海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめにー大妻中学について

千代田区にある大妻中学高等学校は、六年間での「良き社会人」の育成を目標とした、中高一貫の女子校です。

2019年には、帰国生入試で一定の基準に達した生徒を対象とした英語プログラムが新しく設置され、海外で培った英語力をさらに伸ばす取組みが行われています。

また、放課後の英語講座や帰国生向けの補習授業や、グローバルな課題に取り組む課外活動など、帰国生へのサポート体制が充実しています。

オンラインでの説明会やインターネット出願が多い中、入学試験での帰国にあたり、色々と不安なことも多いかと思います。

今回は、大妻中学高等学校(以後、大妻中学)の

  • 英語教育
  • 大学進学実績
  • 帰国生入試

について紹介していきます!

大妻中学の英語教育

大妻中学では、中学1年から、主に帰国生を対象とした様々な英語プログラムが存在します。

ここでは、帰国生受け入れプログラム(英語授業・帰国生学習サポート・グローバル教育)について紹介したいと思います。

ハイレベルな英語授業

帰国生は、基本的に一般の生徒と同じ授業を受講します。

ただし、英語授業のみに関しては、Global Language Arts Program (GLAP) と呼ばれる、全授業取り出し型の英語プログラムがあります。

この英語プログラムでは、週5~6 時間、英語ネイティブによる授業インター校や海外の現地校の教材を使って英語力を維持し、さらに伸ばしています。

少人数でのグループディスカッションプレゼンテーションが中心の授業で、インターや海外の学校とあまり変わらない感じで授業について行ける、と評判のプログラムです。

海外で培った英語力を伸ばしながら、さらにグローバルな視点や思考力を育成できるので、海外大学への進学を考えているお子さんにもオススメです。

さて、この取り出し授業は、中学入学時に英検2級~準1級レベルの英語力のお子さんが対象で、受講資格者は以下の2組です。

  • 帰国生入試で英語を選択し、英語の成績が優秀だった帰国生。
  • 3月に実施されるプレイスメントテスト(希望者のみ) に合格した一般生徒。

1.の場合は、入試の合否と同じタイミングで取り出し授業の受講の合否が発表されます。

もし帰国生入試で受講資格がもらえなかった場合でも、希望すれば一般生と同じく、プレイスメントテストに合格すれば受講できるので、帰国生にはチャンスが二回あります。

帰国生特別サポート

取り出し英語授業の他にも、帰国生の力や個性を育成する取り組みが積極的に行われています。

帰国生対象補習授業

英語以外の教科に関して、一般入試で入学した生徒と同じ授業を受けることになるため、基礎学力がないと、入学後に授業についていくのが大変ですよね。

そこで、中学1年では、日本の国語・算数の補習授業を放課後に受講することができます。

日本の中学・高校で必要とされる基礎学力・習慣を身に着けることができ、元帰国生の教師がサポートしてくれるので、安心して授業についていくことができます。

アドバンスト英語講座

取り出し授業を受講していないけれど、もっと英語力を伸ばしたい!という生徒が参加できる、放課後に実施される英語講座です。

アドバンスト英語講座では、週に一回、ネイティブの教師と実践英語を学ぶことができます。

グローバルな課外活動

授業以外でも、グローバルな教養・コミュニケーションを育成するため、世界や未来につながる課外プロジェクトが多くあります。

なかでも有名なのが、模擬国連です。

大妻中学では、全国最大級の模擬国連の会議が開催されており、全国大会の役員を務める教員の指導のもとで活動しています。

2019年には大妻中学の生徒が全国模擬国連大会で優秀賞を獲得し、世界大会の選手にも選ばれるなど、とても優秀な成績を残しています。

大妻中学のグローバル教育

大妻中学では、高校に進むと留学プログラム海外研修で実際に英語圏に行き、今まで培ってきた英語力やコミュニケーション能力を試すことができます。

ホームステイ留学プログラム

高校1年の3学期約3か月間、ホームステイをしながらオーストラリアの女子校で学ぶことができます。

その場合、3学期の授業料が免除になり、帰国後そのまま進級することができるなど、魅力的な留学プログラムです。

海外研修

海外研修では、イギリス・アメリカ・オーストラリア3か国のうち、現地カレッジでの研修や、企業訪問にも参加できます。

研修先では、積極的に将来のキャリアのイメージを、グローバルな視点で議論します。

海外生活をすでに経験した帰国生のお子さんも、学校で培った英語力やコミュニケーション能力をもったうえで留学や海外研修に参加してみると、新しい発見があるかもしれませんね!

大妻中学の大学進学実績

さて、このように帰国生の学習サポート英語のアクティブラーニングに力を入れている大妻中学ですが、どのような進路に進む生徒さんが多いのでしょうか。

以下では、大妻中学の卒業生の大学進学実績(現役)のデータの一部を紹介します。

国内大学

例年、国公立、早慶上理やGMARCHなどの難関私立への合格者を輩出しています。

過去の現役合格校 (国公立)

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 北海道大学
  • 一橋大学
  • 東京外国語大学             他

また、難関私立大学への合格者が他校に比べて多いのが同校の特徴です。

英語受験のTEAP、英検受験の対策に加え、英語以外の教科もしっかりと学べるため、多くの難関大学合格者を輩出しています。

海外大学

大妻中学では、海外大学への進学サポート体制・指導も積極的に行っています。

2019年からは、イエール大学などの海外名門大学に通う大学生による、海外進学ガイダンスも開催しています。

以下は、過去の主な海外合格大学です。

過去の現役合格校

  • King’s College London (UK)
  • University of Sussex (UK)
  • Griffith University (AUS)             他

海外研修で実際に受験する大学を見学したり、現地大学生と交流する機会があるのも、生徒を海外大学への合格へと導いている理由の一つではないでしょうか。

大妻中学の帰国生入試

2019年から帰国生のためのハイレベルな英語プログラム(取り出し授業)を設置した大妻中学では、入学試験でももちろん高いレベルの英語力が期待されます。

出願資格者

以下の1と2に該当する者。

  • 3月小学校卒業見込みの者, または現地校での同等の資格を有する者。
  • 保護者の海外在留のため、本人が継続して1年以上に海外在住、その帰国後3年以内である。

試験科目

筆記試験面接英語入試
国語50分、算数50分、英語50分から 2教科選択保護者1名同伴英検2級~準1級を目安のレベル。語彙・熟語問題、リーディング、ライティング(120~150字程度)

英検2級~準1級の目安のレベルとされているということは、合格するお子さんの中には英検1級取得レベルも多くいると考えると、より高い級を目指すべきですね!

大妻中学のような他の女子校では、一般受験で1科目受験や2科目受験を導入し始めているところも多いですが、大妻中学では例年通り4科目受験を推奨しています。

なので、一般受験が4科目のみのところ、帰国生入試が2教科選択になるのは、やはりうれしいですね。

ただ、一般の偏差値が64なので、国・算のレベルは高いと考えられます。

しかし、海外にいながら国・算の対策をするのはむずかしいですよね。

TCK Workshopでは、受験国語・算数 (日・英)の対応が可能な元帰国生・バイリンガルの講師が多数在籍しています。

もし大妻中学への受験対策を検討されているのであれば、ぜひ下記の無料相談フォームからお気軽にご相談ください!

大妻中学のまとめ

大妻中学はいかがでしたか?

大妻中学は、新しく設置された帰国生特別プログラム英語授業など、日本にいながらインターや現地校の英語カリキュラムを学べる学校です。

入学後により高い英語力や学力を身に着けるためにも、受験対策では

  • 英検1級レベル(最低でも準1級)の高い英語力を身に着ける!
  • 日本の国語・算数の基礎学力以上の知識を取得する!

の2点がキーポイントになっていくと思います。

TCK Workshopでは、インターネットとパソコンがあれば、お子さん一人一人に合った個別指導が可能です。

英検一級までのオンライン個別指導も行っております。

どのような受験対策がいいのか。 どの時期から入試の対策をしたほうがいいのか。

弊社のプロ講師陣と一緒に、お子様の受験合格のためのプランを考えましょう!


下記の無料相談フォームから、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ