また、高校2年次からはSAコース・Aコースの枠がなくなり、以下の4つのコースに分かれます。

  1. 国公立大学文系を目指す【文Iコース】
  2. 国公立大学理系を目指す【理Iコース】
  3. 私立大学文系を目指す【文IIコース】
  4. 私立大学理系を目指す【理IIコース】

このように、それぞれの受験態勢、志望校に合わせたカリキュラム編成のコースへと進級します。

日頃の学習支援や、生徒一人ひとりの進路希望に合わせたコース分けを通して、生徒の日々の学習と、志望校現役合格をサポートしています!

英語教育

充実した学習支援と高等教育を用意している桐光学園高校ですが、ここの英語教育はどのようなものなのでしょうか?

桐光学園高校では、「世界に眼(まなこ)を開く」という創立者の志のもと、海外への修学旅行、夏休みに行われるホームステイやイートン校サマースクールプログラムへの参加そして各種英語研修を通じ、教育の国際化に取り組んでいます。

イートンカレッジ
サマースクール
高校1・2年生を対象に、3週間の夏期英語研修をおこないます。午前中には授業を受け、午後は郊外に出かけてさまざまなアクティビティを体験します。
カナダホームステイと英語研修高校1・2年生を対象とした、15日間の英語研修です。ホームステイをし、ホストファミリーとの交流を通して、文化・習俗・習慣を実際にしり、日本の文化について改めて考えてみるきっかけとなります。

他にも、桐光学園高校のキャンパスで実施される英語の特別授業をおこなったり、英語の集中サマーキャンプをおこなったりしていて、楽しく英語を学ぶ機会を多く設けています。

海外滞在を終えても、しっかり英語を学び続ける機会があるのは、お子さんにとっても、保護者の方にとっても嬉しいことですね!

大学進学

さて、このような充実した教育環境で学んできた生徒たちは、どのような大学へ進学しているのでしょうか?

桐光学園高校では、毎年多くの国公立大学・早慶上智・MARCH理科大合格者を輩出しています。

大学進学実績

以下は、過去の主な合格大学です。

合格大学

東京大学東京工業大学一橋大学北海道大学早稲田大学
慶應義塾大学上智大学明治大学青山学院大学中央大学

受験生のサポートをするべく、桐光学園高校では学年ごとの進路指導を丁寧におこなっていて、保護者対象の説明会を開いて、教員と保護者間でしっかりコミュニケーションを取ったりしています。

何度も三者面談をおこない、教員・スタッフ・保護者のサポートの元、生徒は最終的な進路を自分で決定していきます。

入試情報

グローバルな、幅広い教育を目指している桐光学園高校ですが、帰国子女入試はどのようなものなのでしょうか?

募集要項

(2021年度の募集要項を参考にしています)

  • 保護者の海外在留に伴う海外在住期間が通年1年以上で、2018年1⽉以降に帰国した者。
  • 入学後、原則として保護者のもとから通学すること。

試験科目

  • 英語 60分
  • 受験者面接(日本語)

帰国子女入試は通常の国語や数学の試験がない代わりに、入試科目は英語のみの入学試験となっています。英文和訳は多くのエッセイ・筆記問題などを中心に出題されているので、自信を持って挑みたいところです。

英語のエッセイが得意でも、受験英語や、なんとなくの訳じゃ通じない英文和訳の問題も、きちんと対策をしないとうまく対応できません。

TCK Workshopであれば、日本と海外、両方のカリキュラムに精通し、高校受験科目の指導経験が豊富な講師がたくさんいます。

もし、桐光学園高校の受験を検討されているのであれば、是非下記の無料相談フォームから気軽にご相談ください!

まとめ

いかがでしたか?

桐光学園高校では、丁寧な学習サポートや高等教育のコース分けを通して、生徒一人ひとりに合った学生生活が送れます。

英語教育や留学・語学研修の機会も充実していて、変化し続けるグローバル社会に取り残されないような生徒として、大きく成長することができます。

しかし、せっかくある充実した語学研修の機会を、100%有効に使いたいのなら、学校の英語教育だけでは絶対に足りません。豊富にある選択肢も、追いつくだけで精いっぱい、だったらそのチャンスをフルに活用したとは言い切れませんね。

受験対策も含め、入学してからも余裕を持って学習ができるように、入学前からしっかりと準備を進めておいたほうがいいかもしれないですね!