海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめにー海城中学について

海城中学校(以後、海城中学)は1891年に創設された男子校であり、テレビ番組「THE名門校」の名門クイズ対決で優勝している海城中学の生徒たちの姿をみたことのある方もいるかと思います。

海城中学対話的なコミュニケーション能力・コラボレーション能力の「新しい人間力」課題設定・解決能力の「新しい学力」を大事にしている学校です。

タイトルのように、東京大学に合格している生徒も多く、とても優秀な学校なイメージがあります。

今回は海城中学

  • 英語教育
  • グローバルプログラム
  • 大学合格実績
  • 帰国受験情報

についてまとめましたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

海城中学の英語教育

海城中学では、英語の4技能をしっかりと身に付けるために、中学1年は週に6時間中学2年は7時間ほどの英語の勉強をしています。

異文化理解も自国の理解も大事にしており、英語の授業は帰国生と一般生が同じクラスで授業を受けます。

帰国生が一つのクラスに集まらず、均等に入るように編成をしているそうです。

高校1、2年生全国高等学校生徒英作文コンテスト入賞するなど、高い英語力を持っています。

また、海外大学に進学したいと思っている方には、そのようなサポートをしてくれる中高英語アドバンスト講座というものもあるそうです。

英会話の授業では、帰国生など英語が特にできる生徒に対して、少人数の英語の取り出し授業があります。

英語を話す機会があるという点では、この英会話の取り出し授業で帰国生の英語は維持・向上ができると思います。

しかし、英会話以外の英語の他の授業は取り出し授業ではないため、もし英語の向上をしたい場合は、次に紹介するグローバルプログラムを積極的に参加すると良いですね!

海城中学のグローバルプログラム

次に、海城中学校グローバルプログラムについて、3つ紹介します。

アメリカ研修

中学3年を卒業後、アメリカのバーモント州に1週間ホームステイをするプログラムです。

ホームステイをしながら、セントジョンズベリーアカデミーにホストファミリーの子供と一緒に通学します。

ホストファミリーとアメリカの学校を通うことにより、家でも学校でも英語を使うため、高い英語力がつき、異文化理解もできるようになります。

帰国生でも、アメリカに住んでみたかったなと思う方もいると思います。

そのような生徒にとっても、楽しい、貴重な経験になると思います。

イギリス研修

イギリス研修は高校1年と2年を対象とするホームステイプログラムです。

生徒は2週間、イギリスのモーバンという町で過ごし、現地の先生と交流したり、観光、ホストファミリーとフットボール大会に参加するなど、楽しくイギリスで本場の英語力がつきます。

2019年度イギリス研修の14日間が日記のように掲載されているので、興味のある方は、ぜひ読んでみてください!

イングリッシュキャンプ

イングリッシュキャンプでは、ネイティブの先生と中学2年の生徒らが3泊4日英語漬けで過ごします。

こちらは海外に行かずに実施できるため、他の生徒とも一緒に英語を使いながら、ネイティブ教員と勉強ができます。

英語で演じる短い劇などのアクティビティを通して、生徒たちは英語を学びます。

海城中学の大学合格実績

偏差値が66である海城中学大学合格実績をみてみましょう。

東京大学59名(現役38名)
京都大学9名(現役5名)
一橋大学7名(現役6名)
東京工業大学13名(現役9名)
国公立大学195名(現役131名)
早稲田大学146名(現役97名)
慶應義塾大学118名(現役69名)
GMARCH195名(現役117名)
海外大学1名(現役1名)

東京大学に現役38名も受かっており国公立大学は131名現役で合格している、とてもレベルの高い大学合格実績ですね。

早慶上理は合計288名も合格していますし、海外大学も合格しています。

海外大学に合格したのは1名ですが、その1名がどの大学を受験したか見ると、ハーバード大学に合格しています!!

英語の取り出し授業が少ないにもかかわらず、海外大学の名門学校に合格できていますね。

海城中学では、このような大学に受かる教育を受けられるため、名門大学を受験しようと思っている方は、海城中学に通うと、良い結果が目指せると思います。

海城中学の受験情報

海城中学4科目の一般入試に加え、帰国生入試もあり、帰国生入試では30名を募集しています。

帰国生特別入試(中高一貫・特別選抜クラス)

資格海外在住2年以上、帰国後3年以内
試験科目いずれか選択
A方式 国語(50分)、算数(60分)、面接(10分)
B方式 国語(50分)、算数(60分)、英語(40分)、面接(10分)
補足英語:自由記述の作文問題
英語検定の資格などの加点なし
面接:日本語、受験生のみ。
「生活していた国や地域と日本との違い」について2分程度のスピーチ(日本語)、メモ不可

国内のインターナショナルスクールに通っている方は受験できないので、ご注意ください。

A方式もB方式も国語と算数は同じものが出題されます。

二つの方式の違いとして、英語を入試で使うか使わないかです。

ホームページによると、A方式海外の日本人学校に通っていた生徒や、英語圏ではない国の現地校に通っていた生徒のためにあります。

B方式は、英語圏の現地校やインターナショナルスクールに通っていた生徒を対象とするため、英語が問われます。

また、算数は一般入試の問題とは違うそうです。

A方式では国語と算数は120点分ですが、B方式では、算数120点、国語60点、英語60点なので、B方式を受ける方は特に算数に力を入れて勉強する必要があります。

偏差値も高い学校なので、しっかりと受験対策をしましょう。

海城中学のまとめ

海城中学はいかがでしたか?

海城中学に通っていた生徒の大学合格実績をみた後、受験したいと思った方も多いかと思います。

この学校に受かるためには、絶対に算数の対策が必要です。

A方式でもB方式でも、算数の問題は必ずあり、その点数割合も高いため、受験算数の対策をするのが大事です。

日本の帰国生入試、そして受験算数の対策は海外でもできます。

TCK Workshopでは、オンラインでプロの講師が受験対策の方法を教えてくれます。

TCK Workshopでは、インターネットとコンピューターさえあれば、帰国生にぴったりな個別指導が可能になります。

帰国生に教える経験が豊富な講師が、補習校では学べない受験対策を日本語で教えてくれます。

経験豊富なプロ講師や帰国生入試を経験した学生講師があなたのお悩み解決をお手伝いいたします。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!
プロ講師が無料で学習相談に対応致します。

お問い合わせ