海外・帰国子女向けオンライン家庭教師 TCK Workshop TCK教育通信 TCK BLOG

指導を通して感じた想いやお役立ち情報を皆様にお届け致します。

はじめにー城西大学付属川越高校について

神奈川県川崎市に位置する、城西大学付属川越高等学校(以後、城西大学附属川越高校)は、個性や学力をのばしながら心豊かなマインドを育成する中高一貫の男子校です。

ICT教育国際教育など、現代のグローバル社会に合った教育理念を掲げて、生徒の学習支援をおこなっています。

英語のスピーチコンテスト語学研修の機会も豊富で、高等部の細かいコース分けなど、生徒一人ひとりに寄り沿った教科指導を通して、入学後のお子さんの成長が大きく期待できる学校です。

コロナ禍でインターネットの説明会や出願、入試などが多くなる中、帰国生入試に向けての学習準備や、環境面で心配なことも多いかと思います。

今回は、城西大学付属川越高校

  • 学校生活
  • 大学進学実績
  • 入試情報

についてまとめて紹介していきます!

城西大学付属川越高校の学校生活

城西大学付属川越高校学校生活では個々の個性を活かし、守りながら、基礎学力をしっかりと身につけ、応用力の向上も図れます。

体育祭や文化祭、部活動などの生徒同士の交流を通じて、心豊かな人間の育成も目指している城西大学付属川越高校

ここでは城西大学付属川越高校学習支援の特徴や、高等部のコース分けICT教育について紹介します!

学習支援

城西大学付属川越高校では、生徒一人ひとりが自分の進みたい大学へ現役合格できるようにカリキュラムが組まれていて、誰にも負けないような学力を養います。

定期試験

【定期試験】年5回おこなわれ、普段の勉強の姿勢が表れるようなものとなっています。各教科ともに、勉強してきた内容を振り返るような形の試験なので、しっかりと復習ができますし、どの単元のどの部分が弱いのか、を客観的に見ることもできます。

講習会

夏期休暇中には12日間、冬期休暇中には6日間の【講習会】が実施され、全員参加で数学・国語・英語の3教科を集中的に学習します。全員参加の夏期・冬期講習なので、自分だけが遅れることもなく、安心して参加できることが利点です。

模擬試験

年3回のペースで【模擬試験】に参加し、全国と比べて自分の位置がどの辺りにあるか確認をしたり、3年間を通しての成績の変動を進路指導の参考にしたりします。

年に何度も用意されている定期試験や模試、そして休暇中に勉強のサポートもしっかりしてもらえるのは、生徒にとっても保護者の方にとっても安心ですね!

高等部

城西大学付属川越高校の高等部は、3つのコースから、自分の進路に合わせて選択することができます。

進学コース

進学コースでは、私立大学への現役合格を目標として、部活動に励みながらしっかりと勉強の時間も取れるように、カリキュラムが設定されています。

特進コース

特進コースでは難関大学の現役合格を目指し、決まった苦手科目を作らないようにします。高校2年次までに高校のカリキュラムを終わらせ、3年次は受験勉強に集中できるようなペース配分にすることで、無理のない形で志望校の合格を目指します。

特別選抜コース

全方位型のカリキュラムで、東京大学や東京工業大学、一橋大学などの最難関大学の現役合格を目指すのが特別選抜コースです。週3回の7時間授業を通して主要科目の授業時間数をしっかりと確保し、なるべく早い段階でセンター試験の演習授業、国公立二次試験対策が出来るように、履修スケジュールが組まれています。

一人ひとりの勉強の目標、勉強スタイルの理想形にあわせたコース選択ができるのは、勉強の効率も上がりそうですね!

英語教育

さて、帰国生入試も用意されている城西大学付属川越高校ですが、この高校の英語教育はどのようなものなのでしょうか?

通常科目としての英語は、一番の基礎である「読む・書く・聞く・話す」力を集中的に強化し、どれもバランスよく得意になれるように指導しています。

昨今のグローバル社会では、臆さずにコミュニケーションをとる、「話す力」が重要視されているように見えますが、城西大学付属川越高校ではそれも含めて英語4技能をしっかりと育てることに注目しています。

この学校でユニークなのは2年次まである【リスニングプログラム】で、毎朝20分間英語のリスニングを行います。集中力がもっとも高い朝の時間に、毎日英語を聞き、理解して、言語を吸収することで「聞く力」の強化を図っています。

GTECの試験対策も充実していて、

  • 英検対策
  • スピーチコンテスト

の開催もしています。日頃から英語にふれる機会を多く持つことで、英語の対する抵抗を減らしていきます。

希望者には

  • カナダのオンタリオ州ロンドン市に2週間ホームステイ

というプログラムがあり、異文化交流や現地の暮らしをしっかりと体験することができます。

帰国生であるお子さんにとっては、帰国後に改めてもう一度多文化と交流ができる、いい機会になるのではないでしょうか?

城西大学付属川越高校の大学進学実績

城西大学付属川越高校大学進学実績を確認してみましょう。

生徒一人ひとりに合う、充実した教育プログラムのもとで勉強してきた生徒たちは、どのような大学へ進んでいくのでしょうか?

以下は過去の主な合格大学です。

  • 北海道大学
  • 秋田大学
  • 東京大学
  • 城西大学
  • 学習院大学
  • 帝京大学
  • 日本大学
  • 武蔵大学

指定校推薦の枠は:

  • 青山学院大学
  • 國學院大學
  • 成城大学
  • 東京理科大学
  • 立教大学
  • 早稲田大学

となっています。

また、進路指導もしっかり用意されています。以下の表に主な進路指導をまとめてみました。

進路適性検査生徒が自分の将来や、この先勉強したいことを見つめるための指導
卒業生講演会卒業生たちが活躍している様子を知ることのできる講演会
進路講演会保護者向けの講演会

保護者も含めた生徒・家族が安心できるような指導があれば安心ですね。

城西大学付属川越高校の入試情報

城西大学付属川越高校入試情報です。

ここまで、城西大学付属川越高校学校生活、英語教育、大学進学などの魅力や情報についてご紹介してきました。

この学校に、帰国生として入学したい場合は、どのような入試の選択肢があるのでしょうか?

城西大学付属川越高校の入試は、一般入試と帰国生入の2種類しかありません。

ここでは帰国生入試の募集要項、そして試験科目についてご紹介します。

募集要項

帰国生の募集は若干とされていて、調査書・帰国生学習履歴・海外在留証明書の提出が必要となっています。

募集要項は以下の通りです。

(2021年度の募集要項を参考にしています)

  • 9ヵ年の教育課程を2020年4月~ 2021年3月の間に修了(もしくは修了見込み)の者で、 2018年4月1日~ 2021年3月31日の期間中に海外の学校に、継続して1年以上在籍の者
  • 入学後は保護者または保証人の自宅から通学できる者

試験科目

入学試験は、一般の入試と帰国生の入試とほとんど違いはありません。

試験科目
国語・数学・英語
各100点・各50分
個別の日本語と英語による面接試験

帰国生入試は一般と変わらず、国・数・英の入試科目が用意されています。海外のカリキュラムで勉強してきたお子さんにとって、日本の国語、そして特に受験数学を理解するのは難しいかもしれません。

TCK Workshopであれば、日本と海外、両方のカリキュラムに精通し、高校受験科目の指導経験も豊富な講師がたくさんいます。英語の資格対策も、もちろんしっかりサポートします。

もし、城西大学付属川越高校の受験を検討されているのであれば、ぜひ下記の無料相談フォームから、気軽にまずはご相談ください。

城西大学付属川越高校のまとめ

城西大学付属川越高校はいかがでしたか?

城西大学付属川越高校では、豊富な教育プログラム文理共に充実したコース選択を用意することで、生徒一人ひとりの勉強のモチベーションにあった学生生活が送れます。

英語教育ICT教育の導入も進んでいて、時代に取り残されることなく、常に新しい環境で学びながら、グローバル社会に生きる人として大きく成長することができます。

しかし、せっかくある留学などの国際教育も、有効に使いたいのなら、学校での英語教育だけでは絶対に足りません。豊富にある留学などの選択肢も、授業に追いつくだけで精いっぱい、ですとそのチャンスをフルに活用できるとは言い切れませんね。

入学前から余裕を持って学習していけるように、受験からしっかりと準備を進めていきたいところですね。

TCK Workshop では、英検1級までのオンライン個別指導を行っており、日本語・英語での受験対策が可能な講師が多く在籍しています。

  • どのような受験対策がいいのか。
  • どの時期から入試の対策をしたほうがいいのか。

弊社のプロ講師陣と一緒に、お子様の受験合格のためのプランを考えましょう!


お気軽に下記の無料相談フォームから、お問い合わせください。

お問い合わせ