学校によってはGrade10(Year11)までIGCSEを導入し、Grade11-12(Year12-13)でIBを導入しているところがあります。勿論A-levelにそのまま行くケースもあれば両方提供しているケースもありますね。そこで、両方選べる人達からよくあるご相談として「どっちを取ればよいの?」ということなんですが。

「どちらが良い大学に入りやすいですか?」という質問なのであれば、IBは辞めるべきです。

IBはそもそも良い大学に入るためのプログラムではない。そこを勘違いして「IBを履修すると良い大学に行ける。」とか「海外大学に進学しやすい」といった安易で間違えた認識を持ってしまう人は少なくはないです。

「良い」大学をゴールとしているのであれば、IBよりもはるかにコスパの良い選択肢はいくらでもあるはずだ。大真面目過ぎて興ざめなコメントかもしれませんが、IBの目標は大学進学ではありません

ただ現実問題そんな理想ばかり語ってはいられないですよね。実際どんな生徒がIBに向いていてどんな生徒がA-levelに向いているのか。二つのシステムの共通点や違いを見ながら私個人の見解を伝えたいと思います。

多くの人がよくわからないという「A-level」とは

まず、A-levelですがこれはイギリスの教育カリキュラム。イギリスでは義務教育は16歳まで(イングランド地域は18歳まで)となっており、GCSE(またはIGCSE)のKey Stage1〜4と言われる段階を踏んで、Key Stage 4が修了する16歳にあたる年齢で、全国の統一試験GCSE(General Certificate of Secondary Education)を受験します。

これは日本で言うところの中学校修了証書といったところでしょうか。ちなみにこの結果は特にイギリスで大学や就職する場合、一生背負うことになる成績となり、その後の人生にも大きな影響を与えるようです。

さて、大学進学を目指す生徒達は一般的にはSix Formsといわれる大学準備コース(学校)にはいり最後の2年間を自分の興味関心に合わせて最低3科目(大体4または5科目)を選んで大学初級レベルまでの深掘りをしながら学んでいきます

AS(Advanced Subisidiary)と言われる初年度のカリキュラムと、A2と言われる所謂A-levelの2階層に分かれて学んでいきます。2018年の制度改革により初年度修了時にASの試験を受ける必要がなくなり、今ではYear 13の修了時にA-levelのテストさえ受ければ良いという事になりました。(ASを履修しA-levelを取らずに科目を捨てる場合はAS修了時にテストを受けるひつようがあります。)

肝心な成績ですが、A-levelは基本的にはテスト一発勝負型。テスト以外のタスクは最大で20%ほどある場合もあるそうですが、それ以外はFinal examのみで決定されます。ホームスクーリングも進んでいるイギリスですので、家でしっかりと学習してテストでちゃんと成績を修めればちゃんと一生の資格として取得できます。

IGCSEの概要
  • イギリスの教育カリキュラム
  • Six Formsという大学準備コースにおけるカリキュラムの一つ
  • Year 13の修了時にテストを受ける
  • 基本的にはテスト一発勝負型(テスト以外のタスクは最大で20%ほど)

最近注目浴びているね、IB

では次にIB。IBはスイスジュネーブに本部を置く教育機関による世界平和に貢献する未来のリーダー達を教育することを目的とした国際基準の教育プログラムです。最近は日本でもIBスクールが徐々に増えてきているようですね。

高校2,3年生の最後の2年間をDiploma Year(DP)と言い、自分で選んだ6科目について探求的な学習に勤しむこととなっています。成績は結局最終試験であるExamが80%とウェイトがやはり大きいのですが、その他に

  1. CAS(Creativity, Activity, Service)
  2. EE(Extended Essay)
  3. TOK(Theory of Knowledge)

といった卒業までに全員がクリアしなければならないものがあります

学ぶ内容やレベル感は大きくはA-levelとは変わりません(私個人的にはA-levelのほうが内容は深いと感じます)。雑な言い方ですが「A-Levelに比べて、IBは試験以外に学校生活とその他もろもろがくっついてくる」というイメージです。

最終的にはCAS, EE, TOKで3点、6科目が7点満点の満点が45点のスケールで成績がつけられ、卒業時のスコアが最終成績となり大学進学時に大事なスコアになるわけです。

A-LevelとIBの決定的な違いはお判りでしょうか。科目数です。

綺麗ごとや学者的コメントは一回置いておきましょう。だらだら難しい思想や価値観の違いとかそんなことではなく、細かいシラバスの違いなど正直どうでもいいんです、出来る人はどっちで学んでもデキル。その後の人生にどうプラスになるかとかでもありません。真面目に取り組めばどちらでも超プラスに働きます。

もう一度いいます。決定的な違いはどう考えても科目数。これ一択。

履修科目数の違いから見えてくる「向いている人」

A-levelは最低3科目。IBは絶対に6科目。しかも、自由な6科目ではありません。

  1. Language&Literature
  2. Language Acquisition
  3. Individual & Societies
  4. The Sciences
  5. Mathematics
  6. The Arts

のグループから満遍なく履修選択しなければいけません。数学理科が苦手でも、数学理科は必ず履修しないとならないのです。言語(国語)が嫌いでも絶対に履修しないといけない。

つまり「IBはオールラウンダーに向いている」ということができるのではないでしょうか。日本でいう国立受験型。全科目しっかりと出来る人達。

一方「A-levelは特化型に向いている」といういうことができます。日本で言う私立型。自分が好きな科目、深掘りしたい科目のみを学習し突き進んでいくことが好きな人達。

当たり前ですが、6科目勉強するほうが忙しいです。A-levelでは科目が少ない分内容もより深堀していきますが、それでもやはり科目数を考えると圧倒的に楽(なはず)。楽というのは御幣があるかもしれませんが、すくなくとも「楽しい」はずです。なぜなら嫌いな科目を履修しているはずはないんだから。

もう一つ強いてあげるなら2つの大きな違いは「IBは2年間の教育プログラムに対してA-levelは資格試験であるということ」でしょうか。

A-levelはSix Formsといった学校に入れなくても予備校のような生活を送りながら、最終試験さえ頑張れば良いのである。IBはやはり学科の勉強以外の様々な取り組みが総合的に人間を鍛えるプログラムになっています。2年間で経験することは将来の財産になることは間違いはないと思います。

が、全員が全員うまく恩恵を受けているかと言うとそうでもないと思います。真剣に本気で取り組んだ場合、A-levelもIBもやはりそこで得られることには大きな差は本質的には私は無いと思っています。

私個人がもし高校生だったころどちらに向いていたか、と聞かれると間違いなくA-level型です。お恥ずかしいことに、私は勉強はかなり好き嫌いが激しく、理数科目は好んで学習をしたし楽しくもあったが、言語系や社会はどうやっても好きになれませんでした。

そんな昔の自分が、もしIBを履修するとなったら…想像するだけで青ざめてしまいます。IBの精神は好きで、素晴らしいと思います。ただ、それじゃなくても同様の精神やスキルは身につけることが出来るし、現に私は様々な人生経験を経てここまで心身共に健康に豊かに生き抜いてきました。

IBが他にはないような特別なプログラムかと言うと、決してそうではありません。ただ、間違いなく言えるのは最後の2年のDPは流石によくできているプログラムです。全世界に広げられているのが何よりもの証拠だと思います。

ではIBとA-levelどちらが世界で受け入れられているのでしょうか?

これは統計を確認すればすぐにわかりますが、俄然A-levelのほうが地球規模でみるとメジャーです。160か国10,000を超える学校で世界中の1,400以上の大学で認められている資格です。全部イギリスの大学は当然のこと、アメリカでもトップスクール含めた600もの大学が受験資格として認めています。

IBも決してマイナーなわけではありません。世界中5,000を超える学校で提供されていますし、A-level同様世界中の大学で認められています。

ただ、A-levelのほうが数が多いのは事実ですね。最初の問いに戻りますが、どっちが有利などはありません。正しい姿勢で正しく学べば両者ともに世界で通用する卒業資格となるわけです。

先述の通り向き不向きがああるのです。自分のことを良く知り、両カリキュラムや特性のことを良く知り、将来の財産にすべく正しい学習体験を積み上げて頂けたらと思います。