はじめに

広尾学園AG国際生入試を受ける予定もしくは気になっている方、同校の算数対策、どのようにすれば良いかお悩みではないですか?

こちらでは、広尾学園中学AG国際生入試2018年の算数過去問の一部を解説します!

広尾学園中学 国際生入試(インターAG) 2018年 算数

問題構成はこのようになっています。

大問1大問2大問3大問4
計算問題 8問小問集合 8問規則性 小問2題容積 小問2題

広尾学園の算数の出題は毎年傾向も似ているので、小学校の教科書レベルの算数力+中学受験の基礎力があれば、十分に合格点を取れるようになります。

それでは、今回は2018年の過去問の中から、中学受験特有の①を利用する問題を見ていきましょう。

国際生入試(インターAG) 2018年 算数問題一部解説

中学受験特有の解法、①の利用

広尾学園では毎年、小問集合が8題出題され、2018年の場合は

  1. 線分図を利用する問題
  2. 比を利用する問題
  3. 年令算
  4. 速さに関する問題
  5. 体積
  6. 円の周囲の長さ

などが出題されています。

いずれも難易度は決して高くなく、中学受験用の塾に通われていたり、中学受験用の参考書で勉強されている方であれば、最初の第一歩は踏み始められているのではないでしょうか?

今回動画で解説した問題は、その中でも比を利用する問題です。中学受験はあくまで小学生範囲の学習理解で解けることが前提なので、文字を利用した方程式ではなく、動画内で解説したような①を利用した解き方をすることが多くあります。(本質的には方程式と同じです。)

私はよく「現実の世界と比の世界を行き来する」と生徒たちには伝えますが、これらは非常に中学受験算数に独特の解法で、確かにはやく解けるのですが、中学生以降方程式を習うようになるとあまり利用されなくなる解き方ではあります。

本質的には方程式の理解

動画内でもお伝えした通り、①の利用は本質的には文字(xなど)を利用した方程式同じです。

今、すでに中学受験向けの塾に通われている方はすでに、似たような考え方は習っているのではないでしょうか?

塾には通っていないけれど、ご自宅でお母様やお父様とお勉強されているという方の場合には、方程式で勉強させています、という話も伺います。

どちらがよくてどちらがわるいという話では決してありません。本質的には同じことなので。大切なのはどちらでも良いので、徹底して使いこなせるようになることです。

そのために

  1. 問題を解くための正しい方針を理解し
  2. たくさん問題をこなす

ことが重要です。

どういう方針で学習するか?

  1. 中学受験特有の特殊算を網羅する
  2. 方程式を理解する

前述した通り、どちらの方針で勉強しても構いません。1が王道ではありますが、ゆくゆくは方程式にとって変わられるのも事実です。(1を経た生徒さんは方程式の理解は非常に速いです。)

当たり前なことではありますが、受験で重要なのは入試本番で点数をとり、志望校に合格すること。そのために今、自分が取るべき戦略はどちらなのでしょうか?よく考えながら対策してください。対策に不安があれば、いつでもご相談承ります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

広尾学園AGコースの算数の問題は決して難しくはありません。

私たちTCKWorkshopでは、お子様の現在の算数のお力と試験までの残り時間から、最短ルートで合格するのに必要な得点力をつけるのに必要な学習をご提案します。

特別な才能は必要ありません。必要なのは実際の過去問を利用して、適切な教材で必要な回数反復練習することだけです。教材も学習の仕方も私たちがお伝えします。

過去問をといて、半分以下しか点数が取れない場合は(あるいは過去問をお持ちでない方も)ぜひすぐにお問い合わせください。