海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめに-日大豊山女子中学について

板橋区にある日本大学豊山女子中学校・高等学校は、世界で活躍する

  • 「女子にしばられない」

人材の育成をコンセプトとにしている、日本大学唯一の附属女子校です。

国際交流教育に力を入れている同校では、帰国子女など、様々な価値観や経験を持った生徒の受け入れを今まで以上に推奨しています。

2020年には、英語インタビュー型入試を含む3つの入試方法が新しく設置されました。

帰国子女入試の内容も一新され、英語教育の改革も進んでいるため、海外で身に着けた英語力の維持や、個性を生かした学習が期待できます。

コロナ禍で、インターネット出願や説明会が多くなる中、入試での帰国にあたり、学習面や環境面で心配なことが多いかと思います。

今回は、日本大学豊山女子中学校(以後、日大豊山女子中学)の

  • 英語教育
  • 大学進学実績
  • 入学試験

についてまとめていきたいと思います!

日大豊山女子中学の英語教育

日大豊山女子中学では、「国際交流教育」「キャリア教育」を柱とし、6年間の教育を通してグローバルな視点を養います。

ここでは、英語授業国際交流教育の課外活動などを紹介します。

英語授業

英語の授業は、帰国生は一般生と同じ授業を受講します。

中学1,2年の英語授業では、通常の授業の他に、スピーキングとリスニングを中心とした「英会話クラス」と、ALTと日本語教師のチームティーチングで授業のフォローアップをする「TT クラス」があります。

英会話クラスTTクラスは、一つの授業を二つに分けた少人数制授業のため、グループディスカッションペアワーク自主的に知識をアウトプットすることができます。

中学3年では、高校進学に向け、英語授業では基礎学力や英語の応用力の対策少人数で週3時間行われてます。

また、週に一時間、中学校全学年の生徒がシェーン英会話による英会話教室に参加でき、楽しく英会話を学べます。

他にも、

  • 全学年対象の英検対策 (中学3年時に英検準2級取得)
  • ネイティブ教員との英会話を楽しむイングリッシュルーム・ラウンジ
  • 英語のスピーチコンテスト
  • JETプログラムの英語ネイティブ教員との交流

など、授業外でも英語に触れる機会がたくさんあるため、海外で培った英語力を楽しく維持・向上することができるのではないでしょうか。

国際交流教育

中学1年から様々な国際交流イベントに参加する機会が設けられ、自主的に英語を楽しむ環境づくりが実施されています。

以下は、、日大豊山女子中学の、国際交流イベントの一部です。

林間学校 (中学1年)志賀高原で、英語力向上のために行われる。ネイティブ教員2名が同行し、カレー作りやレクリエーションなどを英語の指示にしたがって楽しみます。
ブリティッシュヒルズ英語研修(中学2年)福島県にあるBritish Hills で、国内にいながら英国の生活をできる宿泊行事。授業はもちろん、食事などもすべて英語で行うため、実践的な英語力の向上が期待できます。
Archive English Camp(中学3年)希望者対象の、オールイングリッシュでネイティブと英語を集中的にトレーニングする宿泊行事です。4日間、国内にいながら留学に近い体験をすることができるので、海外留学が難しい今の時期には特に貴重な体験になるのではないでしょうか。
Term留学
(中学2年・中学3年)
希望者対象で、4~5か月間の語学留学プログラム。授業料の減免制度も適応可能です。

このように、、国内の国際交流イベントも多数あり、、留学せずに高い英語力・異文化コミュニケーション能力を身に着けたい帰国生のお子さんにもおすすめです。

日大豊山女子中学の大学進学実績

日大豊山女子中学では、高校に上がると、国立大学や難関私立の進学対策をする「A特進クラス」日本大学の進学に対応する「N進学クラス」医療系大学など理数系の進学に対応した「理数Sクラス」3クラスにわかれています。

進学率を見ると、「N進学クラス」のほとんどが日本大学へ進学し、例年50%以上もの生徒が日本大学に進学しています。

日本大学付属校として、日本大学進学へのサポートがしっかりしているため、他学部と比べ偏差値の高い文理学部や法学部、医学部附属の合格者も例年多数、輩出しています。

「N進学クラス」を選択していなくても、進学分野によって日本大学の受験を視野に入れることを想定すると、とても魅力的な進学サポート体制かもしれませんね。

また、国立大学(横浜市立大学、埼玉県大学など)や、難関私立大への合格者も多く輩出しています。

日大豊山女子中学の入学試験

上記にもあったように、国際教育に力を入れている日大豊山女子中学では、2020年から新たに「英語インタビュー型」といった、英語面接のみの入試が新設されました。

英語インタビュー型筆記試験がなく英語面接のみで合否が決まります。

小学校から英語を習得してきたお子さんのための試験ですが、帰国生の条件に当てはまれば、12月の帰国生入試のときに英語インタビュー型を取り入れた試験が受験できます。

帰国子女入試

12月に先行して行われる、オンラインでの入試方法です。

受験資格者海外在住期間が原則として1年以上で、帰国後3年以内であること。入学後、保護者と同居し、そこから通学できること。
入試内容① 英語でのコミュニケーション能力をみる面接試験(10分程度)、書類審査(現地発行の在学 / 在籍証明書、成績証明書)
②英語でのコミュニケーション能力をみる面接試験のみ (英語インタビュー型)

英語インタビュー型の帰国子女入試を受験する場合は、英検3級以上の英語力が想定され、合格証を提出すると優遇措置があります。

ここで注意しておきたいのが、英語の面接のみで受験できる入試方法の増加により、「受験者の英語力のレベルが高くなってきている」ということです。

筆記試験がなく容易に思える英語インタビュー型ですが、受験者の中には英検1級レベルもいることを考えると、より高いレベル取得の英語力やスピーキング力(2級・最低でも準2級)が必要になってくると考えられますね!

また、帰国生2月に実施される学科試験を受験するときにも優遇措置があるので、入学前に英語以外の基礎学力も身に着けて挑みたいというお子さまには、こちらもおすすめです。

学科試験を受験する際、優遇されるとしても、海外にいながら受験科目を勉強するのはむずかしいですよね。

TCK Workshop では、受験国語・算数 (日・英)などの受験科目指導の対応が可能な元帰国生・バイリンガルの講師が多数在籍しています。

もし日大学豊山女子中学の受験対策を検討されているのであれば、ぜひ下記の無料相談フォームからお気軽にお問い合わせください。

日大豊山女子中学のまとめ

日大豊山女子中学はいかがでしたか?

国際交流教育への取組みを積極的に行っている日大豊山女子中学では、2020年から新たに英語の入試方法が増え、帰国子女の受け入れを積極的に行っています。

中学の帰国子女受験の対策では、

  • 英検2級(最低でも準2級)レベルの学力を身に着ける!
  • 英語面接で必要な英語力・コミュニケーション能力を身に着ける!

の2点が合格への鍵になってくると思います。

TCK Workshopでは、インターネットとパソコンがあれば、帰国生一人一人に合った個別指導が可能です。

英検1級までのオンライン個別指導も行っております。

  • どのような受験対策がいいのか。
  • どの時期から入試の対策をしたほうがいいのか。

弊社のプロ講師陣と一緒に、お子様の受験合格のためのプランを考えましょう!

お気軽に下記の無料相談フォームから、お問い合わせください。

お問い合わせ