日本でIB、国際バカロレアの授業を受けている方や、海外でIBを受けていて、「大学は日本に戻りたいな」と考えている方はたくさんいらっしゃると思います。

IBの授業はどれも厳しくハードなものなので、せっかくのIB経験は受験の際、フルに活かしていきたいですよね!

しかし、【日本の大学のIB入試】と一括りにしても、どのような制度なのか、どういった準備が必要なのかはすぐにわからなかったりしますよね。

そこで今回は以下の2点を軸に、国内大学進学の際に選択できるIB入試についてご紹介します!

国内のIB入試について
  • 現在の国内IB入試はどのようなものか
  • 受験の流れはどのようなものか

日本国内のIB入試とは?

日本国内においてIBのスコアは、基本的には【出願資格】としてのカテゴリーに入ります。

大学にもよるのですが、AO入試や帰国子女入試の資格としてIBのスコアを提出するケースがほとんどです。学校によっては、そこに追加で小論文の提出を求めたり、面接があったりもします。

まだ数は多いとは言えませんが、今後もIB入試の制度を増やしていこう!という動きもあるので、IBを日本で受けて、日本の大学にそのスコアを使って進学したい人もこれからは楽になるかもしれませんね。

海外ではIBの単位を、科目とそのスコアによっては、大学の単位として認めるケースもあります。日本ではまだここまでのシステムはないですが、IBでやった科目の知識(特にハイアーレベルの科目)は大学に入ってからも役に立つので、しっかりと現役の時に頑張っておきましょう!

IB入試の流れ

ここからはIB入試の流れや、必要になってくるであろう書類や追加の資格の紹介をしていきます!

※ここで紹介するのは基本的な、ベーシックな情報です。入試に必要なものは、大学ごとで変わってくるので、必ず各大学の最新の入試情報や募集要項をチェックするようにしてください!

IBのスコアを使って受験がしたい!という生徒は、基本的にはAO入試、もしくは帰国子女入試の枠で受験する形になることが多いです。

これもまた大学によりますが、IBの成績などの書類提出(成績証明や卒業証明など)の他に別途で語学資格試験の成績を提出しなければならないケースもあります。

志望校や気になっている大学があれば、しっかりと募集要項などを確認した上で、早めに各種試験を受けておくことをオススメします!

また、推薦状(letter of recommendation)が必要な場合もあるので、その際には学校に頼まなくてはいけないので、これも早めの確認が必要になってきます。

書類の他に、面接・インタビューが二次審査としてある受験システムもあります。IB入試で受験をしているのなら、IBDPの2年間で苦労したことCASの活動EEの内容など、自分のやってきた勉強について話してくださいと言われることもあります。

特にIBの試験を終えて開放感を感じている方は気を抜かず、面接で聞かれて「あれっ、どんな勉強してたっけ…?」と忘れてしまうことがないように、詳しく、分かりやすく説明できる練習を必ずしておきましょう!

例:国際基督教大学教養学部 2022年度入学試験要項 総合型選抜

ここでひとつ具体例を挙げながら、IB入試を紹介したいと思います。

2022年度の国際基督教大学の教養学部のIB認定校対象の募集要項です。

まず最初に、出願資格は以下のように明記されています。

国際基督教大学の出願資格
  • 本学を第1志望とし、本学への入学を強く望む者。合格した場合は本学へ入学することを確約できる者。
  • 2019年4月1日から2022年3月31日までに、国際バカロレアディプロマ(IB Diploma)取得(見込み)の者。
  • 国際バカロレアディプロマ・プログラムにおいて「日本語A」(HL・SL いずれか)を履修済み(または履修中)であること。
  • これまでに総合型選抜(2020年度以前の名称:ICU 特別入学選考(AO 入試)に出願していない者。

IBの試験自体は、日本語で受ける日本語DPと英語で受ける英語DPのどちらでも大丈夫なのですが、「日本語A」を履修していないといけない、という出願資格となっています。このように、学校によってはIBで履修した・履修中の科目を出願資格として指定してくるケースもあるので、きちんと確認しておく必要がありますね!

日本の高等学校を卒業(見込み)の方は「高等学校調査書(厳封)」、そして外国の学校またはインターナショナルスクールを卒業(見込み)の方は、「学業成績証明書(厳封)」を提出する必要もあります。

さらに、下記の書類の提出が求められています。

国際基督教大学 必要な書類
  • IB Diploma Final GradesまたはPredicted Grades
  • 推薦状2通
    • IBコーディネーター・担任・またはそれに準ずる学校関係者 1通
    • その他(親族・本学専任教職員以外) 1通
  • EEの内容と成果(見込み)の要約
  • 学校内外における自己活動と自己分析
    • 「IBの使命や学習者像を実現するために、高等学校在学中に、どのようにCAS(創造性・活動・奉仕) に取り組んだか、また、それによって自分の資質をどのように評価することになったかを、的確に分析 し 800 字以内で述べてください」
  • 英語の能力を証明する書類
    • IELTS・TOEFL iBT・英検・Cambridge English Qualifications・GTEC
    • IBDPにおいて「英語A (English A Literature / Language and Literature)」を履修済、履修中の者の提出は任意

これは一つの例ですが、このように提出しなくてはならないがたくさんある学校は、一つひとつ丁寧に確認をして、提出漏れがないように気をつけていきたいですね。

他にも、大学によって必要な書類や資格などさまざまなので、混乱しないように情報を分かりやすく整理して一箇所にまとめる、などの作業も強くオススメします!

まとめ

いかがでしたか?

国内のIB入試を受験システムに取り入れている大学はまだ数としては少ないですが、IBDPのカリキュラムを受けたのなら、その経験を最大限に活かしておきたいですよね?

しかし、入試でIBの取得資格を提出するのなら、成績もしっかり上げておきたいですよね。IBDPのカリキュラム全般に関する不安や、受験対策に対する不安も拭えないかと思います。

TCK  Workshopでは、IB対策や受験対策も含めたオンライン個別指導を行なっており、日本語・英語でのサポートが可能な講師が多く在籍しています。

弊社のプロ講師陣と一緒に、IB・受験対策をしっかり取っていきましょう!