弊社で、最もお問い合わせをいただくことの多いSAT対策。

米国大学進学において、その重要性は以前よりは低くはなっていると言われているとはいえ、依然として受験生は多く、国内の帰国子女受験においては変わらぬ重要度をもつSAT。

「SAT対策をこれから始めよう」という皆様に今回は、簡単な全体像と試験対策に必要な学習法やマインドセットをお伝えしようと思います。

今回は下記のような章立てでお話ししていこうと思います。

SATを受験する目的をはっきりさせよう

SATは米国College Boardが主催する統一試験で、米国大学進学や帰国子女受験の出願の際にスコアを提出します

SATの他に、高校生の学習達成度を測るテストとして、ACTという統一試験もあります。アメリカの高校生は、SATかACTのいずれかを受けて、そのスコアを出願大学に提出します。これらはいずれも、とくに留学生を対象としているものではなく、あくまでもアメリカの高校生が受けることを想定してつくられています。

よく日本の大学入学共通テスト(旧センター試験)にたとえられますが「SATが何点以上あれば、どこかの大学に必ず合格するという性質のもの」ではありませんが、大学によって取得しておきたい得点の目安は存在します。

米国大学も国内大学も、SATのみならず、様々な材料を元に、総合的・多角的に評価し、合否を判断します。学校の成績や出願時に提出するエッセイ、推薦状など、その中のあくまで一つの材料、というのがSATの位置付けです。

SATのスコアが少しくらい低くても、他の材料がすぐれていれば合格のチャンスはありますし、逆にSATでいくら高いスコアをとっても他の材料に魅力が欠けていれば不合格になります。

あくまで一要素という位置付けでSATへの取り組みの優先順位は考えていきましょう。

SAT試験の位置づけ
  • 米国大学への出願・帰国子女受験の際に利用
  • ただし、あくまでも入学評価の一つの要素に過ぎない
  • SATが良くても不合格になることもあれば、SATが悪くても合格することもある

試験構成について

次は、おわかりの方も多いとは思いますが、念の為、SATの試験内容について触れていきます。

問題数制限時間スコア
English(Reading)52問65分400/800
English(Writing & Language)44問35分400/800
Math(計算機不可)20問25分
Math(計算機可)38問55分

Readingセクション

長文の読解問題が出題されます。分野は

  • 人文科学
  • 社会科学
  • 自然科学
  • 物語

などのトピックが出題されます。文体の古めの文章の出題やpaired passageと呼ばれる二つの文章の比較、図表などがもりこまれた文章読解など、パターンも多岐にわたります。

Writing and Languageセクション

文章やパラグラフの文法的間違いや文章そのものの内容を問う問題で、Readingパートよりも文章レベル、語彙レベルは落ちますが、普段あまり意識しないような文法事項も多く、また対策をするだけ点数が安定するパートです。

Mathセクション

計算機の使用が認められていないSection3と計算機が利用できるSection4の2つのセクションから成っており、それぞれのセクションで4つの選択肢から選ぶmultiple choice方式の問題と自ら解答欄に答えを記入するgrid-in方式の2つの形式があります。広範囲の分野から出題されますが、難問揃いということではなく、基本〜中級レベルの難易度です。

学習の始め方・進め方

まずは一度試験問題に取り組み、現在の自分の実力を知り、目標点数を定めましょう。自分が今、何点で、何点を目指したいかで、取るべき学習法は大きく変わってきます。

目標点数を決めたら、English、Mathそれぞれの科目で何点を取るかを決めます。日本人の生徒さんによくあるのが、Mathで点数を稼ぐケース。1400点を目指すにしても、Math800、English600なのか、Math750、English650なのかでそれぞれ求められるレベル感が異なってきます

さらにMathはSection3とSection4の違いが計算機の利用の有無だけなので大きな問題にはなりませんが、EnglishはSection1のReadingとSection2のWriting&Languageで求められる能力も大きく異なるため、対策方法も異なります。

まずはそれぞれのセクション毎の自分の目標点数を決め、然るべき対策に進みましょう。次のセクションでは、English、Mathについてそれぞれの学習方法・対策を詳しく説明していきます。

SAT学習で意識すべきこと
  1. まずは一度試験問題に取り組み、現在の自分の実力を知ろう
  2. English、Math、それぞれの科目での目標スコアを決めよう
    • Englishの得点をあげるパターンと、Mathの得点をあげるパターンではレベル感が異なる

Englishの対策方法

EnglishはReadingとWritng&Languageの大きく2つのパートにわかれ、問題文の難易度や問題のタイプも異なりますが、配点は両者とも400点満点です。

問題数制限時間スコア
English-Reading52問65分400/800
English-Writing & Language44問35分400/800

まずはWriting&Languageセクションでスコアを伸ばす

Readingセクションがいわゆる読解問題中心なのに対し、Writing&Languageセクションは出題のおよそ半分が文法問題で、本文の理解がなくとも問題部分の前後数行の把握だけで解くことができます。

その性質の違いから、人によって得意不得意がわかれる部分ではありますが、ネイティブの英語スピーカーでない限りは、確実に勉強したことが成果に繋がるのはWriting&Languageのセクションです。

三単現のsなどの基本的な文法から普段あまり習わないような文法内容まで出題されますが、出題される問題のパターンも毎回大きく異なる訳はなく、4~5回分過去問を練習しさえすれば、「またこのパターンか」と思えるようになるはず。

SATに出題される文法事項の「なぜ」をまずは押さえてしまいましょう。SATの参考書の中には、出題されるパターン別に解法を整理してくれているものもあり、その解法の良し悪しはあるにせよ、出題される問題をパターンとして認識しておくことは非常に重要です。

パターンとして認識した上で、自分なりに習得した解き方を当てはめ問題を解く、ということが習慣化されて、語学の試験の成績は安定し、向上し始めます。

海外経験が長い人によくありがちな、「なんとなくこれが正解」「これは絶対に何かおかしい」という問題の解き方をしていると、いつまでたっても自分の感覚に頼ってしまって、うまくいくときもあれば、うまくいかないときもある、ということになってしまいます。

そんなリスキーな状態で試験に臨む訳にはいきませんので、Writing&Languageのセクションでは、どのような文法のロジックで正解/不正解が導かれているのかを正確に理解できるようにしましょう

学ばなければいけない文法事項も決して多くはありません。細かく分類しても30個程度のパターン問題なので、ここはやらない手はありません。冒頭でもお伝えした通り、かけた時間分だけ着実に成果に繋がりやすいのはWriting&Languageのセクションです。

Writing&Languageの学習
  • ネイティブスピーカーではないなら、Writing & Languageセクションでスコアが伸びやすい
  • 30パターンほどの出題傾向をつかめば、感覚に頼らず安定したスコアが出せる

Readingセクションは段階的な学習を

一方で、Readingセクションは語彙のレベルに加え、英文の難易度もあがります。考えて見れば当然なのですが、SATは米国の高校生のための統一試験なので、語彙や英文の難しさはもちろん、文章内容もある程度難しくなってきています。(日本語が話せるからといって、日本の国語の問題で満点が取れないのと同じです。)

Readingも質問内容に一定のパターンはあり、こちらもそれぞれのパターン毎に解き方を学ぶことが重要なのはWriting&Languageと異なりませんが、Readingに関してはそれ以前に英文内容がわからなければ話になりません。

英検準1級レベル、TOEFL Reading20点が取得できないレベルだと、正直「手も足も出ない」状態になるくらいこのパートの英文レベルはあがります。Writing&Languageと比べて点数を伸ばしていくのに間違いなく時間がかかるパートですし、出来る学習法も「地道な単語学習」「日常的な読解演習対策」とありきたりな方法で、SAT Readingの学習に近道はありません。(もしこんな近道がある、というアイデアがある方はぜひ教えてください。)

まずはTOEFL Readingの25点安定くらいの力をつけてやっとSAT Readingの挑戦権を得られる、くらいの心算で土台となる語彙力、読解力を地道に伸ばしていきましょう。

Readingの学習
  • Writing & Language同様に、出題パターンを知ろう
  • SAT Readingの学習に近道はなし、「地道な単語学習」「日常的な読解演習対策」が大事!
    • 目安として、TOEFL Reading で25点を安定して取れるならばSAT Readingに挑める

Mathの対策方法

「SAT Mathは簡単」「700点以上は当たり前」などSAT Mathについては色々と耳にすることも多いのではないでしょうか。

実際に日頃からたくさんの生徒様方とSATの学習をしている私からお伝えしたいのは

「SAT Mathで高得点を取ることは決して簡単ではない。しかし必ず取り組んだ分だけ報われる試験でもある」

ということです。

SAT Mathで満点を取ることは簡単ではない

確かに出題される問題自体は決して難易度が高いわけではないですし、Algebra1, GeometryとAlgebra2の一部の内容くらいまでの出題ですので、範囲としても決して広くはありません。

実際SATの学習を開始する11thや12thの時点ではPre CalculusやCalculus、あるいはAPなどに取り組んでいる生徒さんも多く、普段学校で取り組んでいる問題レベルからするとSATの問題レベルは非常に簡単に見えることと思います。

しかし、どんなテストでも満点を取ることは決して簡単なことではありません。

25分で20問を解くSection3, 55分で38問を解くSection4それぞれ1問あたり1~2分で処理していくだけの反射神経は求められますし、750点以上のスコアをMathで取ろうと思うと、全58問中3問くらいしか間違えられません。

限られた時間の中で、そして試験会場での緊張感の中で取り組む試験では、気づかないうちにケアレスミスをしてしまうこともあるでしょうし、「絶対」はあり得ません。

「今回は満点だったと思ったのに、2問間違えてた(泣)」というような生徒さんのお声をたくさん聞いてきました。

SAT Mathが簡単と多くの人に言われる理由は、ある程度の問題数をこなせば、58問中50問正解のレベルには到達しやすいからだと思います。

実際に私が生徒さん方にオススメするMathの参考書がありますが、その参考書を1冊やりきった生徒さん方は確実に全員700点を超えています。

ただ、700点から800点満点までの残り100点は決して簡単ではありません。

制限時間、緊張感、ケアレスミスなど様々な阻害要因を乗り越えてやっと750点以上満点、というスコアが見えてきます。

私は長年SAT Mathを指導していますので、SAT Mathの問題であればどんな問題でも解けるという自信(?)がありますが、それくらい「何が出題されても解けるよ」というレベル感に到達しない限りは、SAT Mathの満点には運の要素が絡んできてしまうと思います。

現実的な目標として「750点」

長々とお話してきて、何が伝えたいかというと、

「確かにMathは満点を狙えるので、そこを目指すのは非常に良いことですが、それを当たり前の目標設定にすることはやめましょう」

ということです。最後の最後は運の要素も絡んできてしまう部分でもあるので、目標点数としては750点での設定がMathに関しては現実的かと思います。あくまでSATはEnglishとMath合計でのスコアで判定されます。

Mathで満点800点をとりたい気持ちはわかりますが「800点を取るぞ」という気持ちは強く持ったまま、目標点数としては750点くらいの現実的な設定をしておくことをオススメします。

SAT Mathの学習
  • SAT Mathで高得点を取ることは決して簡単ではない。しかし必ず取り組んだ分だけ報われる試験でもある
  • 「800点満点を取るぞ!」という意気込みはそのまま、現実的な目標設定として「750点」とするのがおすすめ

まとめ

SATに関しては、色々な噂を聞くかもしれませんが、大多数の生徒様にとっては決して楽な試験ではないですし、高得点を取るのも決して容易ではありません。

特にEnglishはTOEFLで100点くらい取れる生徒さんでもSATを受験すると500点代後半くらいに落ち着いたりします。

決して当たり前のように700点オーバーが取れる試験ではありませんし、Readingなど対策に時間がかかるパートもありますので、今の自分の実力を把握できていない人はすぐにでも模擬試験に挑戦してみて、自分の実力を知るところから始めましょう。何事もそこからスタートです。

弊社TCK Workshopでは実力チェックを元に、どのような学習方法で進めて行くべきかを無料体験授業でご案内しています。

  • 「現時点での実力を知りたい」
  • 「今後どのような学習法で進めていけば良いかを知りたい」

という人は一度お問い合わせください。