近年、日本国内でも注目されはじめている国際バカロレア(通称 IB)。実は、インターナショナルスクールなど国内でも取得可能な学校が年々増え、専用の入試環境も整いはじめています。

今回は、海外でIBディプロマを取得した帰国生が注意すべき「IB(国際バカロレア)入試」について詳しく解説します!

IB(国際バカロレア)入試とは

IB入試とは、IBディプロマを取得した学生に受験資格が与えられる入試制度全般を指します。

各大学の募集要項には、「スイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局(以下IBO)が授与する国際バカロレア資格を有する者」などと記載されている場合が多いです。

IB(国際バカロレア)入試の受験資格について

まず、日本国内の大学で実施されているIB入試には、大きく分けて以下の3種類があります。

  1. IBDPの国内取得者のみが受けられる入試
  2. IBDPの海外取得者のみが受けられる入試
  3. IBDPの取得者全員が受けられる入試

①の場合、募集要項には「日本国内の高等学校または日本国内のインターナショナルスクールで国際バカロレア・ディプロマプログラムを修了した者」(慶應義塾大学 国際バカロレア資格取得者対象入学試験)などと記載されています。

②の場合、募集要項には「外国においてスイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局から国際バカロレア資格を平成30(2018)年度に授与された者」(一橋大学 外国学校出身者入試)などと、海外学校での取得という要件が付与される場合があります。また、入試制度そのものが「外国学校出身者特別選抜」(京都大学)「帰国生徒特別入試」(大阪大学)など、海外学校出身者に受験資格が制限されているものがあります。

別項目での「海外学校出身者」などの指定や特別な言及がない場合は、③とみなすことができます。

海外IBディプロマ取得者は注意!

さて、海外でIBを取得した帰国子女が受験できる「IB入試」は、②と③のみです。

IB(国際バカロレア)入試と謳っているものの中で、①の国内IBディプロマ取得者を対象とした入試については、海外でのIB取得者(≒帰国子女)の受験資格はないということになりますので、注意が必要です。

つまり、HP上に「IB(国際バカロレア)入試」の記載があるから安心してはいけないということです。その学校は①のパターンで、IB資格を利用できない可能性があるかもしれません。

その場合、他の英語資格、統一試験を受ける必要があり、気づいた時期によっては「時すでに遅し」となります。

①しか用意されていない学校の受験を検討するDP生のみなさんも、他の受験ルートが用意されている場合がほとんどですので、事前に調べていれば対策はいくらでもできます。

IB(国際バカロレア)入試受験時の注意

IB(国際バカロレア)は、政府主導で推進されている教育プログラムで、IBスコアを利用して受験できる大学は増えてきてます。しかし、他の入試制度に比べて複雑になっていることが多く、注意すべき点が多くあります。

IB(国際バカロレア)入試実施校の探し方

現在、日本においてIB(国際バカロレア)入試を実施している大学は約60校あります。

海外IBDP取得者は、IB入試だけでなく、外国学校卒業者(帰国子女)対象の入試制度を利用することもできます。IBが注目されている中で、チャンスを最大限に生かすためにも、海外の高校を卒業する前から、少しずつ募集要項を検索するなどして、情報収集をしておくことが鍵となるでしょう。

その際、大切なことは「必ず一次情報にあたる」ということです。

前掲の文科省のHPは、リサーチの入り口としては便利ですが、更新された情報が反映されていない場合があるからです。入試情報を探す場合は、大学のHPからアクセスすることをおすすめします。

IB(国際バカロレア)入試の科目要件

さらに、注意すべき点は、大学や学部ごとに課されている科目や点数の要件です。例えば、筑波大学の国際バカロレア特別入試では以下の要件が課されています

学群学部科目要件
人文・文化学群人文学類
比較文化学類
日本語
日本文化学類
歴史(HL), 地理(HL), 哲学(HL)から1科目
社会・国際学類社会学類歴史(HL),地理(HL),経済(HL),グローバル政治(HL)
数学(HL)から1科目
国際総合学類歴史(HL),地理(HL),経済(HL),ビジネスと経営(HL)
グローバル社会の情報技術(HL)
社会・文化人類学(HL),数学(HL)から1科目

このように、大学や学部によって異なる、大変細かい科目指定がされている場合が多いのがIB入試の特徴です。

IB入試の受験を検討する際には、まずは、ご自身の科目とレベル(SL/HL)の履修状況、さらに点数が各大学や学部が公表する受験資格を満たしているかを必ず確認するようにしましょう。

IB(国際バカロレア)最終スコア

どの入試制度を利用する場合でも、合否の分け目となるのが、Diplomaの最終スコアです。

特にIB入試を実施している大学は、IBを取得した学生を積極的に入学させたいと考えており、DPのスコアが大きく評価される傾向にあります。IB生にとって有利な制度を使いこなすためには、最終スコアをできるだけ伸ばすことが重要でしょう。

最後に

これまで海外IB取得者が注意すべきIB入試の制度について詳しく紹介しました。ポイントをおさらいすると、

  1. 海外IBDP取得者は受験資格に要注意
  2. 入試情報は必ず一次情報にあたろう
  3. 科目やスコア要件を確認し、受験可能な学校・学部を調べよう!

帰国することがわかっているのであれば、IBを履修し始めたときから、IB入試を意識して、情報収集をしておきましょう!