前回、前々回と小論文が苦手になってしまう理由や実際に帰国子女入試で出題される小論文試験についてお話ししてきました。

今回と次回は具体的に小論文を学習する際に抑えて欲しい学習法についてお話ししていきます。特に小論文学習の際は、インプットとアウトプットのバランスを取りながら進めていくことが重要です。どちらかが欠けてしまっても、成果が出にくくなるので、気をつけましょう。

今回はインプット学習について、具体的にどんな学習をして欲しいかをお伝えしていきます。

どのように勉強すれば良い?〜インプット編〜

まず、帰国子女受験に頻出の小論文のテーマは多岐にわたります。外国人労働者、環境問題、国民性、国内外の比較など、網羅すべきトピックが多すぎて、途方にくれているかもしれません。

ただ、もちろん大学側も受験生に専門的な細かい知識を要求しているわけではないので、何から何まで細かく学習しておくべきということではありません。

あくまで小論文試験は「与えられた資料の内容を理解し、それに基づき自分自身の論をいかに説得力を持つような形で展開できるか」ということが問われる試験なので、どれだけ知識があるかが問われることはありません。

とはいえ、最低限の知識や時事的な問題については知っておいて損はないですし、むしろ自らの論を展開するときに、説得力のある根拠や具体例になったりします。

あくまで自分の論を展開すべき小論文ですが、一般的な事象への理解や言説を知っておくことで「一般的には〜〜〜と考えられているが、私は〜〜〜と考える。」などといったような、譲歩からの再反論に繋げることもできます。

では「どのようにしてインプット学習をすれば良いの…?」ということですが、私のおすすめは以下の3つです。

インプット学習のおすすめの方法3選
  1. 日本の高校の政治経済の教科書
  2. 時事まとめ本
  3. 日頃から国内外のニュースに触れること

日本の高校の政治経済の教科書

特に法学部や経済学部を受験したい生徒さんにとっておすすめなのが、日本の高校の政治経済の教科書です。(別に教科書である必要はありません。参考書などでもOKです。)

政治経済の教科書には、日本の政治や経済に関する基礎的な事実や課題などがよくまとまっており、読み物として一読するレベルでおすすめです。

その中で気になることや知らなかったことを自分なりにまとめてみて、問題に対しては解決策を調べてみるだけでも十分に良い学習になっています。

冒頭でインプットとアウトプットのバランスが大切とお伝えしましたが、こうしてインプット学習する際にも、読んだ記事の内容の要約、自分の感想、(テーマを決めての)意見文の作成をすることを心がけてください。

時事まとめ本

次にやはり小論文の課題では時事的なトピックが出題されることも多いので、最近の時事的な問題がまとまったいわゆるまとめ本を自分のお気に入りの1冊を決めて、目を通しておくと良いでしょう。

よく小論文対策には「毎日本を読もう」などと言われることもありますが、私はあまりおすすめしません。日常的に読書習慣がある場合はまだしも、普段本を読まない生徒様が良い本を選ぶことは難しいでしょうし、そもそも本1冊分の内容は小論文の背景知識習得にはtoo muchです。

もちろん趣味として、自分の時間で様々な本に触れることは大変意味のあることなので、すでに習慣として読書が身についている人はぜひ継続してください。

そうでない場合は、上記のまとめ本を一冊用意して、とにかくまずは1周読み通してみましょう。ポイントはしっかりと読み通すことができそうなものを選ぶこと、ある程度網羅性のたかそうなものを選ぶことです。

とにかくまずは一周通して学習をし、テーマごとに自分の知らないことや気になったことは調べながら、まとめていきましょう。全て網羅的に取り組むことが大切なので、とにかく継続できる方法で学習すべきですが、テーマ別に学んだことや自分の意見をネタ帳にまとめていくと、後から振り返りやすくおすすめです。

日頃から国内外のニュースに触れること

今や世界中どこにいようと日本語でのニュース記事にはアクセスできるようになりました。これを活用しない手はありません。

最近のニュースアプリは自分の趣味趣向に合わせた記事をピックしてくれることが多いですが、分野横断的に、政治や経済、国際問題など幅広くニュース記事を読んでおくことで、実際に起きている事象への理解はもちろん、書いた人の視点を理解したり、自分の賛否を考えたり、と小論文に取り組む際に必要な頭の使い方の練習をすることができます

今日からでもすぐに始められる習慣だと思いますので、何から始めよう、と迷っている人はぜひ取り組んでみてください。

まとめ

今回は、小論文学習の中でも、知識や考え方を学ぶインプット学習について、お話ししてきました。

どんな学習でもそうですが、何より大切なのがとにかく始めて見ること、そして継続すること、です。そのためには無理なくスタートすることが肝心です。いきなり参考書を何冊も準備して「さぁ始めよう!」や、いきなり「塾の夏期講習に申し込んでみよう!」ではなく、まずは今回お伝えしたような身近なところからでも小論文学習はスタートすることが可能なので、とにかく最初の第一歩を踏み出してみてください。

小論文学習は大学以降の学びにも活かせることの多い学習です。皆様が大学受験小論文を通して、実り多い学びができることを祈っております。

小論文学習にお悩みの方は、是非弊社講師陣にお任せください。