はじめにー三田国際学園中学について

三田国際学園中学校(以後、三田国際学園中学)は、生徒がアクティブに授業参加できるように、「貢献すること」を重視している学校です。

三田国際学園中学は帰国生も多く受け入れており、 インターナショナルクラスの英語力が高い生徒は、 社会、数学、理科などの授業を英語で勉強する選択肢があります。

偏差値が60-62である三田国際学園中学は、海外大学にいく生徒も多くなりそうです。

今回は英語に力を入れている三田国際学園中学

  1. インターナショナルクラス
  2. 大学進学実績
  3. 入試情報

についてまとめて紹介していきます!

三田国際学園中学のインターナショナルクラス

まずは、三田国際学園中学インターナショナルクラスからみていきましょう。

三田国際学園中学では、

  1. 本科クラス
  2. インターナショナルクラス
  3. メディカルサイエンステクノロジークラス

の3つのクラスがあります。

その中のインターナショナルクラスについて詳しくみていきます。 「インターナショナル」と聞くと、すでに英語ができる生徒のためのクラスだというイメージが湧きますが、三田国際のインターナショナルクラスでは、入学時の英語力は問われません。

しかし、インターナショナルクラス内で生徒の英語力をみて、3つのレベルにクラス分けされています。

  1. Standard
    英語の学習歴は問われず、英語の授業は日本語+英語で行われる。基本文法や4技能を身につける。他の授業はすべて日本語。
  2. Intermediate(英検準2~2級程度)
    アセスメントテスト結果により選抜される。英語の授業はネイティブ教員のAll Englishで行われ、総合的に英語力を向上する。他の授業はすべて日本語。
  3. Advanced
    帰国生などネイティブレベルの英語力のある生徒。入学試験またはアセスメントテスト結果により選抜される。英語の授業はネイティブ教員のAll Englishで行われ、ディスカッション、ディベート、プレゼンテーションなどで様々な面での能力を身につける。国語の授業では、帰国生対象の基礎レベルがある。社会、数学、理科の授業は英語か日本語どちらか選択可能

インターナショナルクラスのAdvancedでは、英語で授業を受けられ、毎日英語に触れられるような教育になります。

海外大学に受験したいからすべて英語にしたいと思っている方は、社会、数学、理科すべて英語を選択できますし、数学は日本語で学びたいと思う方は自由に選択できるのです!

生徒が自分の進路や好みを考慮して教科の使用言語を選べるのは珍しいですね!

また、ホームルームクラスでは、レベル関係なく混ざって編成されるため、様々な生徒と交流しながら学校生活を送れます。

高校でさらに進路に合わせたコース選択

インターナショナルクラスで入学した中学生は、高校生になると国際教養系の大学文系学部の大学を目指すインターナショナルコーススタンダードと、海外大学進学を目指すインターナショナルコースアドバンストから選択できます(他本科コースなども選択可能)。

インターナショナルコーススタンダードでは、大学入試に有利な

  1. 英検準1級
  2. TOEFL iBT 80点以上

の取得を目標とし、様々な対策をしてもらえます。

インターナショナルコースアドバンストを選択すると、英語・数学・理科・社会の授業はAll Englishで行われます。

その他、長期留学や短期留学などのコース別海外研修もあります!

詳しくは、こちらをチェックしてみてください!

三田国際学園中学の大学合格実績

三田国際学園中学2015年に共学化と改名がされて第1期生はまだ卒業していないため、進路結果が出ていません。

しかし、多くの外国人教員や、留学の体験をしたことのある教員がおり、様々な国の入試対応ができるようになっています。

TOEFLやSATなどの対策講座もあり、エッセイや面接のサポートもしてくれるため、 海外の大学進学実績も多く見られることが予想されます!

三田国際学園中学の入試情報

最後に、三田国際学園中学入試情報を確認しておきましょう。

帰国生には国際生入試があり、英語のみの筆記試験となっています。

国際生入試

資格:海外1年以上、帰国後3年以内

試験科目

試験科目英語(60分)
面接(10分)

*英語:Reasoning, Listening Comprehension, Reading Comprehension, Essay Writing

*日本語と英語の面接

英検とは全く異なる出題をしているため、英検でのレベルの目安は出されていません。そのため、説明会で配布されるサンプル問題を見てレベルの確認をしてください。

また、国際生入試に間に合わなかった場合などがあると思います。

そのために、三田国際学園中学では難易度と試験科目が全く同じ英語入試があります。

英語入試

試験科目

試験科目英語(60分)
面接(10分)

*帰国生でなくでも受験可能

三田国際学園中学のまとめ

三田国際学園中学はいかがでしたか?

三田国際学園中学は日本でも英語で様々な教科を学べる、とても魅力的な学校だと思います!

海外大学に興味のある方も、今後発表される大学進学実績が気になりますね! 日本語の基礎レベルなども設けており、帰国生にとって様々な対策をしています。