海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめにー攻玉社中学について

攻玉社中学校(以後、攻玉社中学)は1990年国際学級を作り、長い間帰国生を受け入れています。

  • 誠意
  • 礼譲
  • 質実

を校訓とする攻玉社中学は、 150年以上の歴史を持っている男子校であり、多様性を重視している学校です。

そのため、国際学級では多くの帰国生を育成しており、帰国生を理解し、尊重し、安心して学校生活が送れるように様々な工夫をしています。

今回は、攻玉社中学

  • 国際学級
  • 大学進学実績
  • 入試情報

についてまとめて紹介していきます!

攻玉社中学の国際学級

帰国生の受け入れとして攻玉社中学には国際学級があります。

国際学級には3つの特徴があるので、一つずつ詳しくみてみましょう。

3年間帰国生クラス

国際学級にいる帰国生は3年間一般学級とは別に独立したクラスで学びます。 帰国生の悩みや心配を理解している学校なので、徐々に日本に馴染めるように作られた学級です。

クラス以外の行事や部活は一般学級と一緒なので、学級問わず、色々な人と仲良くなりながら学校生活を送ることができます。

国際学級という帰国生だけのクラスがあることにより、英語を躊躇なく日常的に使うことができると思うので、帰国生にとって英語の維持としてとても大事な点だと思います!

また、

  • 同じような経験をした生徒たちとのコミュニティで共感を感じる
  • 違う国について様々なことを知ることができる

ので、帰国生も刺激的な毎日が送れそうですね。

中学の3年間国際学級として過ごした後は、国際学級はなくなり、高校からは一般学級と一緒になります。

英語・国語・算数の習熟度別授業

攻玉社中学国・数・英を習熟度別授業で行います。

帰国生でも英語力にはもちろんばらつきがあるため、国際学級の英語の授業も2つの習熟度別になっています。 英語がすでにできる方は高いレベルで学べますし、英語圏ではなかった方や日本人学校に通っていた方基礎から学ぶことができます。

英語ができる方は帰国しても自分のレベルで維持・向上できるのはとてもありがたいですし、英語圏ではないところからの帰国生も英語力をしっかり身につけていけるような配慮はいいですね!

また、国語と数学も2クラスに分けられています。

国語も海外でどのような学校に通っていたか、家での学習方法などにもよって習熟度は異なりますし、数学の理解度が違う生徒が多いため、2つのクラスで分けているようです。

国際学級の3年間後、一般学級と同じスピードと難易度で進めるようにサポートしてくれています。

帰国して英語の維持、向上をしつつ、国語と算数はしっかりと遅れを出さないように教育してくれる学校ですね。

国際学級の合格実績

国際学級で学んだ生徒たちの合格実績を確認しましょう。

国際学級の3年間の後は、一般学級と同じ学びになるため、国際学級にいた生徒たちも実際に合格実績はとても高いです。

2019年は41名国際学級の卒業生がおり、そのうち2名が現役で東大、76名が早慶上理、 55名GMARCHに合格しています。

国際学級習熟度別授業の効果、そして細かい丁寧な受験対策と進路サポートがあるのがわかりますね。

攻玉社中学の大学進学実績

次は攻玉社中学全体の大学進学実績についてです。(攻玉社中学の偏差値は63

大学合格実績は以下の通りです。

2020年卒業生数234名 ()内は現役

東京大学11名(11)
京都大学1名(0)
大阪大・神戸大・旧4帝大18名(14)
国公立大学55名(48)
医学部医学科37名(28)
早慶上理ICU261名(223)
GMARCH271名(220)

東京大学に11名現役で合格していますね!

また、早慶上理ICUの私立難関大学に合格している生徒がとても多いです。

海外大学につきましては、2020年は合格した方は出ていません。

しかし、2019年は6名いたので、海外大学に興味のある方でも実績があるので、学校にサポート体制はあると思われます。

このような高い大学合格実績は上記に述べたように、国際学級出身者も含んでいるので、どの学級に入っても、優秀な生徒になれることがわかりますね。

攻玉社中学の入試情報

最後に、攻玉社中学入試情報を見てみましょう。

一般入試は4科目特別選抜は算数1教科型ですので、

今回はより帰国生が挑戦しそうな国際学級入試について簡単にまとめました。

国際学級入試

資格海外在住2年以上5年未満の者は帰国後5年6ヶ月以内、 海外在住5年以上の者は帰国後3年以内
試験科目【国語・算数】(各40分)+面接 または
【英語】(筆記50分、リスニング10分)+面接

*国語、算数の難易度:一般入試に準じたレベル

*英語の難易度:英検準1級から2級程度

*面接:保護者同伴、日本語コミュニケーション力が見られる

国際学級の入試は上記のように、2科目英語の1科目を選択することができます。

海外で日本人学校に通っていた方や、英語圏ではない国で現地校に通っていた方などは 国語と算数を選択すると良いでしょう。

英語を選択する場合は、難易度の目安として英検準1級から2級となっておりますので、 結構高い難易度の問題が出題されます。英語の対策をしておくのも大事ですね。

また、出願時に300〜400字の「海外生活で一番心に残ったこと」についての作文を提出する必要があります。

今海外に住んでいる方は、色々なエピソード日本と違う点の気づきなどを忘れずに、 書けるようにしておきましょう。

攻玉社中学のまとめ

攻玉社中学はいかがでしたか?

攻玉社中学国際学級は英国数の3教科が習熟度別の分割授業で受けることができ、英語も日常的に使うので英語力の維持、向上ができそうですね!

国際学級に受験したいと思った方は、受験対策が大事です。

国語と算数を選択する方は、一人で進めるのではなく、プロと一緒に受験対策を始めましょう。

英語を選択する方は、レベルが高いものなので、英語の勉強も必要です!

TCK Workshop では、インターネットとパソコンがあれば、帰国生一人一人に合った個別指導が可能です。

帰国生に教える経験が豊富な講師が、補習校では学べない受験対策を日本語で教えてくれます。

  • どのような受験対策がいいのか。
  • どの時期から入試の対策をしたほうがいいのか。

弊社のプロ講師陣と一緒に、お子様の受験合格のためのプランを考えましょう!


お気軽に下記の無料相談フォームから、お問い合わせください。

お問い合わせ