慶應湘南藤沢(SFC)高等部
帰国生入試過去問演習解説講座

過去10年分相当の過去問を熟知した講師陣による
1対1のピンポイント対策で合格を勝ち取ろう!

慶応義塾湘南藤沢(SFC)高等部の帰国生入試

帰国子女の高校受験生から絶大な人気をほこるのが慶応義塾湘南藤沢(SFC)高等部です。帰国生入試の募集要項は、2022年度から変更になりました。

募集人員男女約20名
出願期間12初旬〜1月初旬
試験日時2月中旬
英語資格TOEFL iBT 70以上
IELTS 5.5以上
英検(S-CBT/CBT含む) 準1級以上
入試科目筆記試験(国語「課題型小論文」(45分)、数学(45分)、面接
募集要項URLhttps://www.sfc-js.keio.ac.jp/exam/info.html

「国数は簡単、英語ができれば受かる」は大間違い!!

帰国子女入試の中でも英語力が特に問われる学校のうちの一つが慶応義塾湘南藤沢(SFC)高等部であることは間違いありません。でも、ネイティブに近い英語力を持った英語圏での海外滞在歴が長いお子様が合格者のほとんどかというと、そうでもないのです。

なぜなら、
数学と国語も試験科目にあり、これらが一般受験よりはレベルは下がるもののそれでも十分に難関校らしいレベルに設定されているから

その英語の試験の難易度と、帰国生入試という入試制度から、

  • SFCは英語だけできればなんとかなる
  • 国語、数学は簡単だ

と思っている方が多くいますが、大間違いです。

合格者を見ていると、英語はそんなにずば抜けていなくても、むしろ国語数学もしっかりとできている人のほうが多いです。最低2科目確実に、そしてできれば3科目ともしっかりと点数を狙えるほどの準備がなければ合格は非常に難しいでしょう。

3科目受験において、1科目で勝負するというのは無謀なんです。これを理由に、惜しくも受験検討校から外す帰国子女たちを何人も見てきました。

Scroll

慶應湘南藤沢(SFC)高等部の帰国生入試対策の何が大変かって…

トップレベルの英語力をつけつつ、高校受験トップレベルの数学・国語を解く力を同時につけていかねばならない苦労と覚悟は当然必要です。なんといっても、帰国子女の超人気校で難関校なのだから。

ただ、それよりもなによりも…

  • (前年度分より前の)過去問の入手が非常に困難なこと
  • 過去問を手に入れたところで解説がない

この2点が、入試対策をしていく上で一番やりにくいのです。

慶應SFC帰国生入試のような一般入試と帰国生入試の問題が異なる場合、過去問が手に入れられない場合が多く、内容が同じである他の難関校と比べ準備不足になりがちになります。

また逆に、1年分を手に入れられたとしても、出題傾向がうまくつかめず、勉強の方向性が間違えてしまい、そもそもの準備が結果に直結しないことになりかねないのです。

慶應SFC帰国生入試の過去問については、前年度分については学校から直接もらうことができますが、必死に集めてせいぜい2~3年ではないでしょうか。どんなにインターネットで探しても見事にないですよね。

だから慶應SFC受験生は、大手塾のSFC対策講座を受けるのです。彼らは過去問題や類似問題など教材も豊富なはずだから。

でも「自分が集団授業が合わない」「塾が近くになくて大手塾にいきたくてもいけない」といった場合はどうしますか…??

1対1のオンライン授業で合格を勝ち取ろう!

1対1でオンラインで。が正解です。

TCK Workshopでは、1対1のピンポイント対策こそが最も効果的であることは真と考えています。

1対1の個別指導だからできること
  • 各科目の得意不得意を見極めた対策で、効率よく力をつけていける
  • お子様自身が不得意なところを理解できるから、メリハリのある自学習ができる
  • お子様のレベルにあわせ、ゆっくり丁寧に、さくっと速やかに授業を進められる
  • わからないところをその場で解決できる

集団授業ではできないけど学習において必要なことが1対1の授業だとできるのです。合格への戦略は1人1人の能力と癖を見極めてこそ、合格への真っ直ぐな道が見えてきます。

TCK Workshopでも、例年のようにSFC受験対策を講じてきた結果、過去10年分相当の過去問題を熟知した講師陣がマンツーマンで対策をします。10年分相当の問題演習はもちろんのこと、ご自身の学習状況に合わせたトータルサポートが可能です。

そして、TCK Workshopが提案する学習コースは「英語・数学2科目特化特訓コース」です。

なぜ、2科目?理由は3つあります。

英語・数学2科目特化の理由
  • 過去問演習は入試の2~3ヶ月前からで、そこからでもしっかり伸ばすことができる科目だから
  • 慶應SFCの国語で特徴的なのは最後の100〜200字の作文で、読解は様々なテキストや他の学校の過去問でも対策できるから
  • 過去の合格者さまから最も多かった要望が「英・数」の組み合わせだから

英・数・国の3科目の力はどれも一朝一夕で身につくものではありません。特に国語の読解力は短期の過去問演習をしたところで、不合格圏から合格圏への逆転を狙えるほど力は伸びません。

漢字をしっかり覚えるといった、落としてはいけない部分にきちんと取り組むほうが点数アップにつながるでしょう。

だからこその「英語・数学2科目特化特訓コース」なんです。

担当する講師 TEACHER

過去問演習解説講座を担当する優秀な講師陣をご紹介します。

指導を担当する講師は、お子様のスケジュールと講師の空きスケジュールが合うかどうか、お子様の性格やお母様のご希望を総合的に考慮し、決定いたします。

※希望の講師で受講できるよう調整いたしますが、ご希望に沿えない場合がございます。予めご了承ください。
※すべて英語を使って教えてほしいといったご要望がございましたら、お問い合わせフォームにご記入ください。

岡留 智史
岡留 智史 プレミアム講師
田中 隆介
田中 隆介 プレミアム講師
岡村 京子
岡村 京子 プロ講師
奥野 大輝
奥野 大輝 プロ講師

料金について LESSON FEE

この講座からご入会いただいた方は、ご入会金無料!

時間数ご入会金授業料(1時間あたり)
プロ講師無料12,000円(+消費税1,200円)
10,800円(+消費税1,080円)
トッププロ講師15,000円(+消費税1,500円)
13,500円(+消費税1,350円)

ご利用開始までの流れ How To Start

授業開始までは2つのステップだけ。お客様のお手をわずらわせることはありません。まずはお問い合わせフォームから!

  • STEP.01
    ご利用申込み

    まずは下記のフォームからお問い合わせください。その後、社員からご面談のご連絡をいたします。

    そのご面談では、事前に共有可能で学力が判断できる模試の結果や、必要であればこちらから課した事前課題の出来などをふまえて、授業のコマ数や何年分の過去問が解説できるかなどの学習計画をご面談にてご提案させていただきます。

  • STEP.03
    ご利用開始

    通常は無料体験授業を実施しますが、この対策授業は指導する講師が決まっておりますので、体験授業は実施いたしません。教師と日程調整を行い、授業開始となります。

お問い合わせ