College Boradのオンラインスコアレポートは、スコア、素点、正答・誤答・無回答数、エッセイの成績通知を無料で確認することができます。試験結果をきちんと振り返って次の試験に活かすために、スコアレポートの見方と見るべき部分を紹介します。

試験結果はいつごろわかる?

SATは、受験から結果発表までに約2週間かかります。登録しているメールアドレスに結果発表通知のメールが届いたら、College Boardの公式サイトにアクセスして、結果を確認しましょう。

スコアレポートにはどんな情報があるの?

スコアレポート画面を開いたときに、まず目に入るのが「全体スコア」「English Scores」「Math Scores」が表示されている画面だと思います。

「View Details」をクリックして下にスクロールすると、各テストの正答率を10~40のスケールで表示した「Test scores」と、各テストの問題をカテゴリに分け、そのカテゴリ別の正答率を1-15のスケールで示した「Subscores」が現れます。

そして、各テストの「◯◯ Qustions」をクリックすると、各テストで間違えた問題番号のみ、確認できます。「間違えた問題がどんな問題だったのか」は、後述の「QAS (Question-and-Answer Service)」を申し込まない限り、確認できません。

問題も確認できる「QAS (Question-and-Answer Service)」

SATでは、試験問題の持ち出しは厳禁で、テスト終了後に自分が解いた問題で復習することができません。

しかし、テスト申込み時に「QAS (Question-and-Answer Service) 」(オプション:$18)を申し込んでいると、実際に間違えた問題を確認することができます。下記のように問題番号のリンクがつき、個別に問題をチェックすることができます。

実際の過去問を見ながら「どんな問題で間違いやすいのか」を分析することができるので、1回のテストを無駄にしないよう、ぜひ申込みましょう。

見るべきは「Subscores」

レポートにどんな情報があるか確認したところで、「どこを見るべきなのか」ですが、「Subscores」のレポートを見るべきでしょう。

「Subscores」では、各テストの問題を下記のカテゴリに分けて、苦手分野をわかりやすく表示してくれています。このスコアを見ることで、間違いやすい問題の傾向を認識することができます。

テスト求められる力
Reading TestCommand of Evidence
Words in Context
Writing and Language TestExpression of Ideas
Standard English Conventions
Math TestHeart of Algebra
Problem Solving and Data Analysis
Passport to Advanced Math

ただし、「Subscores」のレポートは「さっと確認する」のがベストです。

無料で見られるという意味ではありがたい機能なのですが、このカテゴリ分けは割と雑で、QASを申し込み「どんな問題でどう間違えたのか」をきちんと分析できない限り、あまり参考になりません…

ですから、自分が苦手な問題がどんな力を問われている問題なのかをざっくり認識するだけでいいです。

自分の苦手を明らかにするという意味では、見にくい公式のスコアレポートを時間をかけて分析するよりも、市販の教材を使って、今までの模擬試験の結果などを分析したほうが効率が良いでしょう。

市販されている教材では、掲載されている模擬試験の問題を、もっと詳細なカテゴリに分けてくれています。

個人的には、英文の解説が読めるのなら、McGraw-Hillの模擬試験集の、解説にある問題のカテゴリ分けが分かりやすくておすすめです。

自分の苦手が明らかになったら、今までの模擬試験のみだった対策のサイクルに、対策が必要な分野に対応した、集中的な問題演習をはさみましょう。詳しくはおすすめの教材についてまとめている記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

Subscoreは、ざっくりと自分のスコアを分析するには便利である一方、しっかり苦手分野の対策をするにはQASを申し込まなければあまり有効に使えないことがわかりましたね。

何回も受けられるとはいうものの、受験料も高く、できれば少ない受験回数で抑えたいSAT。できる限りのことを実践していきながら、ベストスコアを狙って、頑張りましょう!

SATのスコアレポートについて
  • スコアレポートがわかるのは約2週間後
  • 無料で見られるのは「スコア」「正誤数・無回答数」「間違えた問題番号」「間違いやすい問題のカテゴリ」のみ
  • 無料レポートで見るべき部分は「間違いやすい問題のカテゴリ」がわかる「Subscores」
  • 間違えた問題を確認できる「QAS (Question-and-Answer Service)」を申し込もう