これまで3回にわたってお話ししてきた、帰国子女小論文を始める前に知っておきたいことシリーズですが、今回が最終回、勉強法(アウトプット編)になります。

前回お話ししたインプットと同じかそれ以上に大切なアウトプットの学習ですが、本番は手書きでアウトプットしなければいけないにも関わらず、意外とみなさんがおろそかにしがちな部分でもあります。

「理解できる」「知っている」ことと「出来る」ことには大きな隔たりがあります。理解して満足せずに、自分の手できちんと答案作成が出来るところまで取り組んでみましょう。

どのように勉強すれば良い?〜アウトプット編〜

今回は小論文のアウトプット学習について、覚えておいて欲しい点をいくつかご紹介します。

小論文の出来の9割は「構成」で決まる

小論文を書く際に、まずは知っておいて欲しいことは構成の重要性です。

「小論文の良し悪しの9割は構成段階で決まっている」と言っても過言ではありません。日常的に文章を書くことに慣れていない限り、原稿用紙に向かっていきなり文章を書き出して、1000字近い字数の文章を理路整然と書くことは難しいです。

そのためにもテストが始まったら、まずは文章や設問を正確に理解することに時間を使い、その後、どのような構成で小論文を展開するかを考えることに十分に時間を使いましょう

「序論→本論→結論」という基本の小論文の型を守れているだけでも、それだけで小論文らしくなります。もちろんそれだけでは「良い」小論文とは言えないのですが、実際に生徒様の答案をみていると、小論文の形をなしておらず、作文や感想文のようになってしまっているケースも多く見受けられます。

まずは小論文の「型」を知り、その型通りの答案を作れるようになることが第一歩です。「型」通りに書くことに慣れてきて、論理展開がわかりやすくかけるようになってようやく、自分なりの意見や独創性が評価されるようになります。

内容的に良いことが書かれていても、「型」が守れていない小論文はそれだけで読みづらく、そしてせっかくの良い内容も台無しになってしまいます。

「小論文は構成が9割」とは私はよく生徒さんたちにお伝えしますが、まずは構成のメモを作る段階で、自分自身の論展開を整理し、出来上がったメモだけでも自分の主張内容がわかりやすいかどうか、ということを常に意識しておきましょう。

練習でもきちんと完成答案に仕上げよう

次に大切なことが、「完成答案を仕上げること」です。

冒頭でも伝えたように、学習のどこかの段階で満足してしまって、最後まで答案を仕上げない生徒さんが多くいます。

先ほど構成が9割とはお伝えしましたが、日本語の正確性、表現力、時間配分などまで含めて問われる試験です。きちんと時間制限の中で、自分の考えをまとめ、答案を作成し、自分で見直しをする、というところまで普段の学習でできているかどうかが大切です。

また小論文の学習をする中で困るのが、実際に作った答案の評価です。書いたはいいが、果たしてこれは合格答案になっているのかどうかの判断がつきづらいと思います。こればかりは自分では如何ともしがたい部分ですので、信頼できる第3者にサポートをお願いするようにしましょう

自分ではわかりやすいと思って書いていることが他の人が読むとわかりにくい、というのは往々にしてあることです。先生やご両親などとにかく自分で書いたものを客観的に評価してもらい、改善点を知ること、そしてその改善点を実際に改善してみること、を何度も繰り返しながら、「合格答案」を作成していきましょう。

書き直しを怠る生徒さんも多いですが、10枚の答案を書きっぱなしにするよりも、何度も推敲・修正を加えた「完成答案」を3枚作成する方が、次に活きる学習になります

いきなり改善点なし!という小論文をかける人はそうそうは多くないと思いますので、まずは書いたものを客観的に評価してくれる信頼できる第3者を見つけ、そしてそのあとは「完成答案」を作成するプロセスを繰り返していきましょう。

まとめ

さて4回にわたって、小論文学習を始める前に知っておいて欲しいことをお話ししてきました。今回ご紹介したのはごくごく基本的な内容ではありますが、これから学習を始める人は絶対に意識しておいて欲しい(意識しておくだけで学習の効果が大きく変わってくる)ポイントばかりです。

小論文学習は大学以降の学びにも活かせることの多い学習です。皆様が大学受験小論文を通して、実り多い学びができることを祈っております。

小論文学習においてお悩みの方は、是非弊社講師陣にお任せください。みなさんが「合格答案」を書けるようになるまで、サポートいたします。