はじめにー三田国際学園高校について

三田国際学園高校2015年から共学化した、ICT教育、サイエンス教育、そして特に英語教育が強い学校です。

「国際」が名前に入っている三田国際学園高校は本当に国際的な教育をしているのかみてみましょう。 今回は、英語での教育が強い三田国際学園高校

  1. インターナショナルコース (アドバンスト)
  2. 大学合格実績
  3. 入試情報

について紹介しますので、最後までお読みください!

三田国際学園高校のインターナショナルコース (アドバンスト)

三田国際学園高校には、本科コース (RC)メディカルサイエンステクノロジーコース (MSTC)、そしてインターナショナルコーススタンダード (ICS) とインターナショナルコースアドバンスト (ICA) があります。

最後の入試の説明で詳細を書きますが、高校からの入試はインターナショナルコースアドバンスト (以下ICA) のみの募集となっているため、今回はこのICAの紹介をします。

Dual Diploma Program

インターナショナルコースアドバンストの生徒はDual Diploma Program、つまり、卒業時に三田国際学院高校の卒業資格に加え、オーストラリアの高校卒業資格を取得することができます。西オーストラリア州教育省と連携しているため、高校卒業資格(WACE)を取得します。

日本に学校に通いながら、2つの国の卒業資格をダブルで取れるのは良いですよね! こちらは2021年度から実働予定であるので、とても新しいものです。また、「授業料とは別に、高校3年間で別途23万円程度のプログラム費用がかかります」と書いてあるので、そちらはご注意ください。

海外大学受験に役立つATAR受験

ATARは、オーストラリア大学進学統一検定試験であり、この国際的ランキングスコアを持っていると、海外大学に必要なTOEFLやIELTSの代わりになったり、大学のファウンデーションコースの履修が免除になるなどの特徴があります。

  • TOEFL
  • SAT

検定対策なども行います。

英語・数学・理科・社会はオールイングリッシュ

もう一つICAの大きい特徴として、英語・数学・理科・社会授業が全て英語で行われます。専門分野をもつ先生が英語で教えてくれるので、科目の知識だけではなく、アカデミックな英語力も身に付きます。

Global Education 授業

また、ICAの学生は世界の課題について学ぶGlobal Educationといった授業を受けることができます。ディスカッションプレゼンテーションワークショップを通してグローバル社会の課題や価値観などについて学びます。

海外研修

最後に、高校2年の海外研修では、カナダの名門大学、UBCの学生とサステナビリティとマルチカルチャリズムについてワークショップを行います。他にも、コース関係なく参加できる長期留学短期留学があります。

三田国際学園高校インターナショナルコースアドバンストは本当に魅力的な点が多いですよね!主要科目を英語で学ぶことができたり、ダブルで卒業資格を取得できたり、海外大学受験に役立つATARやSAT, TOEFLの対策 をしてくれたりと、内容も充実しています。

海外での学校生活をもう一度経験してみたい方にとって、三田国際学園高校は色々な可能性を提供してくれるのではないでしょうか。帰国後も英語を維持・向上したい方は、このコースはとてもおすすめです。

三田国際学園高校の大学進学実績

次に、三田国際学園高校大学合格実績をみてみましょう。

2021年に卒業した中学1期生は186名でした。

国公立13名
早慶上理ICU29名
GMARCH66名
医療系学科1名

GMARCHが多く、早慶上理ICU、そして国公立大学の合格者もいますね。海外大学に合格している生徒はどうでしょうか。

海外大学は2018年から2021年の過去4年分がホームページに載っています。どのような大学に合格しているかというと、

  • University of California Berkeley
  • University of California Los Angeles
  • University of Amsterdam
  • National Taiwan University
  • Michigan State University

などであり、アメリカ、イギリス、オランダ、スイス、チェコ、オーストラリア、台湾の様々な大学に合格しています。

三田国際学園高校の入試情報

最後に、三田国際学園高校入試情報を確認しましょう。

三田国際学園高校高校入試では、一般入試、推薦入試の募集を 行っていませんインターナショナルコース(アドバンスト)の国際生入試のみなので、そちらを紹介します。

国際生入試

資格:海外在住1年以上、帰国後3年以内

試験科目

試験科目英語 (60分)
面接 (英語と日本語10分)

英語の試験では、全て英語で出題され、リスニングも含みます。また、本人のみの面接では英語ネイティブインタビューと日本語両方があるので、どちらのスピーキングスキルも対策が必要ですね。

入学後、インターナショナルコースでは海外大学を目指す生徒もおり、主要科目を英語で学ぶため、そのような授業についていけるかがみられると思います。そのため、すでに英語力が高い方を募集しています。受験を考えている方は、英語を得意としていても、英語力をさらに磨いて、受験対策をしっかりとして励みましょう!

三田国際学園高校のまとめ

三田国際学園高校はいかがでしたか?

三田国際学園高校は帰国生にとって嬉しい特徴が山沢山で、同校のインターナショナルコースアドバンストに入りたいと思った方は多いかと思います!

コースの説明でわかるように、授業はオーストラリアのカリキュラムも含んでおり、英語で行われる授業が多いです。そのため、そのような授業についていける生徒を英語の受験で判断されます。今回、高校入試では英語以外の科目は問われないため、英語に集中して対策をしましょう。