帰国子女受験で国内大学の文系学部を志望する生徒様にとって立ちはだかるのが小論文対策

多くの高校生にとって、あまり馴染みのない小論文試験。海外生活が長い生徒さんが、日本語での学びにきちんとついていけるかという能力を確認する意味合いもあるものなので、帰国子女受験においては重要度合いも高い試験と考えられます。

大学によって求められる小論文試験の形式や評価基準も異なりますが、今回は小論文対策をこれから始めようとしているみなさんにとって共通して知っておいて欲しい意識の持ち方や学習法をお伝えしていきたいと思います。

もちろん学習法に「正解」はありません。たくさんある「攻略法」の中から自分にとっての「正解」を見つけ出してもらうことが重要で、本記事がその一つのきっかけになってくれれば幸いです。

小論文が苦手な3つの理由

小論文が苦手、または苦手意識があるという人がよくいう理由には大きく3種類あると私は考えています。

小論文が苦手な理由
  1. 基本的な読解力が欠けている
  2. テーマに関する知識がない
  3. 小論文の書き方を知らない

以上の3点で、自分自身がどの理由に当てはまるのか、あるいは理由の複数に当てはまるのか、現状を把握することで、どのような対策をすべきかも明確になっていきます。余談ですが、どんな対策でも目標があることに対しては正確な現状把握が第一歩ですので、まずは自分がどこに該当するか確認していきましょう。

理由① 基本的な読解力が欠けている

海外での生活が長くなればなるほど、それに比例して日本語の文章には触れなくなるものです。ご家庭で日本語のコミュニケーションが問題なく取れていたとしても、コミュニケーションに必要とされる言語レベルと学術的な言語レベルの間には大きな隔たりがあります。

問題なくコミュニケーションが取れているからと安心していると、いざ小論文対策となった時に書いてある文章の意味がわからない、ということにもなりかねないので、一定レベルの日本語の読解力が備わっているかどうかは定期的に観測しておく必要があります。

一つ目安になるのは、新聞やネットニュースレベルの日本語です。これらは長さも短く、論理展開も容易なものが多いので、このレベルの漢字や語彙レベルで苦労していると小論文対策は難しくなります。

なかなか日本語の文章に触れる機会は多くはないとはいえ、インターネットの普及している今、やりようはたくさんあります。日本語での定期的な読書週間はハードルが高くても、ご家族で共通の記事を読み、それを元に話してみる、くらいの簡単なことからでも、(そうと意識させないように)継続してみるだけでも、長期的な効果は見込めるでしょう。

理由② テーマに関する知識がない

小論文の課題に取り組んでいると、「本文は大方理解した。だけど何を書けばいいかわからない。書くべきアイデアが思いつかない。」という事態に直面する時があります。

もちろん様々なトピックに対して、自分なりの意見やアイデアをさっと述べるというのは大人でも容易ではないので、完璧を目指すと辛くなってしまう部分ではありますが、小論文対策には頻出テーマの理解やそのテーマに対する是非両側面からのある程度のアイデアの蓄積が必要です。(繰り返しますが、完璧を目指す必要はありません。)

特に自分が出願したい学部に関する基礎知識や、帰国子女受験でよく問われるようなトピックについての背景知識などは努力して獲得できるものなので、怠るべきではありません。

事実に基づく具体例や一般的な主張を理解しておくことで、説得力のある文章を書くことができるようになるので、日頃から興味をもち、情報収拾すること、自分なりのネタ帳を作ることを習慣にしていきましょう。

理由③ 小論文の書き方を知らない

最後によくあるのが、「本文理解も、書いてある内容も良い」のに、小論文になっていない、というケースです。

小論文は、問題で設定された(あるいは自ら設定して)論を展開することが求められています。自分の好き勝手に自分の考えを書く試験ではありません。書いてあることは至極真っ当なことだとしても、そもそも要求されていることからずれていれば点数にはなりません。

また大学受験レベルの小論文は字数も限られているので、ある程度構成も似たようなものになってきます。問題文や設問によって論点は制限され、字数制限によってフレームも制限される、というこの仕組みを理解して書けているかどうかで大きく小論文の出来は変わってきます。

上記の点さえ守れれば、小論文らしくなり、あとはアイデアの独創性だったり、論点の深め方を意識していくことでどんどん良い小論文になっていきます。逆に言えば、最低限の小論文は書き方さえ守れば誰でもかけるようになるので、苦手意識を持っている人も、諦めずに学びを継続していきましょう。

まとめ

今回は、小論文が苦手な生徒さんによく見られる理由を3つまとめてみました。自分はこんなところが苦手に感じる、、などあれば是非教えていただけると嬉しいです。

次回以降、上記の苦手な理由も踏まえて、どのように勉強を進めていくべきかをご紹介していこうと思います。ぜひ次回の記事も合わせてお読みください。

小論文学習は大学以降の学びにも活かせることの多い学習です。皆様が大学受験小論文を通して、実り多い学びができることを祈っております。

小論文学習にお悩みの方は、是非弊社講師陣にお任せください。