こんにちは!TCK Workshop代表の水田早枝子です。今回の記事は、ICU高校の推薦入試・9月編入に欠かせない自己PRの効果的な書き方について紹介します。

ICU高校の特徴、ICU高校の推薦入試・書類選考入試・学力選考入試の違い、必要な英語資格については、別の記事をご覧ください!

ICU高校自己推薦入試・9月編入の合否を分ける自己PRカード

学科試験が課されないため、自己PRカードの内容が合否を判断する上での大切な要素になります。日本語でも、英語でも回答可能。自分が表現しやすい方の言語で記入しましょう。

日本語の場合、500〜700字弱ぐらい書けます。弊社の生徒様が書くときは、2~3か月かけて海外生活を振り返り、これまでの努力の軌跡と、ICUを第一にする思いをしっかり盛り込んで書き上げています!

そして、書き上げた自己PRカードを見ながら、試験官から課される質問は3つ。それぞれ、以下のことを聞いています。面接で聞かれることを把握した上で自己PRカードを仕上げることが大切です!

ICU高校に入学したい理由

聞かれることは何かというと

  • 将来の目標と、そのために高校で成し遂げたいことはなんですか?
  • ICU高校についてよく知ったうえで、出願していますか?

ということです!自分の将来の夢と、それの実現のためにICUで何をしたいかを回答します。学校についてよく知っているのも大切です。在校生や説明会での先生のお話を参考にするのはもちろん、ICU SGHのホームページや、ICUの名物授業の内容を記した『キリガイ: ICU高校生のキリスト教概論名(迷)言集』を読むのもおすすめです。

海外生活を通して学んだこと

聞かれることは何かというと

  • 海外で何を経験しそれによってどのように成長しましたか?
  • 学んだことを、今後どのように活かしてゆくつもりですか?

ということです!すごいこと、他の誰もやっていないようなことを書く必要はありません。自分が感じた体験をできるだけ細かく、情景や気持ちが思い浮かぶように具体的に書くことで、個性が出て、印象に残る内容になります。どんな状況で、何を考えてどう行動し、その結果何を成し遂げたが(CARモデル)もお忘れなく。

諸活動の状況や実績について

聞かれることは何かというと

  • 成績表や推薦状に表れない課外活動や、中学でしてきた努力について教えてください。

ということです!スポーツやスピーチコンテスト、地域での社会貢献活動など、学校の成績表に表れない内容を盛り込みましょう